• Wed. May 25th, 2022

芸能ウラ情報

  • Home
  • ピース・綾部祐二、アメリカでの収入源は「吉本も把握」できず!?

ピース・綾部祐二、アメリカでの収入源は「吉本も把握」できず!?

 渡米5年目となるお笑いコンビ・ピースの綾部祐二が5月19日、YouTubeチャンネル「YUJI AYABE from AMERICA」を開設し、動画を初投稿した。これまで生活拠点としていたニューヨークを離れ、ハリウッドがあるロサンゼルスに移住したことを動画内で報告しているが、渡米後の数年間、ニューヨークでの仕事ぶりについては深く言及しないまま。実のところ、綾部の米国での収入源は、所属の吉本興業関係者さえ把握できていないというが……。  綾部は人気絶頂期だった2016年、突如「17年4月から生活拠点...

L’Arc-en-Ciel、東京ドーム公演の「座席レイアウト変更」が物議! 「お詫び」発表も返金求める声やまず

 5月21、22日に東京ドームで行われた、4人組ロックバンド・L’Arc-en-Ciel(以下、ラルク)の結成30周年記念ライブ『L'Arc-en-Ciel 30th L'Anniversary LIVE』。公演自体は無事に終わったものの、“座席のレイアウト変更”をめぐって、ファンから不満や疑問の声が噴出している。  今年で結成30周年を迎えるラルクは、記念ライブを東京ドームで2日間のみ開催。発表当初、座席は「W会員シート」「SS席」(どちらも2万2,000円、税込み/以下同)がともにアリーナ席、「...

小林麻耶改め「國光真耶」夫妻に新展開! YouTubeに突然“踊ってみた”動画公開のワケ

 フリーアナウンサー・小林麻耶が5月21日、ブログを更新。“國光真耶”に改名し、女優活動をスタートさせることを報告した。  麻耶は「本日より、國光真耶(くにみつ まや)として芸能活動をする運びとなりましたことをご報告させていただきます。再婚は、まだです」(原文ママ、以下同)と改名を発表。同時に、「2023年劇場公開予定のホラー映画『SPELL~呪われたら、終わり~』に出演が決まり本格的な銀幕デビューとなります」と明かした。  なお、同映画は歌手で俳優の寺西優真と、90歳の俳優・大村崑のダブル主演で、...

華原朋美の息子が二世俳優に!? 坂上忍の子役スクール入り懇願も、ネット不安視のワケ

 歌手の華原朋美が5月22日、インスタグラムを更新。同21日に東京・江東区文化センターで行われた単独コンサートで、2歳の息子がステージデビューしたことを報告した。 「2019年5月、妊娠6カ月であることに加え、お相手が外資系企業勤務の一般男性であることをファンクラブサイトで公表した華原は、独身のまま同8月までに第1子となる男児の出産。その後、昨年8月に、専属マネジャーでもある所属事務所の代表と結婚を発表しました」(芸能ライター)  今月21日に江東区主催のコンサート『華原朋美 Season 1』を開...

木下優樹菜、フジ『ヘキサゴン』の“ヤラセ解答”暴露! 里田まい、つるの剛士らにも飛び火

 元タレントの木下優樹菜が、YouTubeのインタビューチャンネル「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」に出演。おバカタレント時代の珍解答に関して、空気を呼んでわざと外していたことを告白した。 「2006年に渋谷でスカウトされた木下は、水着モデルなどを経て、07年から島田紳助が司会を務めるクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)に出演。同番組からは、紳助がプロデュースする木下、里田まい、スザンヌによるユニット・Paboや、つるの剛士、野久保直樹、上地雄輔のユニット・羞恥心が...

綾瀬はるか、月9『元彼の遺言状』3話連続“視聴率1ケタ”! 不評を買った“あの作品”と脚本家が同じ!?

 5月16日に放送された綾瀬はるか主演の“月9”ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)の第6話。世帯平均視聴率は、前回から0.6ポイントダウンの7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、3話連続で1ケタ台という状況になっている。  同作は、小説家・新川帆立氏による同題ミステリー(宝島社)の実写版。遺産相続問題を通じて知り合った主人公の弁護士・剣持麗子(綾瀬)と、作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉洋)がタッグを組み、事件を解決するという物語だ。 ※以下、第6話のネタバレを含みます。  第6話...

人気イケメン声優・江口拓也、「宵越しの銭は持たない」!? 業界内から「もう少し堅実になるべき」の声が上がるワケ

 人気イケメン声優・江口拓也が主演するテレビアニメ『SPY×FAMILY』(テレビ東京系)が声優ファンやアニメファンの間で人気を呼んでいる。  今年4月から放送を開始した同アニメは、遠藤達哉氏が2019年3月から漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の公式アプリ「少年ジャンプ+」で連載している人気作。超一流のスパイが任務遂行のために精神科医に扮し、人の心が読める超能力者の幼女と、市役所で働く殺し屋の女性公務員と疑似家族になり、互いに素性を隠したまま共同生活を送るというホームコメディで、コミックスの累計...

『笑点』には「生涯出ない」宣言の落語家・立川志らくが、代打出演! 「歴史的」「もう出ないで」と賛否

 5月15日に放送された国民的演芸番組『笑点』(日本テレビ系)。現在、レギュラー出演者で落語家の三遊亭円楽が休養中のため、今回は代打として落語家・立川志らくが出演し、ネット上で注目を集めた。  志らくは同番組の初代司会者である立川談志の直弟子ながら、2000年に出版された自身の著書『全身落語家読本』(新潮社)の中で、“落語のイメージを悪くしたのは『笑点』”だと主張。生涯に渡って『笑点』に出ないとも宣言していたため、放送前から一部ネット上で志らくの出演が話題になっていた。  そんな志らくは、今回の出演...

松本人志、上島竜兵さん死去に「BPOはどうお考えか」……『水ダウ』コンプラ抗議企画は反響も「自殺原因と重ねる」発言の問題点

 ダウンタウン・松本人志が、5月15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、同11日に死去したダチョウ倶楽部・上島竜兵さんを追悼。その際、放送倫理・番組向上機構(BPO)を名指しして、「どうお考えですか」と問いかける場面があり、ネット上で賛否両論を呼んだ。  上島さんは今月11日の午前0時頃、都内の自宅にて意識を失った状態で家族に発見され、病院に搬送。その後、死亡が確認され、自殺を図ったと伝えられている。生前の上島さんは、「絶対に押すなよ!」と周囲に注意した上で“熱湯風呂”に落とされたり...

いしだ壱成、俳優で再起誓うも「錯乱ツイート」連発……表舞台から姿消した“4年前の騒動”と共通点も

 5月20日配信のニュースサイト「東スポWeb」が、俳優・いしだ壱成のインタビューを掲載した。いしだは前日の19日、自身のTwitterでビルから飛び降りることを予告し、ネット上を騒然とさせていただけに、業界内からも心配の声が出ているようだ。  1990年代にヒットした“月9”ドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)シリーズなどに出演したいしだだが、近年、俳優として表舞台に立つ活動はゼロに等しい状況だ。私生活では、2018年に24歳年下の女優・飯村貴子と自身3度目の結婚に至り、2人の間に産まれた女児...