• Wed. May 25th, 2022

SNS

  • Home
  • 16年ぶり、令和に復活『真剣10代しゃべり場』 SNS世代のメンバーから消えた“バチバチ感”

16年ぶり、令和に復活『真剣10代しゃべり場』 SNS世代のメンバーから消えた“バチバチ感”

 10代が集い、トークバトルを繰り広げた名番組『真剣10代しゃべり場』(Eテレ)が16年ぶりに復活、『真剣10代しゃべり場リターンズ!!』(NHK)として5月6日に放送された。  いろいろと懐かしい。『ポップジャム』、『爆笑オンエアバトル』、そして『しゃべり場』と、この頃、土曜夜のNHKははっきりと若者向けの仕様だった。「しゃべり場」という響き… 続きを読む ...

華原朋美2歳長男のワンピ&ツインテ姿に“心配”の声が続出する、過去のある発言

 “ともちゃん”こと華原朋美がSNSにアップする息子の姿が、ネットで話題になっている。  華原は先日、Instagramで、自身の息子が元気よく「ヤッホー!」と手を振る動画をアップし、「1人で生んで育った息子はこんなに大きくなりました。こんなに大きくなりました。母親としてこれからも可愛い息子を精一杯の愛情を持って元気いっぱいに育てていきます」(一部抜粋、以下参照)とコメント。続きを読む

『キングオブコント』でニューヨーク屋敷も被害に? SNSのDMで繰り広げられる、表に出ない“誹謗中傷”騒動

 10月2日に放送された『キングオブコント2021』(TBS系)で、決勝進出10組中10位という悔しい結果となってしまったお笑いコンビ・ニューヨーク。10月10日に公式YouTubeチャンネルで配信された『ニューヨークのニューラジオ』では、ツッコミ担当の屋敷裕政が審査員の松本人志に噛み付いたことに対して、ネットユーザーから苦情が入ったことを明かした。  トップバッターの蛙亭から… 続きを読む ...

『バッド・インフルエンサー』SNSと“虚言癖”の相乗効果で成功した女性と、メディアの大問題

   8月19日にNHK BS1で放送された『バッド・インフルエンサー インスタ詐欺の顛末』が、衝撃的な内容であった。  若くして癌を患い、脳腫瘍と診断されたベル・ギブソン。彼女は末期がん患者でありながら、自ら考案した野菜中心の食生活や運動による代替療法によって余命を遥かに超えて生き長らえた。その体験談はInstagramで絶大な支持を獲得し、著書の出版やアプリの… 続きを読む ...

インスタグラムで1億件投稿されている「#fff」ってどういう意味? 知らない人は“おじさん”扱い?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 インスタグラムやツイッターで、「#fff」というハッシュタグを見かけたことはないだろうか。実際にインスタ上で「#fff」を検索すると、… 続きを読む ...

仲間内からの悪意の通報か? 静止画から動画へ変化する「バイトテロ」の事情とは

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 飲食店やコンビニのアルバイトがふざけて不衛生で悪質なイタズラを行い、その様子をSNSに投稿して炎上する「バイトテロ」。2013年頃にも… 続きを読む ...

小川彩佳アナ離婚批判報道に垣間見られる「わきまえない女が許せない人」たちの存在

 フリーアナウンサーの小川彩佳さんが、6月2日に離婚が決定的だという報道に対して「事実誤認があります」と反論した件に関して、一部から「報道のプロとしていただけない」といった 批判が寄せられている。これまでもSNSを通して個人からの誹謗中傷は散見されていたが、ネットメディア記事にて批判が掲載されている事態だ。  本来であれば、そのよっぽど特殊な例を除いて不倫された側が批判されるこ… 続きを読む ...