• Sun. Apr 2nd, 2023

佐野玲於

  • Home
  • 激闘の末のフィナーレ!『インフォーマ』ここに堂々完結! そして…

激闘の末のフィナーレ!『インフォーマ』ここに堂々完結! そして…

先週、一足早く、ドラマ『インフォーマ』の最終回が放送されたNetflix。それを受け、同サイトの視聴数ランキングのトップを狙うと、当コラムで打ち明けていた同作原作者の沖田臥竜氏。果たして、その結果は?  そして、ついにカンテレでも今夜、最終回を迎える。だが、これは次なるステップの第一歩に過ぎないのかもしれない――。沖田氏による『インフォーマ』を味わうための恒例エッセイ、初公開… 続きを読む ...

『インフォーマ』に登場した尼崎のパワースポット

Netflxでは、今夜いよいよ最終回が配信されるドラマ『インフォーマ』。オールロケで撮影された同作には、さまざまな印象的な場所が登場するが、第一話で登場した尼崎にある「あの場所」は知る人ぞ知るパワースポットであり、ドラマ登場をきっかけに「聖地巡礼」として訪れるファンも増えているという――尼崎出身の『インフォーマ』原作者、沖田臥竜氏による、同作を味わうための恒例エッセイ。今回は… 続きを読む ...

『インフォーマ』というひとつのプロジェクトと“熱い夏”

今週、先行配信のNetflixではいよいよ最終回を迎えるドラマ『インフォーマ』。前回第9話(カンテレでは今週放送!)では木原と冴木の過去が浮き彫りになり、さらなる衝撃的な展開が……クライマックスに向け、ボルテージは高まる一方だが、それは撮影がスタートした昨年夏、いやそれ以前から続いてきた「ひとつのプロジェクト」の終焉が近づいていることも意味していた――原作者・沖田臥竜氏による… 続きを読む ...

『インフォーマ』で歴史を変えにきた強者たち

さまざまな人物の個性や人生が交差していくドラマ『インフォーマ』も最終回に向け、熱量が上がり続けていく。特に主人公・木原と敵役・冴木の関係性がどのようにヒートアップし、どのように収斂していくのかは今後の注目ポイントだろう。最後まで息は抜けない。 そんな『インフォーマ』が生まれるきっかけになった空間があるという。原作者で監修・沖田臥… 続きを読む ...

『インフォーマ』対談・沖田臥竜×佐野玲於…最高の相棒「ポンコツ2号」が見せた存在感

当サイト激オシのドラマ『インフォーマ』(関西テレビ)もいよいよ終盤戦に突入する。迫力あるバイオレンス描写や謎が謎を呼ぶミステ… 続きを読む

『インフォーマ』対談・沖田臥竜×桐谷健太…木原慶次郎というダークヒーローを生んだ男たち

当サイト激オシのドラマ『インフォーマ』(関西テレビ)もいよいよ折返しに入り、物語はさらにヒートアップ。桐谷健太さん演じる木原と、森田剛さん演じる冴木の対立が激化し、解き明かされていく謎がある一方、さらに闇が拡大していくノワールな展開は健在。回を重ねるごとに「地上波ドラマの枠を超えている!」との声が高まる中、『インフォーマ』の原作・監修を務めた小説家の沖田臥竜さんと、主演の桐谷… 続きを読む ...

『インフォーマ』新時代の幕開け、そして桐谷健太「覚醒」のとき

Netflixでの人気作品ランキングでは、いよいよTOP5入りした『インフォーマ』。こうした反響が起きる未来をイメージしながら、苦しいときも作品づくりに… 続きを読む

ドラマ『インフォーマ』NetflixにてTOP10入り…その先に見据えるものは?

カンテレでの地上波放送に先立ち、Netflixで先行配信されるというスタイルのドラマ『インフォーマ』。その人気もNetflixが先行しているのか、さまざまな話題作を押しのけ、同サービスの人気作品ランキングのTOP10入りを果たした。ドラマをヒットさせ、原作小説の売上にもブーストをかけたいと考えている著者・沖田臥竜氏にとって、今回のトピックはどのように響いたのか。ドラマ放送と並… 続きを読む ...

『インフォーマ』という「仕事場」が出来上がるまでの20数年

地上波ドラマのスケールを越えていると視聴者を唸らせ続けている『インフォーマ』もまもなく中盤戦に突入。小説、ドラマ、コミック、さらにNetflixによる世界配信と、今後も話題に事欠かず、さらに多くの人がこの作品にかかわっていくことになる。まさに『インフォーマ』が、そんな人々にとってのひとつの「仕事場」となり、新たな価値を創出していくのだ。続きを読む

『インフォーマ』『ムショぼけ』と沖田臥竜が尼崎を舞台に物語を作る意味

  ドラマ『インフォーマ』の第1話で、佐野玲於演じる三島寛治が呼び出された商店街。さびれたアーケードに囲まれた昭和の匂いが強く残る、ある意味“エモい”空間として、視聴者の間でも話題になった場所だ。そこは昨今、ドラマのロケ地として注目度が上がっている「三和市場」。『インフォーマ』の原作者、沖田臥竜氏の出身地・尼崎にあるが、沖田氏が前作『ムショぼけ』に続き… 続きを読む ...