• Tue. Dec 6th, 2022

鬼越トマホーク

  • Home
  • アメトーーク「中学イケてない芸人」はもう時代に合わない?令和テレビの“イジり”の許容度

アメトーーク「中学イケてない芸人」はもう時代に合わない?令和テレビの“イジり”の許容度

 9月22日放送『アメトーーク!』(テレビ朝日系)が行ったのは、「中学イケてない芸人~シーズンⅡ~」。シーズンⅠが放送されたのは2008年で、あのとき出演したのは高橋茂雄(サバンナ)、博多大吉(博多華丸・大吉)、川島明(麒麟)などであった。たしかにこの頃は、『アメトーーク!』で活躍できるか否かが芸人にとっての正念場だった。事… 続きを読む ...

アメトーーク「中学イケてない芸人」はもう時代に合わない?令和テレビの“イジり”の許容度

 9月22日放送『アメトーーク!』(テレビ朝日系)が行ったのは、「中学イケてない芸人~シーズンⅡ~」。シーズンⅠが放送されたのは2008年で、あのとき出演したのは高橋茂雄(サバンナ)、博多大吉(博多華丸・大吉)、川島明(麒麟)などであった。たしかにこの頃は、『アメトーーク!』で活躍できるか否かが芸人にとっての正念場だった。事… 続きを読む ...

アントニー「月収123万円」暴露の裏側 “グレーな交友関係”はセーフなのか?

 お笑いコンビ・マテンロウのアントニーが8月28日、自身のYouTubeチャンネル『それいけ!アントニーチャンネル』に「【抜き打ち】給与明細公開」という動画を投稿し、2022年6月と7月の給料明細を公開した。 続きを読む

鬼越トマホーク、120分間の喜怒哀楽 ラジオで結婚報告した坂井の「不幸の上に成り立つハッピー」

 8月13日深夜に放送された『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)が、ラジオマニアの間で話題になっている。  8月8日~13日の期間、ニッポン放送はすべての番組をお笑い芸人が担当する「オールナイトニッポン お笑いラジオスターウィーク」を開催。その1週間の大トリは、“単発ANNの王”鬼越トマホークだった。最後の最後に核弾頭の2人を据える英断もさることながら、ニ… 続きを読む ...

霜降り明星・粗品はYouTubeで4000万稼ぐ!? “借金まみれ生活”も吉本の思惑通り説

 鬼越トマホークの公式YouTubeチャンネル「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」で8月6日、『【最新】この芸人YouTubeでこんなに稼いでる!~芸人YouTube推定収益ランキング~【鬼越トマホーク】』という動画が公開された。  YouTubeのチャンネル登録者数や再生回数などのデータから収益… 続きを読む ...

鬼越トマホーク、“ネクスト・サンドウィッチマン”の呼び声が高い納得の理由

 目下、バラエティー番組で引っ張りだこなのが、鬼越トマホーク。スキンヘッドの坂井良多と、色黒パーマの金ちゃんからなる強面お笑いコンビだ。2人がケンカをしているところを止めにきたタレントに暴言を吐く“ケンカ芸”が人気だが、それだけではとどまらない活躍ぶりである。  7月18日放送のTBS系『アイ・アム・冒険少年 3時間SP』では、島から自力で脱出する企画「脱出島」にコンビでチャレ… 続きを読む ...

6股疑惑のTBS小林廣輝アナ退社、遊びまくりの男性アナウンサー事情「100人抱いた」も

 TBSの小林廣輝アナ(28)が、7月下旬で同社を“卒業”することを発表した。昨年6月にテレビ朝日の斎藤ちはるアナ(25)との熱愛が報じられた小林アナだが、続けざまに複数の女性との関係が発覚。実に“6股”をかけていたとされ、“赤坂のドン・ファン”などと揶揄されることに。このスキャンダル後、『アッコにおまかせ!』などのレギュラー番組を降板していた。  いわば、自身の… 続きを読む ...

みなみかわ、ブレイク秒読み! “芸人トレンドセッター”鬼越トマホークのお墨付き

 お笑い界で注目を浴びているのが、松竹芸能に所属する芸人・通称“松竹芸人”たちだ。女性ピン芸人のヒコロヒーや、ロケの手腕が高く評価されているなすなかにしなど、目下ブレイク中の芸人が目白押し。さらに、さらば青春の光、Aマッソ、お見送り芸人しんいちなど、かつて松竹から他の事務所に移籍した“脱竹組”も絶好調である。  そして、次にブレイクが確実視されている松竹芸人が、ピン芸人・みなみ… 続きを読む ...

鬼越トマホークの“芸能人代役”プレゼンが盲点。黒柳徹子の後継はまさかのアノ女優?

 6月5日に放送された『週刊さんまとマツコ』(TBS系)が、攻めていた。芸能界の事情通・鬼越トマホークが独断と偏見で発表する「アノ芸能人の代役はコイツだ! 2022版」が行われたのだ。 /続きを読む

◎ヒコロヒー、○パンサー向井、△鬼越、☆さらば森田…バラエティー界で“ポスト有吉”探し

 平成後期から令和にかけて、バラエティー界を牽引しているのが有吉弘行だ。2007年頃からピン芸人としてブレイクし始め、2012年頃に冠番組が激増。その後、およそ10年にわたってバラエティー界のトップに君臨している。 「有吉さんは知名度も人気も衰えない。今後も売れ続けるでしょうが、そろそろ“ポスト有吉”がほしいという声も聞こえてきます」(制作会社スタッフ)  つまり… 続きを読む ...