• Sat. Feb 4th, 2023

彼女が婚外恋愛に走った理由

  • Home
  • サブカル好き夫婦の人生を変えたキャンプの夜――お互いの友達との「浮気」がもたらした離婚の顛末

サブカル好き夫婦の人生を変えたキャンプの夜――お互いの友達との「浮気」がもたらした離婚の顛末

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。  健康で活力にあふれ、どんな無茶も利き、睡眠時間が短くてもへっちゃらで、仕事や恋愛に打ち込んできた――そんな20代を過ごした人が「当時は、自分が年を取るなんて夢にも思わなかった」としみじみ語る...

バブル全盛期に玉の輿婚! 60代間近の女性が語る「セックスレス」で始めた婚外恋愛の今

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。  一般的に、パートナーとの関係性は、人生のさまざまなイベントを機に変化していくものだ。例えば、恋人同士の2人が結婚すると夫婦になり、子を授かった場合は、そこに子の父と母という関係性も加わるだろ...

歌舞伎町のホストと婚外恋愛……経営者の妻が「湯水のごとく金を使った」日々に思うこと

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。  ホストにハマる若い女性たちが登場するネット漫画『明日、私は誰かのカノジョ』(小学館)が今年4月にドラマ化され、注目を集めたが、昨今、若くしてホストに入れ込み、ホストクラブに通うお金を稼ぐため...

「ママ友」へのマウンティングが“婚外恋愛”に!? 女同士の友情が拗れて迎えた意外な展開

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。  女同士の友情は、一度結ばれると強いけれど、半面、ふとした瞬間に儚く途切れてしまう。どういったきっかけで縁が切れてしまうのか、また、切れた縁がどのように拗れてしまうのかがわからないところが女同...

早すぎた結婚、リモートワーク中のオフィスでの情事……転職先での婚外恋愛を欠かさなかった彼女が「潮時」と語るワケ

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。  約2年にわたる新型コロナウイルスの影響を受け、リモートワークが広く普及したことから、オフィスでの婚外恋愛を楽しんでいたカップルは場所を失った。一方で、リモートワークを逆手に取り、愛を深めてい...

“主人公タイプ”の夫との完璧な結婚生活のはずが……婚外恋愛から離婚に至った彼女が「守ってよかったもの」

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。どちらの呼び名にも大差はない。パートナーがいるのにほかの男とセックスする、それを仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。  別れてから数年たって、以前の恋人のことを振り返ると「惜しいことをした」と感じる人は少なくない。過去の恋愛を思い...