• Thu. Oct 28th, 2021

霜降り明星

  • Home
  • 霜降り明星、冠番組がまさかの“降格”…オーバーワークを心配する声も

霜降り明星、冠番組がまさかの“降格”…オーバーワークを心配する声も

 霜降り明星の冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)の放送枠が10月から“降格”することとなった。  現在、毎週火曜深夜0時15分からの30分番組とし放送している『霜降りバラエティー』。同枠では10月から爆笑問題と神田伯山が出演する『まさかのルールはなぜできた!? 作画プレゼン! 刺さルール』がスタートし、『霜降りバラエティ』は毎週土曜深夜3時からの枠に移動。さらに放送時間も… 続きを読む ...

吉本興行、ここにきて再び第7世代を猛プッシュ? 粗品の“3冠”は至上命題か

 今年もTBSで放送予定の『キングオブコント2021』。これが吉本興行にとって大きな転換期になる大会になるかもしれないという。 「今年のキングオブコントは霜降り明星が優勝すれば粗品さんがM-1、R-1に続いて3冠となります。マヂカルラブリーの野田クリスタルさんも同じく3冠となるので話題性はバツグン。今回から即席ユニットの参加もOKで、2014年優勝コンビのシソンヌと、同年準優勝… 続きを読む ...

ブームは過ぎ去っても…「第7世代」がお笑い界にもらたらしたポジティブな効用

 2019年ころから“ブーム”になったとされていた「お笑い第7世代」。しかし、いつしか“第7世代”という言葉を聞く機会も減ってきている。 「1年前くらいまでは“第7世代”という言葉を冠にした番組や企画も多かったんですが、いまはほとんどないですね。現状では第7世代の“ブーム”は収束したと言っていいでしょう」(バラエティー番組関係者)  とはいえ、“第7世代”と称され… 続きを読む ...

霜降り明星・粗品だけじゃない? 不適切の「さじ加減」がわからないタレントが急増する背景

 7月9日深夜に放送されたニッポン放送『霜降り明星のオールナイトニッポン』で、熱海の土石流災害に関する不適切発言をした、霜降り明星の粗品。番組プロデューサーが粗品に対し、厳重注意をしたことが明らかになった。  粗品は、番組共演者である静岡朝日テレビの宮崎玲衣アナが「雨女」だという話の中で、「熱海が終わった。宮崎アナのせいで」と発言。すぐに、相方のせいやが「熱海、心配なんですよね… 続きを読む ...

霜降り粗品「熱海の災害は女子アナのせい」失言も“特殊部隊”のおかげで炎上を回避か

 大炎上とならなかったのにはワケがあった?  お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、7月9日深夜に放送されたラジオ番組で放った一言が問題視されている。 「番組では共演する宮崎玲衣アナが“雨女”だという話題に。その流れから粗品は、大規模土石流の被害に見舞われた静岡県熱海市について『熱海が終わったもんな、雨で。いや、宮崎アナのせいで』と発言。その後、粗品は『現在も安否が不… 続きを読む ...