• Wed. Jul 6th, 2022

R-1ぐらんぷり

  • Home
  • お見送り芸人しんいち&ZAZY、“ガチ喧嘩芸”からのコンビ結成が早くも失敗フラグ!?「ネタやる前に飽きられる」

お見送り芸人しんいち&ZAZY、“ガチ喧嘩芸”からのコンビ結成が早くも失敗フラグ!?「ネタやる前に飽きられる」

 ひとり芸日本一決定戦『R-1グランプリ2022』(フジテレビ系)で優勝した、お見送り芸人しんいち。最近は、同大会準優勝のZAZYとセットで番組に出演し、“バトル”を繰り広げることが定番となっている。  R-1グランプリは、芸歴10年以内という出場資格があり、ZAZYは今年がラストイヤー。一方、しんいちはZAZYより芸人デビューは早いものの、活動休止期間があったため、それを差し… 続きを読む ...

ZAZYが辿り着いたフリップ最終形態「PCでも紙芝居」に培ってきた自信と誇りを感じた

 今回のコラムは先日行われたピン芸で誰が一番面白いかを決める大会「R-1グランプリ2022」についてネタレビューをしようと思っている。  僕の場合、賞レースのレビューを書くときには出場者の情報をあまり入れずにレビューを書くことを心掛けている。その方が純粋にネタだけを見てレビューが書けると思っているからだ。  だが一方で、最低限の情報として名前や経歴などはある程度調… 続きを読む ...

R-1元王者が苦悩告白「優勝しても売れない」のは自分のせい…心無い言葉に荒み転落

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またローカル番組らしい味わいがクセになる、関西制作のテレビ番組に注目する連載「関西バラエティ番組事件簿」。  今回は、3月6日放送『お笑いワイドショー マルコポロリ!』(カンテレ)で特集された「王者が集合!R-1グランプリ直前SP」について取り上げる。 『R-1』新チャンピオン誕生、その陰で転落した1… 続きを読む ...

馬鹿よ貴方は新道竜巳がR-1グランプリ2022決勝戦ほめ殺し!

 今年もR-1グランプリ2022が3月6日にカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送された。参加者も昨年を超え3199人の参加の中8人が決勝に進出しました。  司会はM-1グランプリ2018のチャンピオンそしてR-1グランプリのファイナリスト&チャンピオンの経歴を持つコンビ、文句なしの存在、霜降り明星!  そして芸人からもリスペクトの熱い審査員5名の紹介です。… 続きを読む

バカリズムが因縁深き『R-1グランプリ』で初審査員を務める意味

 ひとり芸日本一を決める『R-1グランプリ2022』決勝戦で、ピン芸人のバカリズムが審査員を務めることが発表された。バカリズムが同大会で審査員を務めるのは初となる。そのほか、陣内智則、小籔千豊、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、ハリウッドザコシショウが審査員に選出されている。 続きを読む

『R−1グランプリ』グダグダでテコ入れ必須? “純粋”ピン芸人大会化の弊害

“ひとり芸”日本一を決める『R-1グランプリ2022』の決勝戦(関西テレビ・フジテレビ系、3月6日放送)に進んだファイナリストが、2月13日に発表された。昨年は敗者復活を含めて10人で争われた決勝戦だったが、今年は2人減り8人で戦うこととなる。  今回発表されたファイナリストは、kento fukaya、サツマカワRPG、金の国・渡部おにぎり、ZAZY、吉住、お見送り芸人しんい… 続きを読む ...

『R-1グランプリ』会見がグダグダすぎ! 今年の放送が「キビしい」これだけの理由

「とにかく面白いピン芸人」を決める大会として開催される『R-1グランプリ』。2月13日には準決勝が東京・有楽町朝日ホールで開催され、kento fukaya、サツマカワRPG、金の国・渡部おにぎり、ZAZY、吉住、お見送り芸人しんいち、寺田寛明の7人が、決勝進出を決めた。 「毎年審査が厳しいことで知られている『R-1』ですが、今年もヒコロヒーや森本サイダー、コウテイの下田などす… 続きを読む ...

R-1は「決勝に出ても売れない大会」ピン芸人は『M-1』や『おもしろ荘』を目指す

「M-1グランプリ 2021」が、錦鯉の優勝で幕を閉じた昨年12月、次の賞レースの1回戦がひっそりと始まっていた。 『R-1グランプリ2022』、ピン芸ナンバーワンを決める大会だ。  R-1は21年大会からリニューアル。芸歴を10年以内に制限して若手発掘の大会へと方向転換した。  その結果21年の決勝進出者はZAZY、土屋、森本サイダー、吉住、寺田寛… 続きを読む ...