• Thu. Jan 20th, 2022

レコード大賞

  • Home
  • レコ大受賞Da-iCEに「知らない」という声が上がる日本の音楽業界の構造的問題

レコ大受賞Da-iCEに「知らない」という声が上がる日本の音楽業界の構造的問題

 2021年の「第63回日本レコード大賞」が12月30日、TBS系の中継番組『輝く!日本レコード大賞』の中で発表され、5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEの「CITRUS」が大賞を受賞した。 「元々は2021年10月期の日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』の主題歌ですが、昨年じわじわとヒット。9月までにストリーミングサービスにおける再生回数が累計1億回に達し、日本人男性ダ… 続きを読む ...

『レコ大』Da-iCEが大賞!“ソニーのため”からエイベックスとの蜜月に回帰?

 毎年恒例の『第63回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の授賞式が昨年12月30日に行われ、Da-iCEの『CITRUS』がレコード大賞を受賞した。  本命不在と言われていた今年のレコード大賞。最終的に大賞を獲得したのは、ほぼノーマークのDa-iCEだった。 「YOASOBI、優里、Adoといったところがノミネートされていなかったこともあり、今年のレコ大ではわ… 続きを読む ...

乃木坂46の『レコ大』受賞曲が波紋 グループの未来図は「遠藤さくら体制」?

  乃木坂46初のベストアルバム『Time files』の発売(12月15日)に先がけて、ミートアンドグリート(握手会の代わりとなるイベント)の募集がスタート。すでに第4次募集まで行われている。 「一番早くに募集枠が完売したのが、2次募集で完売の山下美月、与田祐希、賀喜遥香でした。賀喜は最新シングル『君に叱られた』で初センターを務め、人気をさらに伸ばしている印象があります。4期… 続きを読む ...

氷川きよしを推す声続出! 今年の『レコ大』“本命不在”とスタッフの本音

 12月30日にTBS系で放送される『第63回 輝く!日本レコード大賞』。今年は“本命不在”の大混戦となっているが、現場スタッフからは、氷川きよしの大賞受賞を願う声が続出しているという。  今年、大賞候補となる優秀作品賞を受賞したのは、LiSA『炎』、純烈『君がそばにいるから』、乃木坂46『ごめんねFingers crossed』、NiziU『Take a picture』、氷… 続きを読む ...

『紅白』『レコ大』に影響を与えるか? ソニー・ミュージックの“ある役員”の人事

 音楽業界の例年の習わしに従えば、来週にも大みそか放送の『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、近く『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の各賞の一部も明かされる。  今年は目立ったヒット曲、流行歌が少なく、『紅白』『レコ大』とも出場歌手や楽曲の選考には苦労しそうな気配だが、それとは別に音楽業界の暮れの2大祭典に影響を及ぼそうな大手レコード会社の人事が発表されて業界内で話題を… 続きを読む ...

優里が本命か…「ソニー6連覇」で決まりそうな『日本レコード大賞』の舞台裏

 毎年、12月30日に大賞受賞者がTBSの生中継番組で発表される『輝く!日本レコード大賞』。表向きには作曲家や芸能記者ら、選ばれた審査員達が“厳正な審査”で大賞受賞者を選んでいることになっているが、大賞当日までに、すでに受賞者が決定しているのは周知の事実だ。 「サイゾーさんなんかも昔から指摘していましたが、『週刊文春』(文藝春秋)などで報じられているように、実態はただのデキレー… 続きを読む ...