• Sun. Sep 19th, 2021

コラム

  • Home
  • 同一アイテムなのに、5,000円もの金額差が!? 多数出品の“フリマアプリ猛者”に遭遇したら、メルカリとラクマ両方をチェックすべし!

同一アイテムなのに、5,000円もの金額差が!? 多数出品の“フリマアプリ猛者”に遭遇したら、メルカリとラクマ両方をチェックすべし!

この投稿をInstagramで見る ZANCHETTI official instagram(@zanchetti_italia)がシェアした投稿 ――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。  私の愛読誌「マリソル」(集英社)。幸運なことに読者モニターに選ばれ、早半年……。モニターに選ばれたことは、ほんっとーに喜ばしいことなのですが、残念な点もあります。それは、物欲のセンサーが止まら...

保育園で娘が濃厚接触者に! ワクチン未接種で“家庭内感染”に怯える母親を襲った、ママ友からの“恐怖LINE”

今や日常生活において、かかせないツールとなっているコミュニケーションアプリ「LINE」。かつては子どもの送迎時に、ママたちが立ち話をしているような光景が見かけられたが、時間に追われ忙しく過ごす共働き世帯が増えた今、ママたちのコミュニケーションの場は、LINEのグループチャットになっているという。そんな、ママたちの「グループチャット」から浮き彫りになった、彼女たちの悩みや、苦悩、気になる話題を覗いてみる。  いまだ感染が拡大している新型コロナウイルス。徐々にワクチンの接種が進んではいるが、現状では12...

母のおもらしが増え、家中が臭くなり、怒鳴る父……変わってしまった実家に娘の複雑な思い

 “「ヨロヨロ」と生き、「ドタリ」と倒れ、誰かの世話になって生き続ける” ――『百まで生きる覚悟』春日キスヨ(光文社)  そんな「ヨロヨロ・ドタリ」期を迎えた老親と、家族はどう向き合っていくのか考えるシリーズ。  今野八重子さん(仮名・56)の両親は2年前まで元気に農作業をしていたが、母の昌子さん(仮名・78)が認知症を発症した。父の次郎さん(仮名・79)が家事や介護をしていたが、農業も続けられなくなったうえに昌子さんのトイレの失敗が増えるなどして、苛立ちが募るようになった。  様子を見に実家に通い...

メルカリで定価60万のダイヤのリングを半額でゲット! 負債額250万円の買い物狂いの心を動かした、出品者からの“即レス”

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。  私が持っているジュエリーは、ほぼすべて、「Kataoka」のもの。ジュエリーデザイナー・片岡義順さんが作るジュエリーをこよなく愛し、集めているのです。しかし、Kataokaのジュエリーを集めるのは非常に大変。なぜなら、Kataokaは過去、海外進出にともなって大幅に商品価格を値上げしており、一昔前ならなんとか手の届いたであろうジュエリーが、天上のものになってしまったから…...

カルト宗教の2世信者は、説教されがち!? 「うるせーーー!」と叫びたくなった、“親への感謝忘れるな”おじさん

「『カルト』と呼ばれる新興宗教の信者である両親の元に生まれた私は、子どもの頃からずっと(うさんくせぇ……)と思ってきた」――「脱会くん」ことライター・DJ2世がつづる、みんなに知ってもらいたい、2世信者だった私の日常と本音。  前回の「2世信者あるある(前編)」を読み、後編が更新されることを祈ってくれていた皆様、私は復活しました。「DJ2世 a.k.a 脱会くん」です。  前回は学生時代に起こりうるあるあるを3つ挙げたが、今回は社会人になってから起こりがちな2世信者あるあるをお伝えする。 【2世信者...

メルカリで定価15万円のピアスが、「未使用」なのに破格の3万円で買えた“意外な理由”とは?

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。  私が愛するジュエリーブランド「Kataoka」のピアスはとっても小さい。でも、細やかな細工が美しく、ありそうでないデザイン。やっぱりKataokaさんのジュエリーは私にとって特別なのです。  先日、Kataokaで22万円のピアスを買ったのですが、(第141回参照)、そのピアスもめちゃんこ可愛いものの、超、超、超、小さくて、キャッチを外すのに手間取っていたら、コロン! と...

「上半期ベストコスメ」の結果に思わず納得!? 「UV/環境アイテム部門」1位のアルビオン“定価1万円超え”化粧下地の購入を決めたワケ

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。  諸君。美容メディアがこぞって発表する「2021年上半期ベストコスメ」はもうチェック済みだろうか。ホホホ。あたくし、毎回毎回楽しみにしてるんざますのよ、「ベスコス」の発表。  私のように、美容に興味はあるけど、いちいちウン万円の美容液だのファンデーションだのを試す余裕がない女には、ほんっとありがたい特集なの。美容賢者たちが「これが良かった!」っておすすめしてくれるものなら、...

ViVi「国宝級イケメン」顔で見る“運勢ランキング”TOP5! 第1位のSixTONES・松村北斗を上回り「活躍が期待できる」イケメンは誰?

 いい運勢も悪い運勢も、すべては「顔」に表れている!? 顔立ちや表情から性格、気質、才能を見抜く「観相学」を用いた占いを行う岡井浄幸氏に、今ノリにノッている芸能人の運勢を徹底鑑定してもらいました!  今年もファッション誌「ViVi」(講談社)の恒例企画「ViVi国宝級イケメンランキング」が発表され、2021年上半期のTOP10が決定しました。読者投票をもとに、話題性や活躍度を加味してランキングが決まり、毎年ネット上でも大きな話題になります。そんな“イケメン10人”の中で運勢もいいのは、一体誰なのでし...

メルカリの値下げ要求に、「希望額までは下げられません」と断りつつも、購入を即決させる“匠の技”

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。  可愛いスカートが欲しい~。ふわっふわでさらっさらなスカートが欲しい~~。我がワードロープを見ると、圧倒的に夏物スカートが足りないんですよ。夏物スカートが欲しい、今すぐに。  しかし、最近、貧の乏になってしまった私は、すっかり服屋から遠ざかっていました。服屋に行ったら、いいなと思ったスカートは最低2万円……。ぐむむ……ここはフリマアプリに頼るしかないッ!!!   フリマアプ...

LINEのグループチャットに先生から連絡、返信すべき? ママ友から注意されモヤモヤした“先生と保護者の距離”問題

今や日常生活において、かかせないツールとなっているコミュニケーションアプリ「LINE」。かつては子どもの送迎時に、ママたちが立ち話をしているような光景が見かけられたが、時間に追われ忙しく過ごす共働き世帯が増えた今、ママたちのコミュニケーションの場は、LINEのグループチャットになっているという。そんな、ママたちの「グループチャット」から浮き彫りになった、彼女たちの悩みや、苦悩、気になる話題を覗いてみる。  きょうだいを持つママの場合、それぞれのママ友との間でグループチャットを作成し、情報交換を行って...