• Sat. Aug 13th, 2022

芸人

  • Home
  • エルフ荒川、ブチ上げマインドの真髄!「ギャルに性別ない。あと吉本芸人みんなギャル」

エルフ荒川、ブチ上げマインドの真髄!「ギャルに性別ない。あと吉本芸人みんなギャル」

 新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多い令和ニッポン、な~んかドンヨリとした思いを抱えて生きている人も少なくないはず。そんな時代の私たちに必要なのは、テンション高く、誇りも高く生きるあの人のナチュラル・ポジティブ・マインドかも?  とにかく人生を楽しく明るくハッピーに生き抜くためのヒントを、いざ学ばん!… 続きを読む

『アメトーク』『ロンハー』よりも『水ダウ』、若手芸人の“加地P離れ”が進む?

 ここ数年、M-1グランプリやキングオブコントなどのお笑い賞レースが盛り上がりを見せるなか、若手芸人たちのバラエティー番組に対するスタンスが変化しつつあるという。 「数年前なら、若手芸人が出たがる番組というと、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)だったんです。業界視聴率も高いし、“お笑い純度”も高いので、自分の面白さを存分にアピールできる場ではあるのは事実。でも、最近は必ずしもそ… 続きを読む ...

ぼる塾・酒寄希望 × かが屋・加賀翔 芸人を“休業”した2人の語り「人生を休む練習は、一生役立つから」

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っている、ぼる塾の酒寄希望。酒寄のnote連載では、“4人目のぼる塾”としての葛藤と、それでも変わらない4人の空気感をユニークな文章で伝えている。  2020年8月に体調不良でドクターストップを受け、約8ヵ月の休養期間を過ごしたかが屋・加賀翔。復帰後は、相方… 続きを読む ...

ぼる塾・酒寄希望 × かが屋・加賀翔 芸人を“休業”した2人の語り「人生を休む練習は、一生役立つから」

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っている、ぼる塾の酒寄希望。酒寄のnote連載では、“4人目のぼる塾”としての葛藤と、それでも変わらない4人の空気感をユニークな文章で伝えている。  2020年8月に体調不良でドクターストップを受け、約8ヵ月の休養期間を過ごしたかが屋・加賀翔。復帰後は、相方… 続きを読む ...

IPPON女子グランプリ「女性は大喜利が苦手なのか」 “実験台”に乗せられたのは誰か?

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(6月19~25日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。 松本人志「これちょっとまた、エラいことになりましたね」  ダウンタウンの松本人志が実験的な企画をお送りする『まっちゃんねる』(フジテレビ系)。これまで同番組は、Amazonプライム『ドキュメンタル』の女性タレント版「女子メ… 続きを読む ...

ZAZY、モグライダーともしげ…コンプラ時代に好かれる「性格悪い芸人」

 ギャンブルが好きで、遅刻ぐせがあり、多額の借金を抱えている「クズ芸人」たちが、バラエティー番組で人気を博していたと思いきや、次にブームが到来するのは「性格が悪い芸人」だという──。  6月7日に放送されたテレビ朝日系『ロンドンハーツ』では、「性格悪いけどおもしろい芸人GP」と題して、芸人仲間の間で「性格が悪い」と囁かれている芸人たちが集合。モグライダー・ともしげ、インディアン… 続きを読む ...

スーパー・ササダンゴ・マシン、プロレスにまだ「テレビ」が必要な理由

 K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ…etc.「流行る」カルチャーには理由がある!DDTプロレスリングのレスラー兼タレント兼新潟県の金型工場「坂井精機」代表取締社長のスーパー・ササダンゴ・マシンが、世の中の流行を眺めながらプロレスとDDTの未来を考える連載。 続きを読む

オズワルド伊藤、乃木坂46メンバーをアンチから守る! 歴代共演芸人たちの素晴らしき“乃木坂愛”

 乃木坂46の5期生メンバーたちが昭和・平成の名曲のカバーを披露する音楽バラエティー『新・乃木坂スター誕生!』(日本テレビ系。以下『スタ誕』)。5月30日の放送では、活動自粛により同番組に出演していなかった中西アルノ、岡本姫奈が初登場した。 昨日OAされた「新・ 続きを読む

『激レアさん』SMA芸人たちのジャイアントキリングと“芸人の墓場”の17年史

 2月28日放送『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)が取り上げたのは、“お笑い界をカオスにしている人”であった。ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)芸人部門を統括する部長・平井さんが登場したのだ。お笑いファンにはもはやおなじみ、伝説の人である。 今夜の… 続きを読む ...

ヒコロヒー、大ブレイクで“やさぐれ女芸人枠”に異変? モロに影響を受けるのは…

 ここ最近のお笑い界でブームになっているのが「クズ芸人」。M-1グランプリで優勝した錦鯉の長谷川雅紀や、キングオブコントを制した空気階段の鈴木もぐらを筆頭に、私生活がメチャクチャな芸人が脚光を浴びている。その流れで、やさぐれた生活を送る女性芸人にも注目が集まっているが、圧倒的な実力を持つ新星の登場で、場の雰囲気が一変。勢力図が確実に塗り替えられつつある。 「お笑い界では昔から破… 続きを読む ...