メディア

芸能他

立てこもり事件、警察の配置丸見えのテレビ中継に批判…報道ヘリの爆音で「防災無線聞こえない」との苦情も

 埼玉県蕨市の郵便局に拳銃を持った男が立てこもった事件に関して、メディアによる“報道被害”が起きていたとして批判が集まっている。  10月31日の午後1時すぎ、埼玉県の戸田中央総合病院内で発砲があり、医師と患者の2人が負傷。発砲したとみられる80代の男はバイクに乗って移動し、午後2時すぎから蕨郵便局に立てこもった。女性職人2名が人質になっているとの情報が伝えられ、テレビ局など大… 続きを読む ...
芸能他

「SMILE-UP.」東山紀之社長が新会社社長を辞退…を報じるマスコミに告ぐ

過去を清算しつつ、未来に向けた改革を進めるジャニーズ。批判の矢面に立ちながらも、その重責を担い、新生ジャニーズを牽引する覚悟を見せていた東山紀之氏が、新会社の社長就任を辞退するという一報が入ってきた。表向きは、… 続きを読む ...
芸能他

【総括】ジャニーズ叩きを延々と擦り続けたメディア…もはやいちゃもんの領域

まだまだ続く、マスメディアによるジャニーズ叩き。性加害という根本の問題をよそに、ジャニーズに関わるネガティブネタに食いつき、豊かな想像力を働かせて、難癖をつけまくる。それに傷つく人々たちがいることは、あえて想… 続きを読む ...
芸能他

ジャニーズ問題を過熱させ、新体制の再出発を妨げるマスメディアの過ち

過熱するジャニーズバッシングに違和感を抱く人々が増え続けている。もちろん、罪と向き合い、償うことは絶対に避けられない。しかしまだ、ことは始まったばかりだ。十分でないこともあるだろ。そんな中で、過去を省み、出直そうとしている人々の足元をすくおうとすることにどれだけの意味があるのか? ――そう思わざるをえない昨今のマスメディアの暴走ぶりに異を唱え続ける作家・沖田臥竜氏による最新寄… 続きを読む ...
芸能他

ジャニーズ報道に見る「地上波テレビは衰退する」納得の理由

昨今の、テレビや新聞社などのマスメディアによる、的はずれなジャニーズ報道、ジャニーズバッシングに対して、大きな違和感を抱いている人は少なくないだろう。そうした空気の中で、先日、当サイトが発信した… 続きを読む ...
芸能他

ジャニーズの崩壊を嘲笑するかのようなジャーナリズムという傲慢

サイゾー激推しのドラマ『インフォーマ』(Netflixで全世界配信中)の原作監修者である作家の沖田臥竜氏は、10月2日に行われたジャニーズ事務所の会見を見て、面識のある記者の言動に強い違和感を感じたという。その… 続きを読む ...
芸能他

ジャニーズ事務所によるメディア支配の内実「タレントを引き上げる」恐怖の一声

 9月7日、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子前社長と新社長の座についた東山紀之、ジャニーズアイランド社長の井ノ原快彦がそろって会見を開き、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題について認め、謝罪した。

 300人以上集まったとされるメディアの記者たちから矢継ぎ早に質問が飛び交い、4時間を超したこの会見の様子や今後の動向についてなどが連日、あちこちでニュースになっている。

続きを読む
芸能他

ジャニーズ会見でも“暴走”…望月衣塑子記者が会見に出席し続けられる理由

 今月7日、ジャニーズ事務所創設者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題に関し、同事務所が都内で記者会見を都内で行い、新社長に就任した東山紀之らが記者からの質問を受け、多くのメディアで報じられた。  その質問の中で注目を集めたのが、東京新聞の記者で、YouTubeのニュースチャンネル『Arc Times』ではキャスターを務める望月衣塑子氏だ。  同会見では序盤から、… 続きを読む ...
芸能他

カップヌードルを『チャルメラ』がパクリ? CMが似通うのにはわけが…

 日清食品は、カップヌードルのCM「夏は食っとけシーフード 篇」のオンエアを開始。 「カプヌうまいのに売れてない、シーフードだけでも食べて欲しい」という自虐的な歌詞のアニメーションがどこか癖になる本CMは、ボカロPであるゆこぴの曲「強風オールバック」とのコラボレーションによるもの。  本家の「強風オールバック」はYouTubeにて公開半年で、5000万超の再生回数… 続きを読む ...