• Sat. Jan 28th, 2023

日本のアウト皇室史

  • Home
  • “天皇の主治医”めぐる問題とは? スキルより重視される「伝統」……庶民以下の医療体制

“天皇の主治医”めぐる問題とは? スキルより重視される「伝統」……庶民以下の医療体制

 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 前回から引き続き、昭和天皇崩御の前後について雑誌記事中心に振り返ります。 ――昭和天皇崩御当時の記事を振り返っていくと、マスコミの姿勢が今では考えられないほど宮内庁に“攻撃的”だったように思えます。その背景には、当時「がん」に関する情報や知識が一般的に乏しかったこともあるのでは、と思われました。 堀江宏樹氏(以下、堀江) 昭和天皇は危篤に陥られたとき、御年87でいらっしゃいま...

「昭和」最後の日、天皇崩御時の報道フィーバーと「自粛」空回り―日本中の異変からわかること

 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 前回から引き続き、昭和天皇崩御の前後について雑誌記事中心に振り返ります。 ――昭和天皇がいよいよ危篤だという時には、どういう情報が出ていたのでしょうか? 堀江宏樹氏(以下、堀江) 天皇が崩御なさった昭和64年1月7日は土曜日で、NHKは早朝から特設ニュース枠にて特別放送をしていました(WEBマガジン「NHK政治マガジン」、2017年12月11日「昭和最後の日へタイムスリップ」...

朝日新聞のスッパ抜きに宮内庁は激怒! 天皇ご本人にも伏せられた“事実”に皇族の反応は……

「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! ――前回から昭和天皇崩御の前後におけるマスコミによる病状の報道を、雑誌記事中心に振り返っています。1987年に開腹手術を受け、「腸の通過障害」の除去に成功したと報道されていた昭和天皇ですが、89年9月、大量の吐血を何度もなさったことで「重病」であるという事実が世界中に知れ渡り、騒然となりました。 堀江宏樹氏(以下、堀江) それまで「回復中」だと宮内庁が発表していたにもかかわらず、...

エリザベス女王と昭和天皇にみる「マスコミの情報操作」ーー“開示的”すぎた宮内庁の失敗とは?

   「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! ――前回までは、現在の英王室と皇室に注目して、ウィリアム王子やヘンリー王子のキャラクターと秋篠宮さまと天皇のキャラクターの違いを考察いただきました。王族・皇族の世界は似ている部分も感じられますね。 堀江宏樹氏(以下、堀江) 今年の9月8日のイギリスのエリザベス女王の崩御と、その前後の報道を見ていると、昭和天皇のときのことが思い出されて仕方ありませんでした。当時、私...

秋篠宮さま、かつては皇室を出ていく発言も! 「王室脱退」メンバー相次ぐ英国との違いとは?

皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 前回から引き続き、今回も新国王が誕生した英王室について聞いていきます。 ――英王室の恋愛・結婚はいつくらいから世界の注目の的になってきたのでしょうか? 堀江宏樹氏(以下、堀江) 19世紀後半くらいからでしょうか。しかし当初は社交界の艶話として、前回も少しお話した、ヴィクトリア女王のインド人使用人に対する「秘密の恋」も語られていたにすぎないと思います。彼女の息子のエドワード7世は、...

「悪役」ヘンリー王子と「優等生」ウィリアム王子、「やんちゃ」秋篠宮さまと「冷静沈着」天皇陛下ーー皇族・王族における“キャラ”の重要性

 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 前回から引き続き、今回も新国王が誕生した英王室について聞いていきます。 ――英王室のヘンリー王子夫妻を見ていると、お子さまの結婚で王室・皇室全体が揉めるのは、よくあることだと気付かされます。一方、日本でも天皇家に比べ秋篠宮家の支持がガクンと落ちてしまった背景には、眞子さまの結婚問題がいまだに大きな余波を残しているからだと思われます。最近は何をやっても叩かれる英王室のヘンリー王...

チャールズ新国王は「スキャンダルを操る男」か――息子・ヘンリー王子を“利用”せざるを得ないワケ

 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 今回から全3回は、新国王が誕生した英王室について聞いていきます。 ――新英国王チャールズ3世の戴冠式が、来年5月6日に決定しましたね。 堀江宏樹氏(以下、堀江) しかし、この日は王室批判を続けるヘンリー王子の長男アーチーくんの誕生日でした。ヘンリー王子がこの日を盛大に祝う習慣があると知りながら、まさにその日に戴冠式をぶつけてきたということは、チャールズ王がヘンリー王子に「ある選...

小室圭さん、弁護士として年収大幅アップか? 眞子さん「貯金1億円」ピンチ報道も……知られざる元プリンセス妻のギリギリ生活

 小室圭さんが米ニューヨーク州の司法試験に3度目の挑戦でついに合格したと報じられた。弁護士事務所で法務助手として働いているが、今後は弁護士として高収入を稼ぎ、年収も大幅アップするものとみられている。  現在、アメリカは歴史的な物価高を記録中。特にニューヨークはもともと物価が高いことが知られており、そこで生活する眞子さんの懐事情についてもさまざまに報じられている。一部報道によれば、眞子さんには1億円もの貯金があるといい、しかし、ニューヨークの物価高を受けてそれを使い切ってしまうピンチの可能性もあるとい...

眞子さま、メトロポリタン美術館に就職か? かつてはタバコ屋で働いた皇女も……知られざるプリンセスの仕事と所得

 「週刊新潮」(新潮社)10月20日号が、現在ニューヨークで生活する眞子さまについて「就活中」だと報じた。博物館学芸員の資格を生かして、メトロポリタン美術館への就職を見据え始めたという。  眞子さまは、2021年10月に小室圭さんと結婚。国際弁護士を目指す小室さんは、先日、司法試験に3度目の挑戦をし、その結果は10月25日(現地時間)に明らかになるという。同誌では、現在、法律事務所で法務事務の職に就く小室さんの一方、眞子さまが「本格的な『就活』にも取り組み始めた」と伝えている。  ネット上では、眞子...

エリザベス女王の棺の中は……ヨーロッパ王族に流行した、国王の特殊な埋葬方式とは?

「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 今回は、番外編として英王室に関するお話を聞きました。 ――9月9日、英国女王エリザベス2世が96歳で亡くなりました。日本からは天皇皇后両陛下がイギリスでのご葬儀に参列なさいましたね。 堀江宏樹氏(以下、堀江) 天皇陛下はご即位の翌年にあたる2020年、エリザベス女王から国賓としてイギリスに招待されていたものの、コロナ禍の影響で渡英を断念なさったとか。陛下にとって、女王はイギリス留...