• Thu. Oct 28th, 2021

地方創生

  • Home
  • 高知県南国市が人気メーカー海洋堂を誘致! “宇宙船”は、シャッター商店街を救う“箱舟”となるか?

高知県南国市が人気メーカー海洋堂を誘致! “宇宙船”は、シャッター商店街を救う“箱舟”となるか?

 2020年から21年にかけて、フィギュアやプラモデルのいわゆる「ホビー」で、地方創生を打ち出した自治体が現れた。フィギュアのメーカーである海洋堂を誘致した高知県南国市と、プラモデル出荷量日本一の静岡県静岡市である。  これらのジャンルは近年、オタクの趣味の代名詞でもあったといえよう。そんなオタク文化での町おこしといえば、アニメ作品の聖地巡礼がもはや定番化している。今回の“ホビ… 続きを読む ...

庄村聡泰、イカのモニュメント”で揺れる能登町の新名物を実食! 「文脈としては成立している、が…」

 5月6日付の米ニューヨーク・タイムズのネット記事で「町民の一部は臨時交付金のより良い使い道がなかったのか、疑問視している」とまで書かれた挙げ句、追随するように国内のワイドショーでも散々に批判された石川県能登町に設置された”イカのモニュメント”。  その火付け役となった北陸中日新聞の記者が、プレジデントオンラインに寄せた記事には「コロナ対策の臨時交付金でなぜイカの像に3000万… 続きを読む ...