• Sat. Dec 10th, 2022

海外

  • Home
  • ヘンリー王子&メーガン夫人、ロバート・F・ケネディ人権賞受賞で掘り起こされた、過去の差別発言

ヘンリー王子&メーガン夫人、ロバート・F・ケネディ人権賞受賞で掘り起こされた、過去の差別発言

 12月6日夜、ヘンリー王子とメーガン夫人がロバート・F・ケネディ元米司法長官の人権団体が主催する『リップル・オブ・ホープ・アワード・ガラ』に出席。「王室の構造的な人種差別」を勇敢に告発し、「メンタルヘルスについて」積極的に発言を行い、世界に変化を起こしたとして「希望のさざなみ賞」が授与された。豪華なルイ・ヴィトンのオートクチュールドレスを着て現れたメーガン夫人は、トークセッションでシニアロイヤル(英国王室の主要王族)時代に自殺願望があったことをあらためて語り、ヘンリー王子は自分たちがストーリーをシ...

ウィリアム皇太子のアメリカ訪問のウラで……ヘンリー王子、ドキュメンタリーの予告公開で大炎上! 和解への道のり遠い?

 王位継承順位が1位となったウィリアム皇太子と妻のキャサリン妃が、8年ぶりにアメリカを訪問。3日という短い滞在期間中、彼らを一目見ようと行く先々に多くの人々が集まり「やっぱり本物はオーラが違う」とロイヤル・フィーバーが巻き起こった。  11月30日、皇太子夫妻はプライベートジェットではなく民間航空機のブリティッシュ・エアウェイズでボストンのローガン国際空港に到着。最初に向かった市役所には、彼らを一目見ようと数千人が集まった。冷たい雨が降る中、朝早くから2人の到着を待っていた群衆の中には他州から来た人...

ヘンリー王子は「ロリポップをいつもしゃぶっていた」! リアリティ番組『リアル・ハウスワイフ』出演セレブが過去の交際暴露

 有閑マダムたちの日常に密着した人気リアリティ番組『リアル・ハウスワイフ』出演者が、34歳の初夏に当時21歳だったヘンリー王子と交際していたことを激白。「ロリポップ(ぺろぺろキャンディー)をいつもしゃぶっていた」などと暴露し、ネット上を大いに沸かせている。  今回、若かりし頃の王子とのロマンスを告白したのは、インテリア・デザイナーで、執筆家としても知られるセレブのキャサリン・オマニー。2番目の夫と婚姻中の2010年にワシントン・D.C.版『リアル・ハウスワイフ』に出演し、一躍有名になった彼女が王子と...

エルトン・ジョンの最終公演特番で、ヘンリー王子夫妻がメッセージ! メ―ガン夫人の「上から目線」のコメントが物議

 1997年に事故死したダイアナ元妃と親しかったことで知られる音楽界のレジェンド、エルトン・ジョン。11月20日にロサンゼルスのドジャー・スタジアムで開催されたワールドツアー『Farewell Yellow Brick Road』最終公演の模様が、ディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で特集され、冒頭に流れた「サセックス公爵と公爵夫人」からのメッセージ動画がネットで物議を醸している。  メーガン夫人の「誇りに思うわ」という上から目線の“お言葉”もさることながら、ヘンリー王子が再び母親であ...

アンドリュー王子、精神状態は“ボロボロ”? 「少女買春疑惑」への対応めぐり、元妻の不倫相手に相談していた!

 エリザベス女王が「最悪の年」だと嘆いた1992年に、アンドリュー王子と別居中だったセーラ・ファーガソンの“足の指をしゃぶる”姿をパパラッチされ、一躍有名になったアメリカ人実業家ジョン・ブライアン。これまでメディアを避け沈黙を守ってきた彼が、このたび英紙「メール・オン・サンデー」のインタビューに応じ、“少女買春疑惑”で苦しむアンドリュー王子を極秘訪問しアドバイスを与えたこと、王子の無実を確信していることなどを明かした。  当時、英王室に大きな衝撃が走ったセーラの不倫スキャンダル。アンドリュー王子と別...

