• Mon. Mar 27th, 2023

『滝沢歌舞伎』で異例の宣言! チケット当日手渡しで、ジャニーズが“本気”の転売対策

ByAdmin

Feb 12, 2023 ,

 Snow Manが主演を務め、東京・新橋演舞場にて4月8~30日まで上演される舞台『滝沢歌舞伎ZERO FINAL』。2月8日に製作発表が行われ、翌9日にはファンクラブ会員を対象としたチケットの申し込み受付がスタートした。会員向けに届いた案内により、一部のチケットはファミリークラブ(ファンクラブ組織)の受付窓口にて「当日渡し」になることが判明し、ネット上のファンが騒然としている。

 同作のもとになっているのは、ジャニーズ事務所に所属していた滝沢秀明氏がかつて座長として舞台を牽引した『滝沢演舞城』(2006年~)や『滝沢歌舞伎』(10年~)。滝沢氏の芸能界引退後の19年には『滝沢歌舞伎ZERO』に生まれ変わり、Snow Manが主演を引き継いだ。

 しかし、滝沢氏が昨年10月31日をもってジャニーズ事務所を去った影響もあり、今回は「FINAL(ファイナル)」と銘打ち、“集大成”を見せるという。より多くのファンに届けるため、4月19~30日は、新橋演舞場と全国の映画館をつなぎ、ライブビューイングも開催するそうだ。

「そんな中、2月9日よりSnow Manのファンクラブ、ジャニーズジュニア情報局(Jr.のファンクラブ)会員のチケット申し込みが始まりました。当選者へのチケットは簡易書留で届くといいますが、案内ページの注意事項に『一部のお客様のチケットを、会場の「ファミリークラブ受付窓口」にて当日渡しとさせていただきます』(原文ママ、以下同)との記載があるんです。該当会員には事前にメールかショートメッセージで連絡し、チケットを直接受け取る場合は公的な証明書を提示しなければならないとか。本人の確認が取れなかった時の返金やキャンセルはできないとアナウンスしています」(ジャニーズに詳しい記者)

 以前からチケットの不正転売を問題視し、デジタルチケットの導入や本人確認の実施など、さまざまな対策を講じてきたジャニーズ事務所。特に舞台の現場は厳しく、2019年~20年にKing&Prince・平野紫耀、永瀬廉、高橋海人がメイン出演した舞台『JOHNNYS’ ISLAND』でも、入場時にかつてないほど厳格な本人確認が行われ、話題になった。

 また、ネット上のジャニーズファンの書き込みによれば、過去の舞台公演でも何らかの事情で一部のチケットを“手渡し”する例があったという。近年だとTravis Japanが主演し、『滝沢歌舞伎』と同じく松竹株式会社が主催の舞台『虎者 NINJAPAN 2021』において、本人確認後にチケットを手渡ししていたとか。ただ、今回の『滝沢歌舞伎ZERO FINAL』のように、申し込みの段階で大々的に宣言することは異例のことだろう。

 そのため、ファンたちは「チケットが当日手渡しってマジ!?」「どういう基準で決まるんだろう? ランダムなのかな?」「少しでも転売チケットを減らす目的?」と衝撃を受けている。

 とはいえ今回の試みには、「申し込み前に言えば、少なからず転売の予防になるのでは? 一部と言わずに、すべての人に本人確認をして手渡しにしてほしい」「“転売ヤー”の抑制になるといいな」「転売対策を頑張ろうとしてる。事務所の好感度が上がった」と賛同する声も少なくない。

 なお、『滝沢歌舞伎ZERO FINAL』のチケットは例年通り、「松竹歌舞伎会」での先行販売も実施する。これは、年会費3,300円(税込)で、歌舞伎座、新橋演舞場、大阪松竹座・南座で行われる公演チケットの先行販売を利用できるサービスだ。ジャニーズサイドだけでなく、ここ最近は松竹歌舞伎会もチケットの不正転売について、警鐘を鳴らしている。

 一方、今年1月30日に警視庁が発表したところによると、松竹の会員サイトを通じてチケットを購入した無職の女性が、「歌舞伎や演劇のチケット」を不正に転売。チケット不正転売禁止法違反の疑いで逮捕されたという。

 また、2月9日にニュースサイト・FNNプライムオンラインが配信した記事によると、「ジャニーズアイドルが出演する舞台のチケットを正規価格の7倍以上で不正に転売したとして、男女4人が逮捕」されたとのこと。昨年4月、『滝沢歌舞伎ZERO 2022』のチケット1枚7,000円を、東京都の女性に5万円で不正に転売した疑いなどが持たれているそうだ。

 さらに、「警察は認否を明らかにしていませんが、人気アイドル出演の舞台チケットなどを転売する手口で、2019年以降7,000万円ほどを売り上げていたとみて調べています」とも伝えていた。

「報道を受け、松竹サイドは2月10日に『弊社公演チケットの「チケット不正転売禁止法違反」による新たな逮捕事案について』と題した声明文をアップ。『弊社公演チケットの不正転売を行った容疑での被疑者の逮捕は、先月の警視庁による逮捕に続き二度目の事案となります』と前置きし、あらためて転売を目的とするチケットの購入は禁じていると警告。『転売目的での購入が疑われる購入は随時モニタリング』を行うといい、『個別の対応も含め今後も継続して対策に取り組み、厳正な姿勢で警察の捜査にも全面的に協力して参ります』と明言していました」(同)

 今年で最後の上演となる『滝沢歌舞伎』。例年より公演数が少ないことからも、相当なプラチナチケットとなることが予想される。ジャニーズ、松竹による“本気”の対応は、チケットの転売事情にどう影響するのだろうか?

サイゾーウーマン ジャニーズ情報専用Twitterアカウント「J担しぃちゃん」オープン