• Thu. May 19th, 2022

田中樹

  • Home
  • SixTONES田中樹がR-指定と“プロレス”? ラップ&トーク力だけじゃない今後の戦略

SixTONES田中樹がR-指定と“プロレス”? ラップ&トーク力だけじゃない今後の戦略

 2ndアルバム『CITY』を引っさげた全国アリーナツアー「Feel da CITY」も好調のSixTONES。その音楽性の高さが注目され、ジャニーズ事務所のアイドルグループとしてはめずらしく、23日放送の『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)に出演する。 「『題名のない音楽会』で、SixTONESはオーケストラと共演し、デビュー曲『Imitation Rain』のほか『Ever… 続きを読む ...

SixTONES・田中樹と森本慎太郎の少年時代がまるで“天使”「可愛すぎ」と視聴者も歓喜

 3月25日放送の『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)にSixTONESの田中樹と森本慎太郎がMCとして登場。ジャニーズJr.時代の自分たちの過去映像を見て思い出を語り合う場面があった。  今回の放送は2月放送分のセレクションスペシャル。冒頭のトークで田中が「慎太郎がMCやるパターンってあんまりないよね?」と話を振ると、森本は家でよくMC役のイメージトレーニングをしている… 続きを読む ...

SixTONES、ツアー初日公演は「感染者出てもおかしくない」と苦言多数! 田中樹「声出さないで」と注意も……

 1月5日に2ndアルバム『CITY』をリリースしたSixTONES。同作を引っ提げ、4日からは全国アリーナツアー『Feel da CITY』がスタートしたが、初日の公演後には鑑賞マナーを問題視する声が上がってしまった。  今回のツアーは、神奈川県・横浜アリーナを皮切りに、9都市37公演を巡る予定。昨年のツアー『on eST』は、新型コロナウイルスが感染拡大した影響により、1月の横浜アリーナ、愛知・日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホールなど複数の公演が延期に。いずれも振替公演を実施したが、大阪のみ...

SixTONES、ファンの「不謹慎」投稿で大炎上! Twitterトレンド企画で『オールナイトニッポン』が謝罪

 SixTONESメンバーがパーソナリティを務めるラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル 』(ニッポン放送)。12月18日放送回は、Twitterのトレンドを使った「トレンドストラックアウト2021」なる企画を実施した。番組側が指定したワードをリスナーがトレンド入りさせるといった内容だったが、一部SixTONESファンが女優・神田沙也加さんの報道と関連付け、配慮のないツイートを投稿。「不謹慎すぎる」と“大炎上”してしまった。  毎週土曜日、午後11時30分~午前1時に生...

SixTONES・田中樹里は聞き手を飽きさせない“フロウ巧者”!? 「ジャニーズNo.1」と言われるラップスキルをプロが解説!

 各グループにラップ担当のメンバーが1~2人いるなど、近年のジャニーズ楽曲において“なくてはならないもの”といえるラップ。そんなジャニーズタレントによるラップパートを、プロが解説するシリーズ「ジャニーズラップ勉強部屋」。  今回はラップスキルにおいて「ジャニーズNo.1」とも言われるSixTONES・田中樹をピックアップ! 田中は中学生の頃にヒップホップと出会い、般若、Zeebra、KREVAなど日本のラッパーを好んで聴いていたんだとか。そんな田中のラップには、どんな特徴があるのだろうか。2020...

変わりゆくジャニーズのブランディング 王道アイドル路線より、濡れ場や端役の方がオイシイ?

 ジャニーズ事務所の名誉会長だった藤島メリー泰子氏が8月14日、肺炎のため93歳で亡くなった。弟である故ジャニー喜多川氏とともに、ジャニーズ事務所を日本一の男性アイドル事務所に育て上げたカリスマがこの世を去ったことで、ジャニーズ事務所には大きな変化の波が訪れそうだ。 「かつては、ジャニーズ事務所のタレントといえば“絶対的なアイドル”として特別扱いされていました。それはやはり、ジ… 続きを読む ...

SixTONESとTHE RAMPAGEの“本格共演”に期待!? 「Wほくと」が国宝級イケメン2トップでファン歓喜

 「ViVi」(講談社)の名物企画「国宝級イケメンランキング」が発表され、NOW部門のトップを占めた「Wほくと」に注目が集まっている。  16日、2021年上半期の「国宝級イケメンランキング」が発表された。22歳以下が対象となるNEXT部門の1位はSnow Man・ラウール、30歳以上が対象となるADULT部門の1位は町田啓太がランクインとなる中、NOW部門はSixTONESの… 続きを読む ...