• Mon. Aug 15th, 2022

NHK紅白歌合戦

  • Home
  • 中森明菜と中島みゆきが今年の『紅白』目玉? NHKが発動した“ミドル計画”とは

中森明菜と中島みゆきが今年の『紅白』目玉? NHKが発動した“ミドル計画”とは

 今年が正念場と叫ばれる『NHK紅白歌合戦』。水面下では早くも目玉探しが始まっているようだ。 「ガ―シー氏の当選にも現れているように、NHKの受信料システムに疑問を持つ人たちがますます増えているんです。そんな状況下で受信料を徴収し、国から予算を回してもらうには、これまで以上に“国民に支持されている番組を作っている”という大義名分が必要となっている。これまでは番組会議でも視聴率が… 続きを読む ...

「BTSサヨナラ特集」で復活もくろむ? NHK『紅白』の作戦と打ち切り騒動の行方

 韓国の7人組グループ・BTSが今後、メンバー全員でソロ活動を本格化させると発表した件は、世界中に激震を走らせた。 「世界的に活躍するBTSメンバーの兵役を免除するべきかどうか、韓国国内でも賛否両論の意見が飛び交っている。ただ、BTSが所属する最大手事務所のHYBEは上場企業ということもあり、兵役免除でバッシングを受けて株価が下落することも恐れているようです。そこで、ひとまずは… 続きを読む ...

吉田拓郎に加山雄三…中島みゆきも? 昭和のカリスマ続々「引退」で『紅白』も正念場か

 早いもので2022年も残すところ半年を切ったが、シンガーソングライターの吉田拓郎が7月21日放送の『LOVE LOVE あいしてる 最終回』(フジテレビ系)を最後のテレビ出演とし、今年いっぱいで音楽活動を終了することを宣言。加山雄三も年内いっぱいでコンサート活動に終止符を打つ意思を明かすなど、大物アーティストの引退劇が注目を集めている。 「他にも橋幸夫さんは80歳の誕生日とな… 続きを読む ...

活動休止の可能性も? 乃木坂46山下美月の朝ドラ抜擢でNHK紅白が“複雑な状況”になるかも

 4月12日、乃木坂46の山下美月が2022年後期のNHK連続テレビ小説『舞い上がれ!』に出演することが公表された。 「朝ドラ出演は、坂道グループの現役メンバーとしては初の快挙。アイドル界全体で見ても、現役でグループに所属しながら朝ドラに出るのはかなりめずらしく、近年ではももいろクローバーZの百田夏菜子ぐらい。しかも、山下はヒロインの親友役というメインキャストだ。 続きを読む

山下智久&新しい地図はもう『紅白』内定ゲット? NHKが急ピッチで調整する裏事情

 山下智久が主演を務めるNHKドラマ『正直不動産』。山下にとって、ジャニーズ事務所を独立後初となる地上波連続ドラマはそれだけでも話題になったが、出演者の木下ほうかが性加害報道で芸能活動を無期限休止することになり、その出演場面を急きょ全カットで放送するというトラブルもあった。 「山下は3年ぶりの地上波ドラマ出演となりましたが、相変わらず演技も安定していて高評価を得ています。木下を… 続きを読む ...

紅白歌合戦「歌手別視聴率トップ10」で露呈した制作サイドの大誤算

 NHKの前田晃伸会長が13日、東京・渋谷の同局で定例会見を行った。  2部制に移行してから最低となる平均世帯視聴率34.3%(第2部、ビデオリサーチ調べ、関東地区)でワースト視聴率を更新した昨年大みそかの『第72回NHK紅白歌合戦』について見解を示したことを、各スポーツ紙などが報じている。  各紙によると、前田会長は視聴率について「確かに最低」としながら、「ただ… 続きを読む ...

紅白歌合戦が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…『笑ってはいけない』復活が決定打に!?

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』に視聴率を脅かされてきた『NHK紅白歌合戦』。昨年はその「絶対に笑ってはいけないシリーズ」が休止になったことで、『紅白』の一人勝ちになるのでは、と言われていたが、蓋を開けてみれば、平均世帯視聴率34.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と歴代最低を記録した。 「NHKは、若年層からの受信料獲得のため、… 続きを読む ...

『紅白歌合戦』“過去最低”を記録も…NHKを襲った「世帯視聴率以上の衝撃」とは

 既報の通り、昨年大みそかに放送された『第72回NHK紅白歌合戦』は、午後9時からの第2部の世帯視聴率の平均が34.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最低を記録した。  『紅白』については、毎年強敵な裏番組となっていた日本テレビの『絶対に笑ってはいけない』シリーズが放送を休止したこともあり、例年以上の高視聴率を期待する声もあったが、結果的に第2部の視聴率は前年より6ポイ… 続きを読む ...

『紅白』で露呈した“若者向け”の無意味さ コア視聴率は大物リストラの口実か

 2021年の大晦日に放送された『第72回NHK紅白歌合戦』は、平均世帯視聴率が第1部31.5%、第2部34.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)で、2部制となった1989年以降、第2部の視聴率は過去最低となった。  個人視聴率は第1部が23.4%(前年25.0%)、第2部が24.8%(前年は29.6%)と、いずれも昨年を下回る結果に。そもそもテレビを見る人が減っている… 続きを読む ...

紅白歌合戦司会陣奮闘も…ワースト視聴率更新でついに打ち切り話に現実味

 2021年大晦日に中継された『第72回NHK紅白歌合戦』の平均世帯視聴率が2日に発表され、前半(午後7時半から8時55分)が31.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、後半(午後9時から11時45分)が34.3%(同)を記録。いずれも昨年の前半34.2%、後半40.3%から大きく数字を落とし、さらに、2部制となった1989年以降、ワーストだった2019年の37.3%(第2部)を下回… 続きを読む ...