• Wed. Jul 6th, 2022

コラム

  • Home
  • 新世代フィメールラッパー・7、苦しい環境へ怒りをぶちまけながらも楽園へ誘う

新世代フィメールラッパー・7、苦しい環境へ怒りをぶちまけながらも楽園へ誘う

 新たな才能だ。  和歌山出身のラッパー・7(ナナ)のデビューEP『7-11』が、SNSの片隅で局地的に支持を得ている。そのリリックとラップに宿る突然変異のオリジナリティは、私たちが世の中に対しうっすらと感じながらも具現化しきれていなかった感情を形にしている。  以前から〈BOyLE〉というMC名で活動していた7は、昨年末に「SEX」や「マリファナ」といった身も蓋… 続きを読む ...

デパート店員の強気接客に萎縮も……“品番”ゲットで、4,000円以上お得に!?

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。   新婚夫婦のあ・た・し! 結婚してからも週末は夫婦でデートを楽しんでいます。昨日も映画館を見に、高速に乗って1時間ほどの街へと出かけました。街に着くと、お気に入りのカフェで食事して、ぷらぷらと服を見て、映画を見るというのが我が家のデートコースとなっています。  その日も、ランチをした後、ぷらぷら~っとデパートの中を見ていると、「んむ!?!?!?」と思う商品に出会いました。...

母の年金を使い込んでいた兄! 消費者金融の返済で介護サービスへの支払いがピンチ……

“「ヨロヨロ」と生き、「ドタリ」と倒れ、誰かの世話になって生き続ける” ――『百まで生きる覚悟』春日キスヨ(光文社)  そんな「ヨロヨロ・ドタリ」期を迎えた老親と、家族はどう向き合っていくのか考えるシリーズ。  庄司美智代さん(仮名・51)はバツイチで一人暮らしだ。実家には認知症の母親(80)と仕事をしない兄(53)が二人で暮らしている。兄は、母親の認知症が進んでも介護サービスを利用することに反対し、庄司さんは頭を悩ませていた。 ▼前回はこちら 母の通帳から引き出されていた大金  兄には内緒で、母...

安住紳一郎「家庭を持ちたい」石田ゆり子が引き出した結婚感

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から、2022年6月に僕のラジオ書き起こしサイトで人気だったエピソードを5つ、ご紹介します。1位から順にランキング形式で発表です! 1位:安住紳一郎と石田ゆり子 浜田省吾を語る 続きを読む

庄村聡泰(ex-[Alexandros])、『乃木坂スター誕生!LIVE』昼夜公演と二郎を食し1部楽曲を解説

 去る6/26の筆者ことおっさんことサトヤスことショウムライターはまさしく「盆と正月が一編に来た様」な心持ちにあった。  それは非常に忙しく暇のない様を例えた言葉であり、それは非常にめでたく賑々しい事が一遍に訪れる様を例えた言葉でもある。  厳密に言えば前者の事を指すのが正しいとされている様だが、一般的には後者の事を指すのに使われている場合の方が多い気がするつうか… 続きを読む ...

映画『エルヴィス』てんこ盛りな豪華さでより悲劇を際立たせたバズ・ラーマン

 7月1日より『エルヴィス』が劇場公開されている。 続きを読む

メルカリで「値下げ不可」でも諦めるべからず! 「即購入」アピールで商品が安く買える!?

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。   正直に言います。私、以前、ジュエリーブランド「TASAKI」を、「へーん、なんかダサいブランド!」と思っていました。TASAKIの商品を一度も見たことがないのに「だって、TASAKIだよ? 田崎さんが作ったパールの会社でしょ? なんか名前が日本人って感じでダサい」と勝手に思っていたのです。お前、同じく日本発のジュエリーブランド「kataoka」信者のくせに、一体なにを言...

神田アナ「IPPON女子グランプリ」お笑いのルールに乗らないおもしろさ

 25日21時より、土曜プレミアム「まっちゃんねる」(フジテレビ)の第3弾が放送された。  2020年の10月に放送された第1弾では松本人志発案による「密室笑わせ合いサバイバル」番組「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」の女性版「女子メンタル」を放送。そして21年6月に放送された第2弾では「女子メンタル」の第2回大会に加え、イケメン芸能人たちが… 続きを読む ...

日テレ・水卜麻美アナウンサー、観相学から見る人気の秘密! 天職といえる「珍しい」ポイント

いい運勢も悪い運勢も、すべては「顔」に表れている!? 顔立ちや表情から性格、気質、才能を見抜く「観相学」を用いた占いを行う岡井浄幸氏に、今ノリにノッている芸能人の運勢を徹底鑑定してもらいました! 日テレ・水卜麻美アナウンサー、人気の秘密は“顔”にある!?  日本テレビの“顔”といえるほど、同局のさまざまな番組で活躍している水卜麻美アナウンサー。現在、朝の情報番組『ZIP!』で総合司会を務めているほか、『有吉ゼミ』『午前0時の森』といったバラエティ番組にも出演しています。  「好きな女性アナウンサーラ...

ABCお笑いグランプリ、東京勢が決勝進出を上回る―移り行く大阪客層の変化

 6月23日19時「第43回ABCお笑いグランプリ」の決勝へ進出した12組が発表になりました。  準決勝の大阪予選からは6月21日ABCホールから、カベポスター、天才ピアニスト、ドーナツ・ピーナツ、ハノーバーが出場5組。一方、東京予選からは6月22日シダックスカルチャーホールから、青色1号、かが屋、こたけ正義感、Gパンパンダ、ダウ90000、フランスピアノ、ヨネダ2000、令和… 続きを読む ...