• Sun. Oct 17th, 2021

大相撲

  • Home
  • 白鵬の引退で 入門時体重62キロだった“奇跡”の横綱ロードに注目―初土俵で負け越し号泣…

白鵬の引退で 入門時体重62キロだった“奇跡”の横綱ロードに注目―初土俵で負け越し号泣…

 大相撲の第69代横綱・白鵬が秋場所後に引退を発表。優勝45回、通算1187勝という前人未到の大記録は、まさに「大横綱」と呼ぶにふさわしい成績だろう。  引退後は年寄「間垣」襲名。しかし、これまでの言動が問題視され、日本相撲協会の規則を守るなどの誓約書にサインするという異例の条件が付いたことも、白鵬の存在感を際立たせることとなった。 「強すぎた横綱」として、相撲フ… 続きを読む ...

“ヒール役”貫き通した白鵬が引退 いよいよ懸念される本格的な相撲離れ

 新横綱の照ノ富士が優勝を決めた翌朝に届いたのは、名横綱引退の報だった。歴代最多となる45回の優勝を飾るも、ここ数年はケガ続きだった白鵬がついに引退を決意した。ヒール役だった白鵬の引退を喜ぶ声も一部であるが、相撲界に待っているのは“お先真っ暗”の未来だ。  照ノ富士の昇進で1人横綱が解消され、まずは一安心だった相撲界。だが、番付の東西に横綱が並ぶ状態はわずか1場所で終わった。白… 続きを読む ...

全勝優勝でも白鵬に苦言 辛口解説の元横綱・北の富士に捧げる「どの口が言う?」

 ずっと休んでいたのは事実だが、復帰して即優勝でも批判の矢が止まないとは……。  大相撲七月場所で横綱・白鵬が45回目の優勝を飾ったが、これを快く思わない相撲関係者は少なくないようだ。批判の急先鋒は元横綱・北の富士。NHK相撲中継の解説でおなじみの北の富士だが、彼自身が現役時代、“超”が付く問題児だった。  6場所連続で休場した白鵬には引退の可能性もあったが、結果… 続きを読む ...

貴闘力、スポーツ新聞と相撲業界の癒着を暴露! 元警察官で暴力とも関係深い人物の存在も

 今月11日、スポーツニッポン新聞社は、日本相撲協会が新型コロナウイルス感染対策として協会員の外出を原則禁止していた期間中、大関・朝乃山と接待を伴う飲食店に通っていた東京本社編集局元記者(東京本社付)について、10日付で諭旨解雇処分としたと発表した。  同社によると、第三者の弁護士を中心とした調査を実施。それによると、元記者は事実隠蔽のために朝乃山に口裏合わせを提案し、協会によ… 続きを読む ...