• Fri. Sep 17th, 2021

熊田曜子、『関西コレクション』の取材対応めぐり報道陣からブーイング!「囲み取材なんか受けなければいいのに」と不満が漏れたワケ

 離婚騒動中のタレント・熊田曜子が、9月5日に京セラドーム大阪で開催されたファッションイベント『関西コレクション2021 AUTUMN&WINTER』(以下、関コレ)に登場。公の場に現れるのは久しぶりとなったが、マスコミ関係者によると「囲み取材を行いながらも“NG質問”を設定し、報道陣からブーイングが起きていた」という。

「2012年に一般男性と結婚し、近年は“ママタレント”としてメディア出演していた熊田ですが、今年5月21日にニュースサイト『文春オンライン』で、夫の逮捕が報じられました。夫婦で口論になった際、夫から暴力を受けたとして熊田自ら通報したといい、ネット上には当初、彼女に対する心配や同情の声が続出。同31日に熊田は事務所を通して『夫と離婚することを決意し弁護士さんに離婚手続きを委任することとなりました』と発表しましたが、同日、ニュースサイト『スマートフラッシュ』で熊田の“不倫疑惑”が伝えられたことを機に、風向きが一変しました」(芸能ライター)

 その後、6月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、夫本人が“妻の不倫の証拠”として、熊田と不倫相手のものとみられる体液が検出されたという“大人のおもちゃ”の存在を暴露し、騒動は泥沼化。一転して、熊田には世間からバッシングが相次いだが、不倫疑惑にはいまだノーコメントを貫いている。

「そんな中、熊田は8月6日に自身のインスタグラムを更新し、『関コレ』への出演を予告。当日はランウェイで水着姿を披露し、“3児の母とは思えないスタイル”などとメディアに取り上げられました。しかし、現場で取材した記者たちの間では、不満が噴出していたそうです」(テレビ局関係者)

 熊田はランウェイを歩いたほか、取材陣のインタビューにも応じており、「子どもたちの協力を得ながらダイエットをしていた」と話していたようだが……。

「熊田サイドは、『関コレ』当日に囲み取材を受けるとしながら、夫や離婚についての質問は“NG”にしていたそう。そもそも、熊田の所属事務所は、以前からテレビ局や新聞各社に対し『夫については触れてもいいが、熊田の不倫疑惑については基本的に報道NG』と通達していたため、今回の質問NGは想定の範囲内といえますが、記者たちからは『それなら囲み取材なんか受けなければいいのに』と苦言が漏れたとか。ただ、このままいくと熊田は離婚が予想される上、一連の騒動でイメージは下げ止まり状態。不倫疑惑報道以降、表立った活躍もなかっただけに、芸能活動再開のためにも報道陣からの取材に応じ、メディアに取り上げられやすい状況を作ったのではないかとみられます。実際、熊田も明言は避けつつ、夫婦の近況について『今はお互いが弁護士さんを通して、話し合ってる状態』と語るなど、記事になりそうなコメントをしていましたから」(同)

 芸能活動に向けて地ならしをしているようだが、一方で、夫が週刊誌上に“爆弾”を投下する可能性も否定できないだけに、熊田はしばらくおとなしくしていたほうがいいかもしれない。