• Sat. Dec 10th, 2022

木村拓哉

  • Home
  • 木村拓哉、さんまは「おじき」東京は「江戸」…独特すぎる呼び方に視聴者ざわつく

木村拓哉、さんまは「おじき」東京は「江戸」…独特すぎる呼び方に視聴者ざわつく

 本人はこの言い方がカッコいいと思っているのだろうか……。  明石家さんまが12月3日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)にて、FIFAサッカーW杯カタール大会での堂安律の活躍について言及。ドイツ戦とスペイン戦で計2得点を決めた堂安だが、親交のあるさんまは試合があるごとに健闘を称えるメッセージを送っていたという。  そんななか、リスナーをざわつか… 続きを読む ...

キムタク、ジュリー派入れず!?キンプリ“暴走ファン”続出…週末芸能ニュース雑話

記者I カタールW杯で日本代表がドイツ代表に劇的な逆転勝利を決め、サッカー関連の話題がメディアを席巻していますね。今回のW杯ではスポーツの世界大会には珍しくジャニーズがMCなどで絡んでいませんが、滝沢秀明氏の退社により営業力が落ちたのか、はたまた“実力不足”だったのか。 デスクH ジャニーズでサッカー… 続きを読む ...

木村拓哉、“ジュリー派”にはなれず? 月9復帰も「出世コースから外れた」と囁かれるワケ

 木村拓哉が主演するフジテレビ系スペシャルドラマ『教場』シリーズが連続ドラマ化し、来年4月に『風間公親 教場0』として月9枠で放送されることが発表された。木村の月9主演は2014年放送の『HERO』第2シリーズ以来、およそ9年ぶりとなる。  木村は、明石家さんまとの正月特番『さんタク』の収録を明かす10月26日のInstagram投稿で風間を思わせるグレーヘアを披露しており、「… 続きを読む ...

木村拓哉、『教場』月9連ドラ化決定に『ぎふ信長まつり』大盛況――今のジャニーズ事務所には「ありがたい存在」

 フジテレビが、2023年4月期の「月9」枠で、木村拓哉主演の連続ドラマ『風間公親-教場0-』を放送すると発表。情報解禁を受けてファンが歓喜しているのはもちろんのこと、それ以外のネットユーザーからも「キムタクって、やっぱりすごい」と注目を集めている。  同ドラマは、20、21年に放送された新春スペシャルドラマ『教場』シリーズの最新作。長岡弘樹氏の同名小説(小学館)の実写版で、これまでは警察学校の教官・風間公親(木村)と、彼のもとで警察官を目指す訓練生たちの物語だったが、連ドラでは、警察学校赴任前、新...

木村拓哉は「同じ自慢話を何度もする」? 『未来への10カウント』若手俳優から「しんどい」と苦情か

 かつてSMAPのヘアメイクを担当していたサロン経営者の“きくりん”こと菊地勲氏が11月6日、TOKIO・長瀬智也らと交流がある“おがしゅん”氏とのYouTubeチャンネル「XX - Batsu2 / バツ2」を更新。木村拓哉に対し、「ボクシングのドラマ」で共演した後輩俳優から「同じ話の自慢が多い」と苦情が出ていたことを暴露した。 「菊地氏は南青山の人気サロンのオーナーで、SMAPや氷室京介など大物アーティストのヘアメイクを担当してきた経歴を持つカリスマ美容師。小倉優子の元夫としても有名です。最近は...

木村拓哉、インスタで“グレーヘア”お披露目! 『教場』新作のあからさまな“匂わせ”が許されるワケ

 木村拓哉が10月27日、インスタグラムを更新し、“グレーヘア”をお披露目した。木村は2020年と21年、フジテレビ系新春スペシャルドラマ『教場』『教場II』に主演していたが、同作で演じた警察学校の教官・風間公親は、まさに髪色がグレーというキャラクター。そのため、ファンの間やマスコミ界隈では「『教場』新作の“匂わせ”としか思えない」(テレビ誌ライター)と注目を集めているようだ。  『教場』シリーズは、長岡弘樹氏の同名小説(小学館)の実写化ドラマ。木村演じる冷徹な風間教官と、警察官を目指し過酷な訓練に...

木村拓哉、草なぎ剛と対談共演? 年末年始テレビ番組のビックプランが進行中

 今年も年末に差し掛かり、テレビ各局で特番への準備が進められている。例年では11月中旬までに、NHK『紅白歌合戦』の出場歌手が決定。その動向を見て、年末年始にかけて放送される生放送番組のブッキングも本格化していくことになる。 「視聴率が落ちたとはいえ、紅白に出場するアーティストやアイドルはやはり注目を集める。民放各局は、年末年始に大型の生放送を多く編成していますが、芸人の出演者… 続きを読む ...

木村拓哉、「ぎふ信長まつり」騒動も追い風で…主演映画公開に向けて年末年始のテレビは“キムタク尽くし”?

 木村拓哉が、11月5日・6日に岐阜市で3年ぶりに開催される「ぎふ信長まつり」にスペシャルゲストとして登場することが9月28日に発表され、大きな話題となっている。  岐阜市の秋の恒例の催しである「ぎふ信長まつり」の目玉となるのが、織田信長が先頭の騎馬武者行列。信長役は通常、一般公募だが、2009年には岐阜市出身の伊藤英明がボランティアで信長役を務めたこともあり、このときは2日間… 続きを読む ...

“消えたジャニーズ”男闘呼組の大復活、木村拓哉や中居正広もお祝い! 光GENJIは35周年イベントが話題にならず

 4人組バンド・男闘呼組が10月15、16日に、復活ライブ『男闘呼組1988』を東京・有明の東京ガーデンシアターで開催。1988年にジャニーズ事務所からデビューし、93年6月末をもって活動休止していた彼らが29年ぶりに活動を再開したとあって、メンバーもファンも大盛り上がりだったようだ。一方で、業界関係者の間では「光GENJIのほうが何度も“再集結”しかかっていたのに……」と残念がる声が上がっているという。 「男闘呼組は成田昭次、高橋和也、岡本健一、前田耕陽の4人で構成され、88年にシングル『DAYB...

目黒蓮、評価急上昇で「キムタクの後継者」の声『silent』のヒットで偉大な先輩に近づけるか

 女優の川口春奈が主演し、Snow Manの目黒蓮が相手役を務めるフジテレビ系ドラマ『silent』の話題性が爆発的に高まっている。特に聴覚障がいの青年という難役に挑んだ目黒の演技力が絶賛されており、人気と実力を兼ね備えていることから「キムタクの後継者」との声が業界内であがり始めているようだ。  同ドラマは、主人公の青羽紬(川口)が難病によって聴力をほとんど失った元恋人・佐倉想… 続きを読む ...