• Sun. Dec 5th, 2021

パンドラ映画館

  • Home
  • 実話ホラー『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』 1980年代の米国で開かれたオカルト裁判の顛末

実話ホラー『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』 1980年代の米国で開かれたオカルト裁判の顛末

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロレイン&エド・ウォーレンを主人公にした「死霊館」シリーズは、実録ホラー映画として人気が高い。ジェームズ・ワン監督が手掛けた『死霊館』(13)、『死霊館 エンフィールド事件』(16)は世界各国で大ヒットを記録した。ジェームズ・ワンがプロデュースに回ったシリーズ第3弾『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(原題『THE CONJURING:THE DEVI… 続きを読む ...

瀧内公美主演の社会派ミステリー『由宇子の天秤』真実の行方を決めるのは、はたして誰なのか?

 マスメディアの功罪のひとつに、「分かりやすさ」を挙げることができる。どんなに複雑な事件でもテレビは限られた放送時間、新聞は限られた文字数の中で、多くの人が理解しやすいように噛み砕いた形で伝える。マス(大衆)に向けて伝えることはできるものの、事件内容は単純化され、被害者と加害者という分かりやすい構図へと置き換えられてしまう。だが、複雑な内面を持つ人間たちが暮らす社会は、白か黒かに分けられる単… 続きを読む ...

カメラを介して結ばれたユージン・スミス夫妻 ジョニー・デップと美波が共演『MINAMATA』

 動画と違って、写真には音声は記録されない。だが、W.ユージン・スミスが撮ったモノクロ写真には、撮影現場のざわめきだけでなく、被写体の言語化されていない心の中のつぶやきまでもがフィルムに刻まれている。言葉にはならない心の声が、ユージンの写真からは聞こえてくる。そんな稀有なカメラマン、ユージン・スミスをジョニー・デップ、年の離れた妻アイリーン・美緒子・スミスを… 続きを読む ...

50年ぶりに発掘された歴史的な野外フェス!黒いウッドストック『サマー・オブ・ソウル』

 もうひとつのウッドストックをご存知だろうか? “愛と平和と音楽の祭典”と謳われた伝説のロックフェス「ウッドストック ・フェスティバル」が開かれたのが1969年の8月だった。40万人を超える観客がニューヨーク州郊外の避暑地に押し寄せた一大野外フェスとしてロックファンに記憶されているが、ほぼ同時期に注目すべき音楽の祭典が同じニューヨーク州のニューヨーク市内でも行われていた。同年6月29日から8… 続きを読む ...

浅野いにお原作のR15映画『うみべの女の子』「サブカル系」10代は地方都市では生きづらい?

 人間は生きている限り、他者に激しい殺意を抱くことがあり、また自身の人生に価値が見出せず、死んでしまいたいと考える瞬間もある。肉体と精神がアンパランスな思春期なら、なおさらだろう。そんな危険な分水嶺をなんとか乗り切ることで、少年少女たちは大人へと成長していく。人気漫画家・浅野いにおの同名漫画を原作にした『うみべの女の子』は、分水嶺を前にして戸惑う主人公たちを描いた“痛い”青春映画となっている… 続きを読む ...

カンヌも絶賛、人間の隠された心の闇を旅する西島秀俊主演の話題作『ドライブ・マイ・カー』

 人間が犯した過ちは、いつまで責められ続けるのだろうか。過去の言動やかつて発表した作品内容の一部を問われ、表舞台からの退場することになったクリエイターたちが近年は少なくない。村上春樹の短編小説を『寝ても覚めても』(18)の濱口竜介監督が映画化した『ドライブ・マイ・カー』は、主人公が亡くなった妻の犯した過ちと向き合い、ひと筋縄では済まない人間の多面性を受け入れていく物語となっている。 … 続きを読む ...

ジブリアニメでも描かれた「団地文化」の終焉。都営アパート最期の日『東京オリンピック2017』

 テレビに映る一流アスリートたちの活躍に熱い声援を送る人たちがいる一方で、自国開催となったスポーツの祭典を素直には喜べない人たちも少なくない。コロナ禍による非常事態宣言下での無観客開催という、異例の大会となった『東京オリンピック・パラリンピック大会』。そのメイン会場となっている「新国立競技場」が完成した裏では、消滅することを余儀なくされたコミュニティーがあった。映画『東京オリンピック2017… 続きを読む ...

最凶宇宙人と性悪少女のほっこり系SFドラマ!“東映特撮”へのオマージュ『サイコ・ゴアマン』

 サイコーにゴキゲンなSF映画が、カナダからやってきた。その名は『サイコ・ゴアマン』(原題『PG(PSYCHO GOREMAN)』)。笑いとバイオレンスと社会風刺が、絶妙にブレンドされたエンタメ作品だ。主人公は田舎町で暮らす幼い兄妹。ある日、兄妹は奇妙な宇宙人と遭遇し、日常からはみだした刺激的な日々が始まるというもの。藤子・F・不二雄ワールドやスピルバーグ監督の『E.T.』(1982)などを… 続きを読む ...

ドイツ市民600万人を虐殺する実録報復ドラマ! ユダヤ人が結成したナチ狩り部隊『復讐者たち』

 ホロコースト映画の多くは、ゲットーや強制収容所に送り込まれたユダヤ人たちが次々と虐殺されるシーンが再現される。第二次世界大戦中に大量虐殺されたユダヤ人は600万人以上におよぶと言われている。だが、ユダヤ人はただ黙ってナチス兵に殺されるだけだったのだろうか? ドイツ&イスラエルによる合作映画『復讐者たち』(英題『PLAN A』)は、これまでのホロコーストものとは一線を画す実録サスペンス映画だ… 続きを読む ...

“密告社会”で芽生えた恋愛感情は成就するのか? 台湾発のホラー映画『返校 言葉が消えた日』

 恐ろしい悪夢から目覚めると、そこは現実の世界だった。だが、現実の世界は悪夢よりもさらに恐ろしかった。台湾で2019年に大ヒットし、映画賞を総なめした『返校 言葉が消えた日』は、生々しいリアリティーを感じさせるホラー映画だ。日本人が観てもどこかノスタルジックな気分になる、1960年代の台湾の高校に通う少年少女たちの純真さが悲劇を引き起こすことになる。  本作がモチーフにしている… 続きを読む ...