• Tue. Jan 25th, 2022

オンナ万引きGメン日誌

  • Home
  • 万引きGメンを負傷させた我が娘! 土下座する父親に店長が「ポリ袋の大量使用」チクリ

万引きGメンを負傷させた我が娘! 土下座する父親に店長が「ポリ袋の大量使用」チクリ

 こんにちは、保安員の澄江です。  一度は収まりかけた新型コロナウイルスの蔓延も、オミクロン株の猛威により台無しとされ、またしても日常生活に大きな影響が出てきました。仕事量の減少はもちろん、数多くの物品が値上がりしており、この先の生活に大きな不安を覚えています。  まもなく落ち着くと言い聞かせて、自分を奮い立たせておりますが、今年で私も68歳。仕事に対する熱意はあるものの、もはや風前の灯火となって、近頃は現場に立つことが億劫になってきました。それに加えて、近頃の万引きは悪質かつ凶悪化しており、声かけ...

福袋に盗品詰め込んだ万引き老女、「お正月だから妹とおいしいものを食べたくて」警察官も呆れ

 こんにちは、保安員の澄江です。  昨今、メインの仕事場であるスーパーマーケットが年末年始に休業するようになったため、今年の年始は巨大ディスカウントストアにおける勤務から始まりました。生鮮食品やお弁当、酒にコスメドラッグ、カー用品や洋服などまで扱う広いお店で、日が合えば一日に数件の摘発がある現場です。  こうした店の多くは、比較的地価の安い、交通の便が悪いところにあるのが特徴で、私のような低所得者層が主たる客といえるでしょう。その客層は悪く、多くの常習者を抱えているため、年末年始の繁忙期には、多くの...

万引き犯と勘違いし誤認補足! 「人を泥棒扱いして!!」激怒する客に店長がとった行動とは

 こんにちは、保安員の澄江です。  12月11日の夜、名古屋市南区にある大型ディスカウントストアの店頭にて、万引きを疑われたと主張する会社員の男(37)が自動ドアなど店内設備を破壊して逮捕されました。犯行時の動画を見ると、店頭の自動ドアを蹴り飛ばし、工具のようなものやのぼり旗の棒を振り回してガラスを割っているところが確認できます。10人ほどの警察官に取り囲まれても臆せずに長尺の棒を振り回して威嚇するなど、取り押さえられるまでのあいだ執拗に暴れており、その狂乱ぶりに呆れた人も多いでしょう。目撃者のイン...

ベテラン万引きGメンが負傷! 人気芸人似の凶悪犯と命がけの対決【歳末警戒SP】

 こんにちは、保安員の澄江です。  先日、東京都八王子市中野町のスーパーマーケット「スーパーアルプス甲の原店」で、50代の保安員が、声をかけた万引き犯に果物ナイフのようなもので胸を刺されるという衝撃的な事件が発生しました。  刺された保安員は、凶器となったナイフを胸に刺したまま搬送されたそうで、一命をとりとめたものの重傷を負っています。犯人は、精神疾患歴のある50代の男性。居合わせた通行人に取り押さえられたあと、駆けつけた警察官たちに羽交い絞めにされる形で身柄を確保されました。  直接の逮捕容疑は殺...

逃走万引き犯が捕まった! 「しっかり思い出して」検察庁でGメンが体験したイヤ~な話

 こんにちは、保安員の澄江です。  ここのところ、人手不足とコストカットによる人員削減の両立を図るため、接客支援や自動精算、認証装置などさまざまな機器が開発されています。新しいシステムが導入されると、それを突破して盗み出すことに喜びを得るようなタイプの挑戦者的万引き常習者が必ず現れることも不思議で、その盲点を突くような犯行を目にする機会も増えてきました。ゲーム感覚なのか、楽しそうに犯行を繰り返す被疑者が多く、その人間性を疑うばかりです。  先日、会員登録された客が使用できる自動精算機能付きの買い物カ...

「子どももいるのでお願いです。助けてください!」示談金を押しつける万引き主婦の恐るべき執念

 こんにちは、保安員の澄江です。  ようやくに緊急事態宣言が解除され、段々と街に活気が戻ってきました。私たちの現場である商店においても、明らかに客足が伸びており、あたり前だった日常を取り戻せる気配を感じています。油断ならない状況は続いていますが、マスク着用やアルコール消毒など、わずらわしいことをする必要のない日々が一日も早く訪れることを願ってやみません。  緊急事態宣言下における自粛生活の影響によって、生活環境が崩壊してしまった方々も多数おられるようで、失業され生活苦に陥られた人による万引きは絶えず...

最先端AIの目は万引き犯を見つけられるのか? ベテランGメンとの対決の結果はいかに――

 こんにちは、保安員の澄江です。  昨今、どこのお店に入っても万引き被害が増えたと実感しておられるようで、いかに防止するかということに頭を悩ませています。捕まえることのリスクを鑑みて、見て見ぬふりをする商店も散見され、もはや泥棒天国といっても過言ではない状況にある店もあるほどです。そうした状況に目をつけた防犯機器会社の一部は、AIによる不審者検知システムなどを激しく売り込み、多くのお店でモニター設置をするなど販路拡大に努めておられます。今回は、動作認証機器をモニター使用している最中の現場で過ごした一...

「お父さん、助けて!」顔認証システムで捕まった万引き老女を警察が逮捕しない理由とは?

 こんにちは、保安員の澄江です。  先日、JR東日本が顔認証カメラに刑務所から出た出所者と仮釈放者の一部を情報登録して、駅構内などで検知する防犯対策を講じていることが明らかになりました。必要に応じて職務質問や所持品検査を行うとしており、刑期を終えて出所したにもかかわらず、出所者の行動を監視、制限をするような状況に批判の声が出ています。報道によると、検知の対象は、過去にJR東日本の駅構内などで重大事件を起こして服役した者や指名手配中の容疑者のほか、駅構内を徘徊するなどの行動不審者とのこと。主要な駅や変...

野球カード欲しさに万引きを繰り返した児童……やるせない犯行動機とは?

 こんにちは、保安員の澄江です。  先日、今年8月に福岡市西区のコンビニエンスストアで菓子を万引きしたとして、福岡県臨時職員の女(46歳)が逮捕されました。被害品は、フィナンシェ1点、計160円。棚卸をしていた店主が、在庫数の不一致に気付いて防犯カメラの映像を確認したところ、女による犯行の様子が記録されており所轄警察署に相談。その結果、被疑者の特定に至り、後日に逮捕された事件です。  逮捕された被疑者は、公務員であるためか実名報道となり、県のホームページに謝罪文が掲載される事態にまでなりました。デジ...

「離せよ、このくそばばあ!」悪質な転売万引き犯「クロキン」の抵抗に女店長が取った勇敢な行動

 こんにちは、保安員の澄江です。  先日、日本全国を万引き行脚していた36歳の男が、広島県福山市の文具店で電卓や電子辞書など計14点、合計11万円相当の商品を盗んだとして広島県警に逮捕されました。その後、安芸区のカー用品店にて、およそ12万円分の商品を盗んだ容疑で再逮捕されています。報道によれば、万引きをしながら全国を渡り歩き、昨年だけでも1,000万円以上の不当利得を得ていたそうです。盗んだ商品のほとんどは、フリマアプリで売却しており、いまどきの万引き商人の実態が明らかとなりました。県内だけでも、...