ヘンリー王子&メーガン夫人のNetflixドキュメンタリー、監督が降板していた? 番組内容は『ザ・クラウン』より“ドロドロ”な可能性も

 Netflixで配信する予定のドキュメンタリー番組をめぐってトラブルになっていると伝えられていたヘンリー王子とメーガン夫人が、同番組の最初の監督と決裂していたことが明らかになった。  ヘンリー王子夫妻は英王室から離脱した数カ月後の2020年夏に、1億5,000万ドル(約210億円)とも報じられている巨額の契約金でNetflixと契約。その後、2人は「メンタルヘルスを軽んじている」「人種差別的」だと王室批判をするようになり、近日中に配信される予定のNetflixのドキュメンタリー番組では、「王室にと...

アンドリュー王子、チャールズ国王から王室追放を通告も…… 示談成立の女性に新たな動きアリで公務復帰の可能性?

 軍などの役職やHRH(殿下/His Royal Highness)の称号を女王に返上し、英王室の公務から引退したアンドリュー王子が、高位王族として復帰する可能性が出てきたと英メディアが報じている。王子から性的暴行を受けたと民事訴訟を起こした女性が、有名弁護士を相手取り起こしていた同様の訴訟を「人違いだったかもしれない」と取り下げたからで、裁判で和解はしたものの「自分はやっていない」と一貫して否定してきた王子にも名誉挽回のチャンスはまだあるというのだ。  昨年、少女売春のあっせんをしていた故ジェフリ...

エリザベス女王の半生描く『ザ・クラウン』シーズン5が酷評の嵐! 英大手紙が「星1~2つ」評価のワケ

 9月に亡くなったエリザベス女王の半生を描く人気ドラマシリーズ『ザ・クラウン』(Netflix)のシーズン5が、11月9日から配信スタート。しかし、ネット上には「つまらない」という声が続出。現地メディアにも酷評されており、大手紙は「一番おもしろかったのはモハメッド・アルファイドと執事のエピソード」と評論。王室専門家の「歴史を書き換えている」という批判を掲載したタブロイドもあり、話題騒然となっている。  エリザベス女王の激動の半生を忠実に描いた歴史ドラマとして2016年11月にシーズン1が配信され、世...

ヘンリー王子、自叙伝は「修正なし」とメーガン夫人の友人が断言! 内容次第で王室追放の可能性も

 ネット上で「タイトルを見ただけでおなかいっぱい」という声が続出しているヘンリー王子の自叙伝『スペア』。“王位継承者”であるウィリアム王子に万が一のことがあった場合の“予備”として生まれた「スペア」という立場をタイトルにしたのは、メーガン夫人の案ではないかとうわさされたが、内情を知る夫人の友人は「決めたのは王子」「土壇場での内容修正もない」と断言。  一方、チャールズ国王は本の内容次第では「サセックス公爵」と「公爵夫人」の称号を取り上げ、事実上の王室追放をする構えだと複数のメディアが報じており、そう...

人気ラッパー・テイクオフの訃報受け、ヒップホップ界に動揺! 一部では差別問題へ発展か

 人気ラップグループ「ミーゴス」のメンバー、テイクオフが現地時間11月1日午前2時半頃、テキサス州ヒューストンで銃に撃たれ死亡した。享年28歳。メンバーで叔父のクエイヴォ(31)と出席したプライベート・パーティのアフターパーティで、クエイヴォがサイコロゲームをしていた相手と口論になり、何者かが立て続けに発砲。テイクオフは頭部と腹部に被弾し、その場で死亡が確認された。第一報を報じたニュースサイト「TMZ」は顔にぼかしをかけた血の海の中に横たわるテイクオフの動画や写真を掲載。SNSにも事件を撮影した動画...