• Mon. Jan 17th, 2022

映画

  • Home
  • 『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガの熱演が輝く御家騒動映画の魅力

『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガの熱演が輝く御家騒動映画の魅力

 1月14日より映画『ハウス・オブ・グッチ』が公開されている。本作は80歳を超えてもなお『最後の決闘裁判』(21)という傑作を世に送り届けるリドリー・スコット監督の最新作。今回は、誰もが知るファッションブランド・グッチの一族にまつわる実話を元に作り上げたドラマとなっている。 続きを読む

佐藤二朗主演『さがす』―「ながら観」と「倍速視聴」ができない映画

 『岬の兄妹』(19)で国内映画界に衝撃をもたらした片山慎三監督が、『さがす』で商業映画デビューを飾った。連続殺人犯の懸賞金を目当てに姿を消した父親・智(佐藤二朗)を捜す中学生の娘・楓(伊東蒼)が、驚くべき真相にたどりつくミステリーであり、サイコサスペンスであり、ヒューマンドラマでもある。 続きを読む

『ハウス・オブ・グッチ』“GUCCI”に隠された一族崩壊の過程を容赦なく描く!!

 言わずと知れたイタリアのハイファッションブランド“GUCCI”は、1921年にグッチオ・グッチによって創業以来、今も世界的なトップブランドとして君臨している。 しかし、現在の経営陣の中に、グッチ一族はひとりも残っていない。  グッチ一族を崩壊に向かわせたのには、ある人物が大きく関わっているといわれている。それは、3代目社長マウリツィオ・グッチの元妻、パトリツィア… 続きを読む ...

ベテラン女優・烏丸せつこ「そんな女、いるかっての」 主演映画をボロクソ批判!

 俳優がドラマや映画の宣伝でメディアに出れば、作品を褒めまくるのが当たり前。ところが、1月15日に公開される映画『なん・なんだ』で主役を務める烏丸せつこが、公開前の映画をあちこちのインタビューでこき下ろしている。  烏丸は1979年にクラリオンガールに選ばれ、抜群のスタイルでグラビア界を席巻しつつ、女優とし… 続きを読む ...

“無自覚な自主規制”進むテレビの在り方を問うドキュメント『テレビで会えない芸人』

 ライブチケットはすぐに完売、会場をいつも爆笑の渦に巻き込む人気お笑い芸人がいる。だが、彼の姿を今のテレビでは見ることがない。  鹿児島テレビが制作したドキュメンタリー映画『テレビで会えない芸人』は、そんなひとりの芸人を2年以上にわたって取材撮影したものだ。カメラは芸人の素顔だけでなく、テレビから彼が姿を消すことになった理由も浮かび上がらせている。  テレビに出な… 続きを読む ...

韓国映画は多様性をどう描くか『ユンヒへ』『オマージュ』『スティール・レイン』

 今、世界中で空前の韓国ブームが起こっている。今、世界中で空前の韓国ブームが起こっている。  NetflixやAmazon、Disney+などの動画配信サービスで、数多くの韓国映画やドラマが配信されており、『愛の不時着』(2019)や『イカゲーム』(2021)など、世界的なヒット作も多数生まれた。 『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)、『エクストリ… 続きを読む ...

元[Alexandros]庄村聡泰『キングスマン』新作で20年ぶりに“あの人”と再会 きも脚色に大満足

 ”Григорий Ефимович Распутин”  さて、何と読むでしょう?  一休さんよろしくで(とんちではないが)ポク、ポク、ポク、チーンときたもんで、答えは”Grigorii Efimovich Rasputin”カナ表記に直せば”グリゴーリィ・イフィーマヴィチュ・ラスプーチン”… 続きを読む

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、カギは成長とマルチバース

 サム・ライミ版『スパイダーマン』は新3部作が製作中に中止となり、『アメイジング・スパイダーマン』もMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に参加することが決定打となってリブートされたことで、続編やスピンオフ企画も白紙になってしまった。  このように、さまざまな理由で不完全燃焼に終わってしまっていた『スパイダーマン』シリーズ。今作は、シリーズ中でスパイダーマンを苦しめたヴ… 続きを読む ...

変わりゆく「マッチョ像」描くイーストウッド主演&監督作『クライ・マッチョ』

 スポーツジムに通ってボディビルダーばりのマッチョ体型を目指す人たちがいる一方で、マッチョという言葉が連想させるマチスモ(男性優位主義)を嫌悪する人たちもいる。91歳になるクリント・イーストウッドが主演&監督を務めた新作映画『クライ・マッチョ』(原題『Cry Macho』)は、そんな現代社会に「本当のマッチョ(男らしさ)とは何か?」を問いかける、上映時間104分のシンプルなドラマとなっている… 続きを読む ...

嵐・松本潤『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE -』初登場2位、「満足」「残念」と賛否! 映画動員ランク

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気漫画『呪術廻戦』のテレビアニメを映画化した『劇場版 呪術廻戦0』が、全国の映画館動員ランキング(興行通信社調べ、2021年12月25日~31日)で1位を獲得した。  強力な「呪物」の封印が解かれた高校生の主人公・虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いに足を踏み入れる様を描く本作。劇場版は『呪術廻戦』の前日譚となる人気エピソード「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」を映画化している。  興行収入は公開から3日間で26億円を突破しており、20年に公開3日間で46億...