• Sat. Feb 4th, 2023

桑子真帆

  • Home
  • NHK桑子真帆アナ紅白司会の舞台裏でスタッフは“超”厳戒態勢、フリー転身の話を断固阻止?

NHK桑子真帆アナ紅白司会の舞台裏でスタッフは“超”厳戒態勢、フリー転身の話を断固阻止?

 数多くの名場面を残しながら、番組が終了した『第73回NHK紅白歌合戦』。“若者寄り”とも言われた出場歌手の選考が問題視されたが、紅白をもって一時休養する氷川きよしが圧巻のステージを見せるなど、見どころも豊富だった。しかし、平均世帯視聴率は第1部が31.2%、第2部が35.3%と、歴代ワースト2位の結果に終わることに。  そんな紅白で、橋本環奈と共に司会を担当したのが、NHKの… 続きを読む ...

桑子真帆アナ「紅白を花道にフリー転身」説浮上も…「元NHKアナ」ライバルの高い壁

 NHKの桑子真帆アナウンサーの去就に注目が集まっている。  大みそかの『NHK紅白歌合戦』での司会が決まっている桑子アナ。昨年の『紅白』で司会を務めた和久田麻由子アナが産休中ということもあり、今年はWエースの一人である桑子アナにすんなり決定。脱線しがちな大泉洋と、司会自体が初めての橋本環奈をフォローするにあたり、ベテランの桑子アナが配置されたのは当然だろう。  … 続きを読む ...

NHK「お家騒動」で…今年の『紅白』司会は桑子アナに?

 NHKが揺れている。  10日に発売された「文藝春秋」6月号(文藝春秋)で、NHK職員有志一同による「前田会長よ、NHKを壊すな」と題したリポートが公開された。「NHKはかつてない危機に瀕しています。私たち職員は、以前のような取材や番組制作への意欲を持つことができない状況に追い込まれ、人心は荒廃し、職場には重苦しい雰囲気が漂っています」という文から始まるこのレポートは、同局の… 続きを読む ...

結婚報道のNHK林田理沙アナ、さらに好感度上昇中 エース和久田&桑子アナを越えるポテンシャル

 NHKに激震が走っている。絶対的エースとして活躍していた和久田麻由子アナが、第一子を妊娠したことで産休に入り離脱するからだ。 「今年4月以降に担当のレギュラー番組がなくなることが発表された時には、すでに上層部にも妊娠していることは報告していた。和久田アナは子育てもしっかりしたいと話していて、育休に入り当面は業務に戻らないようです」(民放関係者)  実力もあり人気… 続きを読む ...

NHKが「女子アナ王国」に…桑子真帆アナがキャスター就任の『クロ現』は視聴率上昇

 民放からなかなかスター女子アナが育たない状況を尻目に、NHKが「女子アナ王国」となりつつある。  そんななか、「絶対的エース」である和久田麻由子アナの第一子妊娠が報じられ、NHK内ではその座を狙うナンバーワン争いが激化しているという。 「NHKは4月の番組改編で、全174人のアナウンサーのうち101人の配置替えが行われました。驚いたのは『ニュースウオッチ9』のメ… 続きを読む ...

NHK“最強女性アナ軍団”は和久田、桑子だけじゃない!「ブラタモリの法則」も発動?

 NHKの女性アナウンサーたちに大きな注目が集まっている。4月からの番組改編でエースの和久田麻由子アナと桑子真帆アナが人気番組を降板することが決定したが、その裏事情をNHK関係者がこっそり教えてくれた。 「4月から和久田アナは『ニュースウォッチ9』を降板して担当番組がなくなり、さまざまな憶測が飛び交っています。桑子アナは『おはよう日本』を降板し、『クローズアップ現代』の担当に。… 続きを読む ...

桑子真帆アナ、“逆風が一転”ご祝儀で紅白の司会に抜擢情報も

 既報の通り、かねてから交際が取り沙汰されていた俳優・小澤征悦とNHKの桑子真帆アナが9月1日に結婚した。  2人は18年夏に俳優・和田正人とタレント・吉木りさの結婚式で出会い、意気投合して交際に発展。昨春には女性誌「女性セブン」(小学館)により桑子アナが小澤の自宅から出てきて、愛車でデートする様子が記事にされて交際が明るみになり、去就が注目されていた。  スポー… 続きを読む ...

桑子真帆アナ、小澤征悦との結婚発表と紅白司会をめぐるNHKでの評判

 今年も残すところ4カ月ほどとなったが、例年秋の気配が感じられる頃から徐々に注目度が高まっていくのが、暮れの音楽の祭典『NHK紅白歌合戦』をめぐる報道だ。  2020年はコロナ禍での初開催ということもあり、史上初の無観客開催となり、密を避けるために通常は観覧客を入れる観客席や複数のスタジオをステージとして活用するなどの対策をとって放送を行った。結果、派手な演出が控えめになったこ… 続きを読む ...

「桑子アナに完勝」となった和久田アナ―東京五輪でNHKアナのライバル対決に決着!舞台裏

 東京五輪は女子アナたちにとっても「勝負の場」だったようだ。  とりわけ、局員たちから比較されたのが、NHK・和久田麻由子アナと桑子真帆アナのダブルエース対決だった 「いまNHK局内では、五輪開会式を担当した和久田アナと閉会式担当の桑子アナを比較する話題で持ち切りです。中継の出来に関しては、完全に“和久田の勝ち”でしたね。各国の国旗すらうろ覚えだった桑子アナに対し… 続きを読む ...

桑子真帆アナと和久田麻由子アナの“五輪キャスターバトル”に業界が熱視線!?

 緊急事態宣言下にもかかわらず感染拡大に歯止めがかからない東京都をはじめ、国内における新型コロナウィルスの被害が深刻度を増している。そして、巷の反対論を押し切り日本政府により半ば強行とも言える形で開幕した東京五輪もいよいよ佳境を迎えている。  そして、晴れの舞台が用意されたことによりこれまでにない名誉や名声、知名度、好感度を得るチャンスを与えられたアスリートたちに負けず劣らず、… 続きを読む ...