• Thu. Oct 28th, 2021

松本人志

  • Home
  • “リニューアル”にもNO! 松本人志が『笑ってはいけない』の「休止」にこだわったワケ

“リニューアル”にもNO! 松本人志が『笑ってはいけない』の「休止」にこだわったワケ

 落語家でタレントの月亭方正が、10月2日放送の『今田耕司のネタバレMTG』(読売テレビ)に出演。日本テレビの大みそか恒例特番『笑ってはいけない』シリーズが今年は休止になったことについて言及した。 「『笑ってはいけない』シリーズにレギュラー出演している方正ですが、番組では『中止ではなく休止』と強調。世間からは“痛みを伴う笑い”がBPO(放送倫理・番組向上機構)で審議入りとなった… 続きを読む ...

バラエティ適正バツグンなのに伸び悩む峯岸みなみ、熱愛発覚で「指原莉乃の壁」超えに挑む!?

 人気YouTuberグループ「東海オンエア」のリーダー・てつやとの熱愛が発覚した元AKB48の峯岸みなみ。最近は主にバラエティー番組で活躍している峯岸だが、テレビ業界では「伸び悩んでいる」との評価だという。  AKB48時代からバラエティー志向が強かった峯岸。2020年10月放送『まっちゃんねる』(フジテレビ)の「女子メンタル」では、女性タレント同士の笑わせ合いバトルで優勝し… 続きを読む ...

「笑ってはいけない」石橋貴明の出演も検討!? 新型コロナとBPO“ダブルパンチ”の今年はどうなる?

 毎年大晦日に放送され、年越しの定番となっている『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の特別番組『笑ってはいけない』シリーズ。豪華なゲストが出演することで人気の番組だが、今年はかなり攻めたラインナップを予定しているという。 「離婚騒動で大きなバッシングを受けた有村昆さんはリストアップされています。有村さんはすでに映画の舞台挨拶に出席し、自虐するなどしていまし… 続きを読む ...

松本人志と太田光の“タブー共演”で、中居正広を大御所が称賛 テレビの危険な面白さを語る

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から興味深かったエピソードを紹介する連載の第31回目。今回は2021年8月30日放送のニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』の中から、高田文夫さんがフジテレビ特番『ラフ&ミュージック』で実現をしたダウンタウン・松本人志さんと爆笑問題・太田光さんの共演について話していた部分です。 … 続きを読む ...

松本人志と豪華共演『ラフ&ミュージック』が実現した背景 フジ、Amazonの思惑絡み合う?

 松本人志、中居正広、ナインティナイン、アンタッチャブル、千鳥が出演したフジテレビ系バラエティー番組『ラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』が8月28、29日に合計9時間にわたって生放送された。  アーティストによる楽曲披露と芸人のネタを組み合わせつつ、コラボ企画やトークを繰り広げた同番組。フジテレビ系で恒例だった『FNS27時間テレビ』に代わるポジションの番組ともいえる。… 続きを読む

宮迫博之に引導を渡したのは松本か、関ジャニ村上と中居正広の関係性、EXILE岩田剛典の不安な演技……週末芸能ニュース雑話

記者I まだまだ、波紋を呼んでいる「雨上がり決死隊」の解散ですが、宮迫博之は20日にYouTubeの活動休止を発表したものの、27日には活動を再開。相方から友人に戻ったという蛍原徹と相談して作った企画という動画を配信しています。 デスクH 『文春オンライン』の取材に吉本興業の大崎会長が回答していたけど… 続きを読む ...

松本人志、爆笑との共演に「絡みたくねーな」渋い顔も…大田「共演NG!」「ナイナイはチンカス」きっちりぶっこみ

 28日、フジテレビ系の特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』の第一夜が放送され、ダウンタウン松本人志と爆笑問題(太田光・田中裕二)が7年ぶりに生共演した。  爆笑問題は番組の大トリに登場。太田は出てくるや否や「みなさん、ひとつだけお願いがあるんですけど、明日は『ワイドナショー』じゃなくて『サンデージャポン』見てください」「ガキの使いじゃあらへんで」「太田動きまーす… 続きを読む ...

松本人志の中で“芸人・宮迫博之”はもう終わっている?『ワイドナショー』で垣間見えた深い溝

 もはや芸人として復帰する未来はなくなったか──。ダウンタウンの松本人志が8月22日、フジテレビ系『ワイドナショー』にて、17日に解散した雨上がり決死隊について言及し、宮迫博之に対する厳しい意見を投げかけた。  番組で、“相方である浜田雅功を笑わせることが何よりもオモロい”と、お笑いコンビとしての価値観を語った松本。そのうえで、「(… 続きを読む ...

松本人志も「女子アナ」呼称を封印? 更新されるジェンダー意識と「お笑い至上主義」からの脱却

 日本の芸能界の旧態依然としたパワハラ・セクハラ体質からのアップデートが求められる昨今。お笑い界のトップに君臨し続けるダウンタウンの松本人志も、その価値観を着実にアップデートしているようだ。 「これまで松本さんというと、何よりも“面白い”ことを優先し、そのためにはインモラルな表現や、多少誰かを傷つけるような表現も許容するスタンスでした。しかし、最近は必ずしもそうではなく、後輩芸… 続きを読む ...

小山田氏問題『ワイドナショー』でスルーの松本人志も「同級生をいじめた過去と後悔」を告白していた

 東京五輪開会式作曲担当のミュージシャン小山田圭吾氏が7月19日、同担当の辞任を申し出たことを発表。 問題発覚以降も留任を強調し続けてきた東京五輪・パラリンピック組織委員会は「これは誤った判断であると考えるに至り、辞意を受け入れることにいたしました」と、辞任を受理し、「この間多くの皆様に不快な思いをさせたこと、混乱を招いたことを心からお詫び申し上げます」と謝罪した。  小山田氏… 続きを読む ...