• Mon. Nov 29th, 2021

四千頭身

  • Home
  • 四千頭身・後藤、口数少ない=余計なこと言わない!?『モニタリング』で見せたブーム芸人から抜け出す進化の兆しとは

四千頭身・後藤、口数少ない=余計なこと言わない!?『モニタリング』で見せたブーム芸人から抜け出す進化の兆しとは

「お笑い第7世代」  一時のブームに比べたら、この単語をテレビで聞くことも少なくなったように感じる。しかし勘違いしないで欲しいのは、聞かなくなった=飽きられた、というわけではない。第7世代の看板を背負っていた芸人が認知され、日常に溶け込み、看板無くとも様々な場面で活躍している。  当時同等に並べられていた若手芸人たちだが、ある程度時間が経つと当然その活躍に差が現れ… 続きを読む ...

陣内智則『ダウンタウンDX』で若手のトーク中に見せた珍しい表情ほか今週のバラエティベスト3

 この日刊サイゾーさんにコラムを掲載するようになって1年。月に2~3本、元芸人目線でたくさんのお笑い芸人やバラエティ番組を分析してきた。  今回からは少し内容を変更し、僕のコラムの特徴でもあるとことん深掘りするスタイルでなく、もっとライトにいくつかの(バラエティ)番組をピックアップして、見どころを伝えていくスタイルも加えていこうかと思う。  もちろんお笑い事件簿や… 続きを読む ...

ブームは過ぎ去っても…「第7世代」がお笑い界にもらたらしたポジティブな効用

 2019年ころから“ブーム”になったとされていた「お笑い第7世代」。しかし、いつしか“第7世代”という言葉を聞く機会も減ってきている。 「1年前くらいまでは“第7世代”という言葉を冠にした番組や企画も多かったんですが、いまはほとんどないですね。現状では第7世代の“ブーム”は収束したと言っていいでしょう」(バラエティー番組関係者)  とはいえ、“第7世代”と称され… 続きを読む ...