• Tue. Oct 19th, 2021

4番

  • Home
  • 絶好調阪神の裏で「4番クビ」となった大山悠輔の心境は? OBからは「迫力がない」の烙印も

絶好調阪神の裏で「4番クビ」となった大山悠輔の心境は? OBからは「迫力がない」の烙印も

 勝ってるから、お祭り騒ぎしてはいいってものではないーー。  プロ野球阪神タイガースの4番打者・大山悠輔選手が、6月30日の東京ヤクルトスワローズ戦で打順を6番に降格となった。  チームは打線がつながり11安打5得点で今年8勝1敗1分けと相性の良さ如実に出たが、4番を外された大山はというと4打数無安打で試合を終えた。交流戦、リーグ戦が続く6月の打率は2割をどうにか… 続きを読む ...