• Thu. Oct 28th, 2021

宮下かな子

  • Home
  • 宮下かな子、ドラマ『最愛』では“カッコいい女性”吉高由里子にドキドキしながら…【インタビュー】

宮下かな子、ドラマ『最愛』では“カッコいい女性”吉高由里子にドキドキしながら…【インタビュー】

 今秋からスタートするTBS系金曜ドラマ『最愛』。殺人事件の重要参考人となった女性実業家を中心に巻き起こる完全オリジナルのサスペンスラブストーリーで、脚本を手がけるのは、2017年放送のドラマ『リバース』(同)でタッグを組んだ奥寺佐渡子と清水友佳子。キャストには主人公を演じる吉高由里子をはじめ、松下洸平、田中みな実、光石研、及川光博、井浦新、そして特別出演に薬師丸ひろ子を迎え、豪華なラインナ… 続きを読む ...

山田洋次監督『息子』を観て感じた、宮下かな子が役者を続けることへの葛藤と大先輩が導いてくれた答え

 みなさんこんばんは、宮下かな子です。  天赦日と一粒万倍日が重なった先月15日のラッキーデー、数年ぶりにお財布を買い替えたのですが、そのお財布で最初にお買い物した観葉植物のガジュマルが今、とてつもない勢いで成長しています。葉っぱの枝の部分が右肩上がりにおそらく10センチほど伸びました。何だか縁起が良いですね。突然雨が降り出したり、安定しない空模様が続いていますが、植物にとって… 続きを読む ...

本木雅弘が、単位と引き換えに廃部寸前の相撲部で奮闘! コミカルな展開から一点、力強さを瞳で伝える『シコふんじゃった』の凄み

 みなさんこんばんは、宮下かな子です。  全国的に梅雨入りしましたね。雨といえば、雨女雨男、という言葉をよく耳にします。きっと皆さんにとっても身近な言葉なのではないでしょうか。私のお仕事は特に天候に左右されることが多くあって、延期になったり雨待ちもしばしば。何度か暖かい地域でグラビア撮影をしているのにもかかわらず、常に天候の心配をすることになる私にとって、これはちょっとした呪い… 続きを読む ...