• Sun. Dec 5th, 2021

山下智久

  • Home
  • 赤西仁に錦戸亮も…“辞めジャニ”にテレビ業界からオファー殺到でジャニーズ事務所と形成逆転?

赤西仁に錦戸亮も…“辞めジャニ”にテレビ業界からオファー殺到でジャニーズ事務所と形成逆転?

 今年放送された全ドラマの視聴率で1位を記録した『ドラゴン桜』(TBS系)。ドラマの最終回では新垣結衣や小池徹平など前作の教え子たちがサプライズ登場したが、ジャニーズ事務所を退所した山下智久が声の出演を果たしたことで、他の多くの“辞めジャニ”たちにも好影響をもたらしそうだという。 「山下さんの出演についてジャニーズ事務所が難色を示していたので、TBSサイドは、ジャニーズの承諾を… 続きを読む ...

『ドラゴン桜』最終回に新垣結衣や山下智久…ネットニュースの“ネタバラシ報道”はTBSの思惑通り?

 6月27日に放送されたTBS系ドラマ『ドラゴン桜』最終回に、前作で生徒役として登場した新垣結衣、中尾明慶、紗栄子、小池徹平らがサプライズ出演した。山下智久はメールを読み上げる声の出演という形で姿こそ見せなかったが、過去のキャストが勢揃いしたことになる。  しかし、この日の放送前にネットメディア『NEWSポストセブン』が、彼らのサプライズ出演することを報じており、これについては… 続きを読む ...

TBS、『ドラゴン桜』山下智久の“サプライズ出演”成功のウラ側――「今後、テレビでの“扱われ方”にも変化が起きる」可能性も

 6月27日に放送された 阿部寛主演ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)最終回に、第1シリーズ(2005年放送)に出演していた山下智久が音声出演するサプライズ演出があり、ネット上にはさまざまな反響が寄せられている。業界関係者は、「この演出は、TBSによる“ジャニーズ忖度”」と背景を指摘しつつ、山下の今後に注目していると話す。 「漫画家・三田紀房氏による同名作(講談社)が原作のこのドラマ。阿部演じる元暴走族の弁護士・桜木建二が、落ちこぼれの高校生を東京大学合格に導くというストーリーで、今回の第2シリーズに...

『ドラゴン桜』最終回、山下智久“声のみ出演”の怪……「現役ジャニーズと共演NG?」「長澤まさみと犬猿の仲?」と訝しむ声も

阿部寛が主演を務める日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)の最終回が6月27日に放送され、2005年に放送された第1シリーズで生徒役を演じた新垣結衣、小池徹平、中尾明慶、紗栄子がサプライズで登場。ネット上で「豪華!」「最終回に相応しい」と喜びの声が上がる一方で、山下智久だけが“声のみ”の出演だったことに対し「なんで?」「不自然すぎる」と違和感を訴える声が上がっている。  元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)と、かつて“東大専科”の生徒だった水野直美(長澤まさみ)が、平均偏差値の低い龍海学園に通う生徒を東京...