• Sun. Oct 2nd, 2022

インタビュー

  • Home
  • 【眼科医が選んだ】市販目薬ベスト5!「充血スッキリ」「視界クリア」おすすめランキング&選び方

【眼科医が選んだ】市販目薬ベスト5!「充血スッキリ」「視界クリア」おすすめランキング&選び方

 コンサート参戦時や舞台観劇の際に欠かせないアイテムの一つである「目薬」。クリアな瞳で“推し”の姿を見るため、必ずカバンの中に忍ばせているという人は多いのでは? ドラッグストアには、「充血」「目の疲れ」「目のかすみ」などの症状に合わせて、さまざまな目薬が並んでいるが、高い効果を期待できるのは、いったいどの商品なのだろうか。  そこで、サイゾーウーマンでは、アイケアクリニック院長・佐藤香先生にインタビューを実施。目薬選びのポイントや注意点、おすすめの市販薬について解説いただいた。 目薬を選ぶ際は、「防...

『チェリまほ』は1周回ってプロレスだった──スーパー・ササダンゴ・マシンとBLの邂逅

 K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ…etc.「流行る」カルチャーには理由がある!DDTプロレスリングのレスラー兼タレント兼新潟県の金型工場「坂井精機」代表取締社長のスーパー・ササダンゴ・マシンが、世の中の流行を眺めながらプロレスとDDTの未来を考える連載。 第1巻はコチラ↓ … 続きを読む ...

不登校YouTuber・ゆたぼんはなぜ炎上するのか? ホリエモンとの違いを臨床心理士が解説

 現在、専用車「ゆたぼんスタディ号」で日本一周のプロジェクトを実行中の“少年革命家”こと不登校YouTuber・ゆたぼん。昨年12月、「不登校の子やその親御さんたちと直接会ったり、いろんな人たちと会って学びながら、多くの人たちに元気と勇気を与えたい」という思いから、このプロジェクトのクラウドファンディングを実施し、見事、資金調達に成功。今年6月末に東京を旅立ち、ブログやSNS、YouTubeチャンネルを通して、旅の様子を発信している。  しかし、当初の目的である不登校児との交流する様子はほとんど公開...

特攻の拓、東リベ……「少年マガジン」が築いたマンガ編集の秘話

「月刊少年マガジン」編集部で『鉄拳チンミ』や『名門!多古西応援団』を、「週刊少年マガジン」編集部で『名門!第三野球部』や『風のシルフィード』を手がけた講談社の編集者・石井徹氏が、マガジン流のマンガづくりのノウハウを余すところなく記した『「少年マガジン」編集部で伝説のマンガ最強の教科書 感情を揺さぶる表現は、こう描け!』(幻冬舎)を刊行した。80年代から90年代にかけてマガジンが確立し、199… 続きを読む ...

就職希望の学生は破門も……迫る「音大崩壊」の内情と解決法

 音楽大学の学生数は1990年に22053人だったが、2020年には15592人に減少(学校基本調査)。とかく「少子化だから仕方ない」と思われがちだが、実はこの間、大学進学率は39.9%から54.8%に上昇し、特に女子大学生は実数にして99万人から129万人へと3割も増えている。その中でとりわけこの20年、音楽関係学科の女子の学生数減少は顕著で、7988人減、なんと4割も減っているのだ(なお… 続きを読む ...

ハチミツ二郎、現役の“劇場トリ芸人”は「伝説の1日」をどう見たか?

 多くの芸人からリスペクトを集める東京ダイナマイト・ハチミツ二郎が、自らの手でその芸人人生を書き綴った自伝『マイ・ウェイ』が刊行された。プライベートも含めて赤裸々に記した同書の中では、所属事務所を転々としてきた芸歴についても振り返っている。自前の芸能事務所から始まり、劇場のトリをつとめる漫才師になるまでの、大いなる艱難辛苦があった。東京NSC1期の同期であり、デビュー当時からハチミツ二郎を知… 続きを読む ...

水野敬也『夢をかなえるゾウ』最新作の主人公は夢がない!

「自己啓発エンタメ小説の金字塔!」と銘打たれたシリーズ累計460万部の『夢をかなえるゾウ』(文響社)。関西弁のガネーシャが夢に悩める主人公に対してギャグを言ってはスベり倒し、しょうもないことで怒り散らかし、振り回しながらも、数々の成功者を導いてきたという「教え」を説く。そして、主人公は半信半疑ながらもそれを実行していくことで、夢に向かって一歩ずつ進んでいく、という物語だ。  … 続きを読む ...

イジリー岡田、『ギルガメ』終了で”エロ”封印から役者としても開眼

――イジリーさんと言えば、「ベロを使った芸風」「アイドル番組の司会者」「モノマネ芸人」「役者」など色んな顔を持っています。そもそもお笑いに目覚めたきっかけは? イジリー岡田(以下、イジリー):中高生の頃は『欽ドン!』(フジテレビ系)、『欽ちゃんのどこまでやるの!』(テレビ朝日系)、『欽ちゃんの週刊欽曜日』(TBS系)などの、萩本欽一さんが「視聴… 続きを読む ...

元NMB48 木下百花 × プロレスラー 坂口征夫──それぞれのタトゥーとアイデンティティ

 医師免許なく客にタトゥーを施したとして、医師法違反の罪に問われた彫師の裁判は、2020年9月最高裁によって無罪が確定した。  草野裁判長は、判決の補足意見として「タトゥーを身体に施すことは、古来我が国の習俗として行われてきたことである。(中略)タトゥーに美術的価値や一定の信条ないし情念を象徴する意義を認める者もおり、さらに昨今では、海外のスポーツ選手等の中にタトゥーを好む者が… 続きを読む ...

テレ朝『グッド!モーニング』で「子連れ専用車両」が議論に――子育てネットNPO理事は「基本的に反対」?

 8月17日に放送された朝の情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)にて、「お子さま連れ専用車両」が特集され、ネット上で議論を呼んでいる。  JR東海は、東海道新幹線「のぞみ号」の一部に、小さい子どもを連れて旅行に出かけたり、帰省したりする利用者のために「お子さま連れ専用車両」を設置。夏休み中の期間限定だといい、番組内では「利用者の要望に応える形で運行」と紹介されていた。  今回の『グッド!モーニング』も報じた通り、実は2019年から、都営地下鉄・大江戸線は一部車両に「子育て応援スペース」を設...