• Sat. Feb 4th, 2023

ダイアン

  • Home
  • ダイアン津田、あの大物女性歌手が親戚だった!「品格みたいなのが全然違う」

ダイアン津田、あの大物女性歌手が親戚だった!「品格みたいなのが全然違う」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から興味深かったエピソードを紹介する連載の第97回目。今回は2023年1月26日放送のニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』の中で清水ミチコさんとナイツのお二人がダイアン津田さんについて話していた部分です。  「ダイアン津田さんの親戚の人で、すごい人が見つかったの、知っている? その大物の方は『連… 続きを読む ...

『お笑いの日』MVPはダイアン津田&ランジャタイ 「ゴイゴイスー」への姿勢に感動

 10月8日、ダウンタウンが総合司会を務めるTBS系特番『お笑いの日2022』が放送された。  午後2時から午後9時54分までの約8時間におよぶ生放送を締めくくったのは、『キングオブコント2022』。ビスケットブラザーズが史上最高点を獲得し、見事優勝を果たした。  ただ、その一方で『お笑いの日』全体のMVPと称される芸人がいる。  ダイアン・津田… 続きを読む ...

ダイアンとオードリー、似た者同士の“よそよそしいコラボ”はお笑いコア層に刺さるか?

オードリーとダイアンは似ている  9月14日放送『あちこちオードリー』(テレビ東京系)にゲスト出演したのは、ダイアン。オードリーとダイアンは、意外に共通項の多い2組だ。コンビ結成は共に2000年4月だし、共にコンビ名が欧米の女性のファーストネームである。 続きを読む

ダイアン津田VSとろサー久保田も…「芸人仲直り企画」ブームとおぼんこぼんの奇跡

 6月28日と7月5日の2週にまたがって『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が放送したのは、「ダイアン津田・とろサーモン久保田のマジ喧嘩を仲裁」なる企画であった。 5日(火)の 続きを読む

『ロンハー』とろサーモン久保田&ダイアン津田だけじゃない!芸人“共演NG”事件簿

 何かと話題になることが多い芸能人同士の“共演NG”。同年代のライバル関係にある俳優や、過去に交際していたカップルなどいったパターンが多く、大半は異なる芸能事務所に所属しているタレントの同士。しかし、同じ事務所内での共演NGというパターンもある。特にタレントが数千人規模で所属している吉本興業の場合、所属芸人同士の共演NGも少なくないのだ。  代表的な例で言えば、とろサーモンの久… 続きを読む ...

『絶対取材しない店』ガチギレする店の人と粘るダイアンに真の緊張と緩和を見た!

 4月7日深夜よりスタートした『ダイアンの絶対取材しない店』(テレビ東京系)は、ダイアンにとって民放キー局での初の冠番組である。商店街にたたずむさびれた寝具店、花屋、クリーニング店等の“これまで取材されたことのない店”1店舗を、番組1回分の全尺(30分)を使い、深掘りしていく「ニッチポイント深掘りバラエティ」だ。テイストとしては、『寺門ジモンの取材拒否の店』(フジテレビ系)と『モヤモヤさまぁ… 続きを読む ...

ダイアンが『絶対取材しない店』で見せたプロ魂 緊張感MAXの“神回”が出た!

タレントが街をめぐるロケ番組では、一般人を強めにイジる場面をしばしば見かけるが、あれでキレてしまうことはないのか──?  ユースケと津田篤宏からなるお笑いコンビ・ダイアンの新え番組『ダイアンの絶対取材しない店』(テレビ東京系)で町の洋品店を尋ねたダイアンの2人が“強敵”に遭遇。その一部始終が放送された。  この4月にスタートした『ダイアンの絶対取材しない店』は、… 続きを読む ...

ダイアンの凄さに芸人も驚愕! ちょっとしたハプニングを笑いに変える魔法の理由

「おもしろいものを作る」を目標に日々切磋琢磨している若手芸人。当然彼らが同業者のYouTubeを見るとき、その目線は厳しくなる。そんな芸人間で流行る動画は、掛け値なしにおもしろいと言っていい。この企画は現役の芸人をゲストに呼び、「芸人が一番笑ったYouTube動画」を紹介してもらう対談企画である。  今回のプレゼンターは、芸歴11年目ビッグボンバーズの平田寛弥さん。 続きを読む

ダイアン、いよいよ本格ブレイクの兆し? NMB48渋谷凪咲とセットで「お笑いの完全体」になれるか

 大阪のバラエティー番組で人気者になった後、“ポスト千鳥”としての期待を受けて、2018年4月から東京に拠点を移したお笑いコンビ・ダイアン。東京でも数々のテレビ番組に出演するものの、なかなか大ブレイクには至らず、気がついたら後輩のかまいたちに追い抜かれている状態だ。くすぶり続けていたダイアンだが、ここにきていよいよ本格ブレイクの兆しが見えてきているという。 「ちょっと前までは、… 続きを読む ...

ダイアン津田「この水飲めますよー!」 “上に弱くて下に強い”個性は唯一無二のかわいげ

 長らく、お笑い界では力量が凸凹の2人で組むコンビが多かった。だからこそ「じゃないほう芸人」という言葉が生まれたのだし、「うなずきトリオ」(ビートきよし、島田洋八、松本竜介)はそのルーツ的存在だ。  一方、力量が50:50の2人組といえば? パッと思い浮かぶのはとんねるず、ダウンタウン、さまぁ~ずなどだ。ある時期まで、こういうコンビはなかなかにレアだった。  ただ… 続きを読む ...