• Sun. Sep 19th, 2021

小山田圭吾

  • Home
  • 小山田圭吾が参加する「METAFIVE」アルバム発売中止で物議…「五輪とは違う」「行き過ぎ」と抗議の声

小山田圭吾が参加する「METAFIVE」アルバム発売中止で物議…「五輪とは違う」「行き過ぎ」と抗議の声

 「コーネリアス」こと小山田圭吾が参加しているバンド「METAFIVE」の新作アルバムの発売中止が突如発表され、波紋を広げている。「仕方ない」とする意見がある一方、音楽ファンからは「行き過ぎではないか」といった抗議の声も上がっており、物議を醸しているようだ。  METAFIVEは高橋幸宏が率いるバンドで、小山田のほか、砂原良徳、テイ・トウワ、ゴンドウトモヒコ、LEO今井がメンバ… 続きを読む ...

小山田氏問題『ワイドナショー』でスルーの松本人志も「同級生をいじめた過去と後悔」を告白していた

 東京五輪開会式作曲担当のミュージシャン小山田圭吾氏が7月19日、同担当の辞任を申し出たことを発表。 問題発覚以降も留任を強調し続けてきた東京五輪・パラリンピック組織委員会は「これは誤った判断であると考えるに至り、辞意を受け入れることにいたしました」と、辞任を受理し、「この間多くの皆様に不快な思いをさせたこと、混乱を招いたことを心からお詫び申し上げます」と謝罪した。  小山田氏… 続きを読む ...

小山田圭吾騒動で「過去の悪行」への注目高まる? お笑い芸人の過度な“イジり”は大丈夫か

 過去に雑誌のインタビューで障害者に対するいじめ行為を告白していたことが問題となり、東京オリンピック開会式での作曲担当を辞任した小山田圭吾。NHK Eテレは7月20日、小山田が音楽を担当した『デザインあ』、『JAPANGLE(ジャパングル)』を別番組に差し替える措置をとった。 「小山田さんがインタビューで不適切な発言をしていたことは、当時から関係者やファンの間では有名な話で、特… 続きを読む ...

坂上忍とブラマヨ吉田、小山田圭吾への怒り止まらず… 武藤敏郎事務総長の責任も追及

 20日放送のフジテレビ『バイキングMORE』ではミュージシャンの小山田圭吾氏が過去の「いじめ発言」が問題となり、東京オリンピック開会式での楽曲制作担当を辞任したことについて特集。MCの坂上忍とブラックマヨネーズ吉田敬が、怒りをあらわにした。  小山田氏は94年と95年に音楽雑誌に掲載されたインタビューで障がい者生徒たちへのいじめを自慢話のように語っており、ネット上で批判が沸き… 続きを読む ...

小山田圭吾騒動で渦中の「クイック・ジャパン」が創刊初期に起こした“伝説”の事件

 五輪開会式で使われる楽曲を担当する小山田圭吾が、過去に壮絶なイジメを行っていたことを雑誌で語っていた問題は、組織委員会の続投宣言後も批判が止まず、小山田は19日に辞任の意向を示した。問題になったインタビューの1つが、1995年発売の『クイック・ジャパン』に掲載されたもの。当時の状況を知るサブカルライターがいう。 「今では信じられませんが、当時は著しく人権を損なう記事や、不法行… 続きを読む ...

小山田圭吾、海外から「虐待」と厳しい批判…国内外で“活動自粛”状態になる可能性

 学生時代のいじめ行為を告白した雑誌記事が問題視されていた「コーネリアス」こと小山田圭吾が19日、東京オリンピック・パラリンピック開会式の楽曲担当を辞任した。  東京五輪・パラリンピックで最高位のスポンサーであるトヨタ自動車が五輪関連のテレビCMを国内で放送しない方針を表明するなど、騒動がさらに拡大している中、その余波は小山田自身の音楽活動にも影響。小山田が楽曲を手がけているN… 続きを読む ...

爆笑太田は“やっぱりズレてる”? 炎上中・小山田圭吾擁護でカズレーザーと意見ぶつかる

 18日放送のTBS『サンデー・ジャポン』に爆笑問題・太田光が出演.。過去の「いじめ自慢記事」で炎上中のミュージシャンの小山田圭吾氏を擁護し、メイプル超合金・カズレーザーと意見がぶつかる場面が見られた。  14日、ソロユニット「コーネリアス」として活動中の小山田氏が、東京オリンピック・パラリンピック閉会式の楽曲を担当する1人として発表れたのだが、94年と95年に音楽雑誌に掲載さ… 続きを読む ...