• Mon. Sep 26th, 2022

映画

  • Home
  • 宮崎駿らから影響を受けた『秘密の森の、その向こう』の「仏実写版ジブリ」的魅力

宮崎駿らから影響を受けた『秘密の森の、その向こう』の「仏実写版ジブリ」的魅力

 9月23日よりフランス映画『秘密の森の、その向こう』が公開されている。本作は『燃ゆる女の肖像』(2019)が絶賛を浴びたセリーヌ・シアマ監督の最新作だ。  本作の上映時間は73分という短く、メインの舞台も森の中とそこにある家とごく狭く、主要登場人物はたったの5人と、とにかくミニマムな作… 続きを読む ...

『ハイロー』を観たプロレスラーはなぜ溜息をこぼすのか──監督・平沼紀久に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ…etc.「流行る」カルチャーには理由がある! DDTプロレスリングのレスラー兼タレント兼新潟県の金型工場「坂井精機」代表取締社長のスーパー・ササダンゴ・マシンが、世の中の流行を眺めながらプロレスとDDTの未来を考える連載。 続きを読む

「彼女は私だ」幡ヶ谷バス停殺人事件をモチーフにした劇映画『夜明けまでバス停で』

 「彼女は私だ」  2020年11月16日未明に渋谷区幡ヶ谷のバス停で起きた暴行致死事件のあと、そんな声がSNSに上がった。NHK総合のドキュメンタリー番組『事件の涙』が亡くなった大林三佐子さんの生前の足取りを伝えると、その声はより大きく広がった。コロナ禍で仕事と居場所を失った大林さんは、バス利用者の邪魔にならないよう、運行を終えた後の深夜のバス停で過ごしていたところ、男に頭を… 続きを読む ...

『HiGH&LOW THE WORST X』監督・平沼紀久vsプロレスラー「負けたほうがオイシイんです」

 K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ…etc.「流行る」カルチャーには理由がある! DDTプロレスリングのレスラー兼タレント兼新潟県の金型工場「坂井精機」代表取締社長のスーパー・ササダンゴ・マシンが、世の中の流行を眺めながらプロレスとDDTの未来を考える連載。 続きを読む

KADOKAWA贈賄問題で…西島秀俊主演の北野武新作映画にお蔵入り危機?

 東京地検特捜部は14日、出版大手・KADOKAWAの会長である角川歴彦容疑者を逮捕した。東京五輪・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる贈収賄事件で逮捕された大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者に対し、大会スポンサーの選定で有利な取り計らいを受けた謝礼などとして、総額6900万円の賄賂を提供していた贈賄の疑いが持たれている。  今回の事件で、スポンサー企業の経営トップが逮捕さ… 続きを読む ...

『ガリレオ』福山雅治&柴咲コウ&北村一輝が集結! “友情”を通して問われるもの

「ガリレオ」シリーズの劇場版第3弾となる『沈黙のパレード』が、9月16日から公開される。  福山雅治と柴咲コウのタッグが約9年ぶりに復活することになった新作映画の公開にあわせて、17日には、フジテレビ系列で完全新作のスペシャルドラマ『ガリレオ 禁断の魔術』も放送される。さらに翌週の24日には、劇場版第1作『容疑者Xの献身』(2008)も地上波で放送を予定するなど、再び「ガリレオ… 続きを読む ...

実写映画版『リトル・マーメイド』の配役の論点は差別だけでなく「原作実写化」にもある

 2023年5月26日に全米で公開予定(日本では同年初夏公開予定)の実写映画版『リトル・マーメイド』のティーザー予告編が公開され、その総再生回数は1億回を超えている。だが、その話題の多くは、ポリティカル・コレクトネスに配慮しすぎだといった批判や、またその批判が人種差別的であるなどの論争だった。 続きを読む

映画『マスク』当時、度肝を抜かれたのはVFXよりもジムキャリーの顔芸

 今週の金曜ロードショーは視聴者から寄せられた「もう一度見たい」映画のリクエストにお応えする「金曜リクエストロードショー」。前回は5月に放送された『ショーシャンクの空に』で好評を博したこの企画、今回は1994年公開のコメディ映画『マスク』を放送。  冴えなく気弱で運の悪い銀行員の男が偶然拾った謎の仮面の力で超人に変身。これまでの自分とは正反対の性格になってしまった男はあちこちで… 続きを読む ...

『川っぺりムコリッタ』、一見スローライフ映画から漂う死の香り

※本記事は2P以降に、多少のネタバレがあります。 『かもめ食堂』が嫌だった  荻上直子監督作と言えば、『かもめ食堂』(06)を思い起こす方も多いだろう。筆者もそのひとりだ。  フィンランドの小さな日本食レストランを… 続きを読む ...

警察は暴力を許された職業なのか? SNS上の動画が訴える『暴力をめぐる対話』

 無抵抗の市民を警棒で何度も殴りつける警官たち、車の中で怯えている市民を窓ガラスを叩き割って引き摺り出す警官たち、歩道にたたずむ市民に向かって手榴弾を投げる警官もいる……。どれもフランス各地で撮影された、フランス警察のリアルな姿だ。市民を守るはずの警察官たちが、平然と市民に暴力をふるっている。フランス映画『暴力をめぐる対話』(英題『The Monopoly of Violence』)は、世界… 続きを読む ...