• Thu. Aug 18th, 2022

コラム

  • Home
  • 狩野英孝ほか大先輩たちが感じ取る高田ぽるこの狂気とのびしろ

狩野英孝ほか大先輩たちが感じ取る高田ぽるこの狂気とのびしろ

「ぽる子、もっと、いっぱい、できる。」  これは高田ぽる子さん本人が7月30日… 続きを読む

「闇金」新入社員のお仕事とは? 夜逃げして消えた子どもの友達対応に「胸が痛む」

 こんにちは、元闇金事務員、自称「元闇金おばさん」のるり子です。  入社2日目。事務所に到着すると、定刻の15分ほど前にもかかわらず社員全員がそろっており、机上に伏せて仮眠を取っていました。どうやら夜逃げしたM自動車社長の債権回収が明け方までかかったようで、みんなが家に帰った様子はなく、ホワイトボードの結果欄をみれば、すべての物件(ここでは会社、社長の自宅、連帯保証人の自宅を指す)に占有中と書かれています。  仮眠の邪魔をしないよう、掃除機は使わずにモップで床清掃を済ませると、まもなくして社長が到着...

成田凌と前田敦子による異世界不倫物語『コンビニエンス・ストーリー』の魅力

 8月5日より映画『コンビニエンス・ストーリー』が公開されている。  三木聡監督・脚本作品は直近で『大怪獣のあとしまつ』が阿鼻叫喚の酷評の嵐となったことが記憶に新しい。個人的に同作は2022年のワースト映画(現時点で決定)であり、観ながら失望が怒りへ、やがて憎しみへと変わっていき、最… 続きを読む ...

一番の期待作は『石子と羽男』か『初恋の悪魔』か? 夏ドラマ序盤ランキング

 仕方のないことではあるが、春ドラマ以上に放送開始時期にバラつきが激しい夏ドラマ。しかしようやく、もっとも遅いスタートを切った『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』も2話まで放送されたため、このタイミングにて今期ドラマを振り返りたい。  今回もまた、(すでに作品によっては中盤に差し掛かっているが)序盤までの内容から、今後も楽しく観られそうな「期待作」と、期待に反して……な出… 続きを読む ...

「ラクマ」で約13万円のピアスをめぐり“値下げ交渉バトル”! ライバルの一言でまさかの結末に

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。  あたしね、フリマアプリ「メルカリ」で稼いだお金(売上金)を全額借金返済にぶっこうもうと思っていたのよ。その額、95万円! ね? くらくらする額じゃない? しびれる額じゃない? と・こ・ろ・が!!  支払い日までお金は銀行に預けていたんだけど、日がたつにつれ、じわじわと「この金をこのまま眠らせておくのは……いかがなものかー!」と、闇のN子が騒ぎ始めたの。そしてそんなとき、い...

『君の名前で僕を呼んで』古代ギリシャから繋がるひと夏の恋の目録

 夏が来ると、決まって映画『君の名前で僕を呼んで』を思い出す。まばゆい太陽光に清々しいまでの真っ青な空、肌がじんわりと焼けていくように恋に焦がれたあの北イタリアの夏を、あたかも自分が体験したかのように思い出しては、切ない気持ちで胸がいっぱいになる。  公開当初は “美しいBL映画”なんて謳い文句が溢れていたが、映画を見終わってもなお、その表現には違和感を持ち続けている。単なるボ… 続きを読む ...

お見送り芸人しんいち、今度は問題発言『テレビは全部嘘』は大丈夫か?

 とある芸人が自身のYouTubeチャンネルでこう発言した。 「テレビは全部嘘」  これはあまりにも極端な発言だが、しかしテレビに映る全てが真実ではないというのは昔からまことしやかに囁かれてきたことであり、いろいろな番組に対して多くの噂が飛び交っている。  例えば「あのドキュメンタリー番組は実は台本があった」や「放送内容が捏造されており勝敗は塗り替え… 続きを読む ...

ZOZOTOWNで試着した服が「返送料無料」に!? 買い物狂いが教える、意外な裏技

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。  ある日、N子がいつものようにZOZOTOWNを眺めていると、「こ、これは……!!」というスカートを見つけました。その名も「【FUMIE TANAKA】 patch long SK /ロングスカート」というアイテム。 この投稿をInstagramで見る FUMIE TANAKA(@fumietanaka_jp)がシェアした投稿  商品説明欄...

片付けで見つけた義父の遺言書に絶句――“執行人”の名前に「これどういうこと?」

“「ヨロヨロ」と生き、「ドタリ」と倒れ、誰かの世話になって生き続ける” ――『百まで生きる覚悟』春日キスヨ(光文社)  そんな「ヨロヨロ・ドタリ」期を迎えた老親と、家族はどう向き合っていくのか考えるシリーズ。  真山昌代さん(仮名・57)の義父母はそれぞれ違う老人ホームに入っている。当初は同じホームにいたのだが、認知症の義父が義母にひどい暴力を振るうようになったため、義母を別のホームに移したのだ。義父と離れた義母は、認知症の症状もすっかり落ち着き、趣味を楽しみながら生活するようになった。  真山さ...

星野源 新垣結衣とのおうちカラオケで“大切なこと”に気づいたと告白

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から、2022年7月に… 続きを読む