• Sun. Dec 5th, 2021

ボクらの時代

  • Home
  • 『ボクらの時代』稲川淳二の「怪談」の意外なルーツ 「小学1年の頃は女に不自由しなかった」

『ボクらの時代』稲川淳二の「怪談」の意外なルーツ 「小学1年の頃は女に不自由しなかった」

 8月15日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に稲川淳二、テリー伊藤、笑福亭鶴光の3人が出演した。  稲川といえば「怪談家」として知られるが、元々はお笑いタレントで、リアクション芸がウリのひとつだった。稲川と鶴光はかつて、演出家・テレビディレクターであるテリーが手がけたテレビ番組で「えらい目に遭わされた」という関係性なのだ。  30年以上の付き合いという3人の… 続きを読む ...

『ボクらの時代』 株で稼ぎ、7カ国語を習得した「ちょっとすごい」男・矢部太郎

 8月8日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演したのはカラテカ・矢部太郎、キャイ~ン・天野ひろゆき、ビビる大木の3人。天野率いる「天野会」のメンバーが集まった形だが、『大家さんと僕』(新潮社)で第25回手塚治虫文化賞の短編賞に輝いた矢部が、公私ともに親交のある先輩芸人ふたりとの鼎談を希望した、という構図だ。  天野が現在の所属事務所である浅井企画に入った際、あまりに簡単… 続きを読む ...

三浦春馬さんの“不在”を痛感する『ボクらの時代』 「人柄としても俳優としても尊敬のできる人」

 8月1日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、有村架純、柳楽優弥、國村隼の3人が出演した。昨年、NHK総合などで放送されたテレビドラマであり、まもなく映画版が公開となる『太陽の子』での共演者だ。  映画『ブラック・レイン』(1989年)でリドリー・スコット監督から、映像の仕事は「画角に収まるパフォーマンス」を意識する必要があることを学んだという國村。LAの演劇学校に短期留… 続きを読む ...

『ボクらの時代』中村雅俊と小日向文世、45年前の“大スターと付き人”の関係性

 25日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演したのは中村雅俊、田山涼成、小日向文世の3人。ベテラン俳優たちの集いだが、その付き合いも長く、小日向は20代の頃に中村の付き人を経験しており、中村と田山は劇団「文学座」の先輩・後輩にあたる。  中村が「小日向」と呼び、小日向は「中村さん」と呼ぶところにふたりの関係性がうかがえるが、しかし「付き人っていう感覚よりは、ちょっとした… 続きを読む ...

さかなクンの“トーク力”に驚かされる『ボクらの時代』 「飽きっぽいから成長できる」子どもの教育論

 18日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)は、珍しい組み合わせ。日本人として初めて「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙を2度飾ったことでも知られる動物写真家・岩合光昭(いわごう・みつあき)、落語家の立川志の輔、そしてタレントで東京海洋大学名誉博士・客員准教授のさかなクンが顔を合わせた。  それぞれ異なるフィールドで活躍する3人だが、ライフワークとして長年ネコを撮影している… 続きを読む ...

『ボクらの時代』兄弟でも難しい!? 芸人コンビの「ネタ書いてる・書いてない」問題

 11日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)は、千原兄弟、中川家、ミキという3組による兄弟コンビ企画の後編。弟グループが集まった前週の前編に続いて、今回は千原せいじ、剛、昴生の兄グループによるトークが繰り広げられた。  前編では兄弟ならではの関係性にスポットが当たっていたが、後編では冒頭から「大人になってから、兄貴や弟や言うて何かあるん?」と趣旨を台無しにするような… 続きを読む ...

『ボクらの時代』千原兄弟、中川家、ミキの「弟たち」が語る“兄のすごいところ”と兄弟間パワーバランス

 4日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)はちょっと珍しい趣向。千原兄弟、中川家、ミキという3組の兄弟コンビを、兄グループと弟グループにわけて鼎談させる前後編構成で、前編となる今回は千原ジュニア、礼二、亜生の弟グループが語り合った。  まず語られたのは、兄弟間の力関係について。千原兄弟と中川家は、「漫才コンビ」という意識が強いのか、弟たちは兄のことを公の場では「お前」や下の名… 続きを読む ...

孤独の中で制作をする常田大希と、そこに寄り添う綾野剛──『ボクらの時代』未公開トーク

 27日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)は未公開スペシャル後編。今回は、中村倫也、窪塚洋介、堤幸彦の2月14日放送回、ずんと阿佐ヶ谷姉妹の昨年12月13日放送回、バイきんぐ・西村瑞樹、ヒロシ、うしろシティ・阿諏訪泰義の昨年11月15日放送回、そして藤井道人、綾野剛、常田大希の1月31日放送回が選ばれた。  この中で、映画『ヤクザと家族 The Family』の監督、主演俳… 続きを読む ...

ONE OK ROCKが海外進出を通して発見した“ワンオクらしさ”──Taka「ばりばりジャパニーズ出せばいい」

 20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)は未公開スペシャルの第一弾。鈴木敏夫プロデューサー、あいみょん、吉岡秀隆の4月25日放送回、佐藤健、ONE OK ROCKのTaka、大友啓史監督の5月30日放送回、そして中村獅童、菅田将暉、SEKAI NO OWARIのFukaseの6月6日放送回から未公開シーンが届けられた。  この中で特にボリュームが多かったのが、大ヒット映画… 続きを読む ...