• Thu. May 19th, 2022

M-1グランプリ

  • Home
  • お見送り芸人しんいち&ZAZY、“ガチ喧嘩芸”からのコンビ結成が早くも失敗フラグ!?「ネタやる前に飽きられる」

お見送り芸人しんいち&ZAZY、“ガチ喧嘩芸”からのコンビ結成が早くも失敗フラグ!?「ネタやる前に飽きられる」

 ひとり芸日本一決定戦『R-1グランプリ2022』(フジテレビ系)で優勝した、お見送り芸人しんいち。最近は、同大会準優勝のZAZYとセットで番組に出演し、“バトル”を繰り広げることが定番となっている。  R-1グランプリは、芸歴10年以内という出場資格があり、ZAZYは今年がラストイヤー。一方、しんいちはZAZYより芸人デビューは早いものの、活動休止期間があったため、それを差し… 続きを読む ...

「キングオブコント王者なのに売れない」ライス&かもめんたるがブレイク間近でお笑い賞レースの“序列”も変わる?

 現在全国ネットのお笑い賞レースの中で最高峰と位置づけられているのは、やはり『M-1グランプリ』(ABCテレビ)だろう。その一方で、コント日本一を決める『キングオブコント』はM-1に比べてやや“格下”と扱われることも多い。 「M-1は注目度も高いので、優勝者はまたたく間に売れていきますが、キングオブコントの優勝者はブレイクできないケースもあり、結果として“格下”と思われがちなん… 続きを読む ...

『M-1グランプリ』という巨大な“閉塞的ゲーム”と私たちの「語り」

 もはや年末の恒例行事として定着した『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)。2021年大会は今年50歳のボケ・長谷川雅紀と43歳のツッコミ・渡辺隆によるコンビ・錦鯉の優勝で幕を閉じた。遅咲きの苦労人である彼らの優勝は、感動的な「物語」として視聴者に強い印象を与えることになった。決勝戦のテレビ放送は世帯視聴率18.5%・個人視聴率12.6%と好記録を叩き出し、番組として例年通り成功を収めたと言え… 続きを読む ...

『M-1』芸人たちのアフター語録「ねぇ隆、ライフ・イズ・ビューティフルってどういう意味?」

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月19~25日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします ハライチ・岩井「35で青春してんなと思ったんですけど、50で青春してる人がいた」  19日の『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)は、錦鯉の優勝で幕を閉じた。  50歳の長谷川雅紀と43歳の渡辺隆。「人生… 続きを読む ...

オズワルド伊藤のツッコミ技術の真髄を見た!元芸人が「M-1 2021」全ネタレビュー

 12月も半ばを過ぎると世間はクリスマス一色となり、街は大忙しとなる。しかしそんなムードとは一線を画す、肌寒い季節に熱い戦いが繰り広げられる場所がある。それはM-1グランプリだ!  毎年恒例となったお笑い界最大のスター発掘イベント「M-1グランプリ2021」が開催されたが、今大会は例年とは違う様相を呈していた。  決勝に選ばれたコンビは全部で9組、その中の5組が決… 続きを読む ...

M-1決勝初進出・ももに「ルッキズム」批判の声 ネタは進化、準決勝審査員の責任も?

 錦鯉の優勝で幕を閉じた『M-1グランプリ2021』(TBS系)。毎年、審査結果についてさまざまな議論が起きる『M-1』だが、決勝初出場となった「もも」のネタについて批判的な声も上がっている。  強面のまもる。と、いわゆる“オタクっぽい”外見のせめる。が、それぞれの見た目をイジりながら「〇〇顔やろ」と言い合う、ももの漫才。“反社”っぽいまもる。を「シャッターに落書き顔やろ!」と… 続きを読む ...

『M-1』の“熱狂”にライブシーンの芸人が抱く違和感

史上最年長のチャンピオンが誕生し、『M-1グランプリ 2021』が幕を閉じた。予選期間からの『M-1』の熱狂は年々加速し続けている。フリーの芸人として日々舞台で漫才をしているエル・カブキのエル上田は、その熱狂にある違和感を抱いているという。揺れる思いを抱えて見届けた今年の『M-1』から感じたものとは――。 「漫才」が「スポーツ」になった瞬間… 続きを読む ...

『M-1』錦鯉、マヂラブ…2年連続で“関東芸人”が優勝! 東京移籍で売れる芸人も

 錦鯉の優勝で幕を閉じた『M−1グランプリ2021』。昨年のマヂカルラブリーに続いて、2年連続で“関東勢”が漫才日本一に輝いたことになる。  大阪のABC制作だということもあり、関西勢が有利だとされていたM-1だが、ここ最近は関西勢の弱体化が囁かれている。かつては、決勝進出メンバーの多くが大阪吉本所属ということもあったが、今年はロングコートダディ、ももの2組だけ。昨年の決勝戦も… 続きを読む ...

ニューヨーク、松本人志に雪辱なるか?『M-1』2021敗者復活も超実力派ばかりに

 開催が目前に迫った、漫才の頂上決戦『M-1グランプリ2021』(ABC・テレビ朝日系)の決勝。今回は、オズワルドとインディアンスが3年連続、錦鯉が2年連続で勝ち上がり、ゆにばーすが3年ぶり3度目のファイナル進出。真空ジェシカ、モグライダー、ロングコートダディ、もも、ランジャタイが初めて大舞台に立つ。  12月2日のファイナリスト発表を受けて、審査員・松本人志(ダウンタウン)は… 続きを読む ...

No.1は令和ロマン! 元芸人が準々決勝で敗退した全ネタにひとことレビュー

 12月2日無料動画GYAO!で「M-1グランプリ2021」ファイナリスト発表記者会見が行われ、出場者過去最多6017組の中から勝ち上がった9組が発表された。今回は初出場の芸人が多く、新たなスターの誕生か? それとも常連組が初優勝するのか? もしくは敗者復活で上がってきた芸人が優勝をかっさらうのか? 果たしてどうなるのか、毎年起こる感動のミラクルを今年も期待してしまう。  もち… 続きを読む ...