• Sun. Aug 14th, 2022

綾瀬はるか

  • Home
  • 綾瀬はるか映画『はい、泳げません』「撮影は9割水着」発言で思い返すあの“名作”

綾瀬はるか映画『はい、泳げません』「撮影は9割水着」発言で思い返すあの“名作”

 すでに十分すぎる実績を残してきたトップ女優が、パズルの最後のピースを埋めるのに必要なのが“水着”だった──?  6月10日に公開された長谷川博己、綾瀬はるか主演の映画『はい、泳げません』は、“泳げない男”と“泳ぐことしかできない女”の物語。綾瀬が演じる静香は、泳ぎを教えることに情熱をかける一方、泳ぎ以外は不器用な変わりモノという女性で、事前のインタビューでは「撮影の9割はプー… 続きを読む ...

『元彼の遺言状』“守銭奴キャラ”の綾瀬はるかよりも…大泉洋こそ“裏”主人公?

 綾瀬はるか主演のフジテレビ月9ドラマ『元彼の遺言状』の第4話が5月2日に放送され、主人公の敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)と助手の篠田敬太郎(大泉洋)による華麗な謎解きが披露された。法律知識に裏打ちされた溢れるほどの自信で、大手企業や一流作家にも物怖じしない麗子による痛快ミステリーではあるものの、第4話を見た視聴者からは、篠田こそ主人公らしい、といった声も上がっている。  … 続きを読む ...

高畑充希を国民的女優へ! 綾瀬はるから看板女優たちの“諸事情”でホリプロが売り込み攻勢?

 女優の高畑充希が絶好調だ。今年1月期ドラマ『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系)の主演を務めたばかりだが、今年は話題の舞台となる「奇跡の人」に主演するほか、市村正親主演の「ミス・サイゴン」への出演も立て続けに決まっている。 「『ムチャブリ!』は、残念ながら視聴率はイマイチでしたが、それでも高畑には映画やドラマのオファーが途切れない。舞台の経験が多いので演技の… 続きを読む ...

『劇場版 奥様は、取り扱い注意』綾瀬はるかに押し付けられた「ド天然」を裏切る

 1985年から放送されている日本テレビの映画番組『金曜ロードショー』は地上波のプライムタイムでレギュラー放送されている唯一の番組である。  昔は各局に映画番組があり、筆者が映画を見始めたのは映画館ではなくテレビからだった。今では倫理上の問題やらなんやらでテレビでかかる映画はファミリー向け映画はほとんどだが、かつてはホラーや『エマニュエル夫人』のようなエロスものも堂々と放送して… 続きを読む ...

フジ月9初主演の綾瀬はるか、「長澤マネー」投下でギャラは米倉涼子超え!?

 綾瀬はるかが、4月スタートのフジテレビ系「月9」ドラマ『元彼の遺言状』に出演することが先日発表された。綾瀬が同枠で主演を務めるのはこれが初めて。フジテレビ系での連続ドラマ出演も2008年1月期の『鹿男あをによし』以来、実に14年ぶりとなる。 「綾瀬がフジの連ドラに出演するのは14年ぶりですが、単発での出演も12年以上空いており、その間に他局で出演したドラマから数多くのヒット作… 続きを読む ...

綾瀬はるかに続いて船越英一郎も! ホリプロ内部に情報流す“裏切り者”がいる?

 獅子身中の虫がいる?  1月6日発売の「女性セブン」(小学館)が、俳優・船越英一郎が熱愛中であることを報じ、世間を驚かせた。お相手は22歳年下の女優・歌手・チョークアーティストの松下萌子だという。 「船越は5年前に松居一代と離婚し、当時は『もう二度と結婚はしない』と公言していましたが、記事によれば、再婚を視野に入れた真剣交際とのこと。松下は1997年、上戸彩も参… 続きを読む ...

綾瀬はるかと佐藤健の熱愛説が再燃、3年前には“一線を越えた”親密場面も…?

 綾瀬はるかと佐藤健に熱愛再燃説が囁かれ始めている。  きっかけとなったのは、11月26日発売の「FRIDAY」(講談社)。東京・品川駅の新幹線改札口から楽しそうに歩いてくる2人の姿がキャッチされたのだ。 「この2人は、年明けの1月2日に放送される『義母と娘のブルース』2022年謹賀新年スペシャル(TBS系)で共演しており、遠方での撮影から一緒に帰京したようです。… 続きを読む ...

綾瀬はるか&佐藤健に“熱愛説”が再燃、ホリプロの対応は意外とユルめ!?

 松坂桃李&戸田恵梨香、星野源&新垣結衣、菅田将暉&小松菜奈と、大物カップルが続々と結婚した2021年。次なる大物としてアツい視線が注がれているのが、綾瀬はるかと佐藤健だ。  11月26日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)では、品川駅の新幹線改札口から出てくる綾瀬と佐藤の姿がスクープされている。傍らにはマネージャーらしき女性もいるのでデートではなさそうだが、これまで何度… 続きを読む ...

休憩中に横になっただけで…綾瀬はるかを苦しめる“コロナ後遺症報道”の風評被害

 目下、新型コロナウイルスの新規感染者数はかなり落ち着きを見せているが、過去に感染した芸能人たちは、いろんな意味で落ち着きを取り戻せていないようだ。  これまで綾瀬はるか、広瀬すず、永野芽郁、石原さとみ、稲森いずみ、森川葵、高橋ひかる、浅川梨奈、ももいろクローバーZ・玉井詩織など多くの芸能人が新型コロナウイルスに感染したが、11月8日付の「FRIDAYデジタル」(講談社)は芸能… 続きを読む ...

災難続きの綾瀬はるかが無双状態に ! 「お嫁さんにしたい」女優の母親想いに好感度さらに上昇

 9月にコロナ入院を巡ってネット上で“上級国民”と揶揄され、人気への影響が心配された女優・綾瀬はるか。そんな彼女に、今度は母親の投資トラブルが発覚。災難が続くなか、“災い転じて福となす”とばかりに、本人の好感度が上がっているという。  「母親が、事務所のお金1億円を騙し取られたんです。にもかかわらず、綾瀬は責めもせずに“(お金は)返らんかったら… 続きを読む ...