• Sat. Feb 4th, 2023

ヒナタカ

  • Home
  • 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が熱狂的な支持を得る理由は?

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が熱狂的な支持を得る理由は?

 毎週日曜日17時から放送され、各種配信サービスでも見放題のテレビアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が話題沸騰だ。  毎週のように「名言」がTwitterのトレンドにあがり、愛に溢れたファンアートや「もしも」を描いた二次創作のマンガもSNSに数多く投稿されている。アニメのネット配信が台頭する時代に、リアルタ… 続きを読む ...

『天間荘の三姉妹』周りを変えていく、天真爛漫なのんの唯一無二の魅力

 10月28日より映画『天間荘の三姉妹』が公開されている。  原作は髙橋ツトムによる漫画『スカイハイ』(集英社)のスピンオフ作品であるが、物語は独立しているので予備知識なく本作から観ても全く問題なく楽しめる。また、『スカイハイ』のドラマ版および劇場版の監督であった北村龍平が再登板しているので、人気シリーズの久… 続きを読む ...

映画『ソードアート・オンライン』から鑑みるデスゲームものから「幸せ」を感じられる理由

 10月22日より『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥(くら)き夕闇のスケルツォ』が公開されている。  川原礫による原作のライトノベル『ソードアート・オンライン』(以下『SAO』)は、メディアミックスが成功したWEB小説の、草分け的存在であり大人気作。2002年より個人サイトで連載され、200… 続きを読む ...

『耳をすませば』懐疑的なファンにも観てほしい「大アリ」な実写映画版である理由

 10月14日より『耳をすませば』が公開されている。  原作とされているのは、1989年連載の柊あおいによる漫画。そして、多くのファンを持つ、1995年のスタジオジブリによるアニメ映画も、強く意識した作品であることは間違いない。  今回の実写映画… 続きを読む ...

相葉雅紀『“それ”がいる森』映画サイト軒並み酷評が「嘘だろ!?」な面白さ

 9月30日より相葉雅紀主演のホラー映画『“それ”がいる森』が公開中だ。初めに言っておくと、本作の全体的な評価は決して芳しくない。というより、口を極めて罵っている人も多い状況だ。実際に10月上旬現在、映画.comでは2.6点、Filmarks2.5点などと、レビューサイトの点数… 続きを読む ...

『ハケンアニメ!』さらに「胸に刺さる」人が増えてほしい、歴史的傑作映画になった理由

 辻村深月の小説を原作とした映画『ハケンアニメ!』のBlu-ray&DVDが発売中、そして各種配信サービスでレンタル配信中だ。  本作は劇場公開当初、ライバル作品が多いこともあって興行的に苦戦したものの、絶賛に次ぐ絶賛の口コミが相次ぎ、公開から1カ月以上経ってからは首都圏の劇場では満席が続出、上映期間の延長や拡大公開もされるという、異例のロングランを記録した。 … 続きを読む ...

宮崎駿らから影響を受けた『秘密の森の、その向こう』の「仏実写版ジブリ」的魅力

 9月23日よりフランス映画『秘密の森の、その向こう』が公開されている。本作は『燃ゆる女の肖像』(2019)が絶賛を浴びたセリーヌ・シアマ監督の最新作だ。  本作の上映時間は73分という短く、メインの舞台も森の中とそこにある家とごく狭く、主要登場人物はたったの5人と、とにかくミニマムな作… 続きを読む ...

実写映画版『リトル・マーメイド』の配役の論点は差別だけでなく「原作実写化」にもある

 2023年5月26日に全米で公開予定(日本では同年初夏公開予定)の実写映画版『リトル・マーメイド』のティーザー予告編が公開され、その総再生回数は1億回を超えている。だが、その話題の多くは、ポリティカル・コレクトネスに配慮しすぎだといった批判や、またその批判が人種差別的であるなどの論争だった。 続きを読む

極限状態に放り込まれるエンタメ盛り盛り映画『人質』と『ビースト』の魅力

 9月9日より映画『人質 韓国トップスター誘拐事件』と『ビースト』が公開されている。この2作は「一手を間違えば死ぬ極限状態に放り込まれる」「上映時間が90分台とタイト」「エンタメ盛り盛りでずっ… 続きを読む ...

玉木宏が過去最高に恐ろしい映画『この子は邪悪』の魅力

 9月1日より『この子は邪悪』が公開されている。 続きを読む