• Wed. May 18th, 2022

連載・コラム

  • Home
  • 吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…4度目結婚もなおデレデレ

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…4度目結婚もなおデレデレ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説! 城下 吉田鋼太郎さんが、1歳の娘を抱いた妻と一緒に犬の散歩をしているところが「女性自身」2022年5月10日・5月17日合併号(光文社)に掲載されていましたね。吉田さんは63歳、お元気ですね。 ――63歳で今1歳の… 続きを読む ...

「天才」と「凡人」を描く『鎌倉殿』で異例の描かれ方をした“貴公子”平宗盛

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回は続きを読む

星野源、観客ありのライブはいつ?改めて「やりたいな!」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から興味深かったエピソードを紹介する連載の第67回目。今回は2022年5月10日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』で星野源さんがジャズピアニスト・海野雅威さんのライブを見に行ったという話をしていた部分です。  2020年、ニューヨークの地下鉄で暴行を受け、重症を負った海野雅威さ… 続きを読む ...

夢を実現させた後の“セカンドキャリア”を描く 木幡竜主演作『生きててよかった』

 夢を叶えることは容易ではないが、それ以上に難しいのは夢を叶えた後の人生をどう生きるかだ。憧れの職業に就くことができても、憧れの世界でサバイバルを続けることは困難を極める。最愛の相手と結ばれても、生涯を共にできるケースは稀だろう。鈴木太一監督&脚本、木幡竜主演のアクション映画『生きててよかった』は、プロボクサーの“セカンドキャリア”をモチーフに、夢を追い続けることの難しさを描いた注目すべき作… 続きを読む ...

バイデン反ワク派に痛烈ジョークも…大統領が晩餐会でコメディアンにいじられる米国

 4月30日、毎年恒例のホワイトハウス記者団主催の夕食会がワシントンDCで開かれ、バイデン大統領が出席した。毎年4月の最終土曜日に行われてきたこの晩餐会、始まりは1921年にまで遡り、1924年に当時のクーリッジ大統領が出席してからは現職の大統領が参加し、記者団の前でスピーチをするのが慣例となっている。この2年間はコロナ禍により中止となり、今回が3年ぶりの開催となった。  また… 続きを読む ...

広瀬アリス休養に「芸能人使い捨て」から変化?KinKi Kids剛や阿部寛もスローペース

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説! ――ゴールデンウィークということで、1月からこれまでの芸能ニュースを振り返ってみましょう。やはりいちばん芸能界を騒がせたのは、日本版「#MeToo」、性加害の問題ではないでしょうか。榊英雄、木下ほうか、園子温と次々に告発されました。 続きを読む

「ヴィランは本当に悪なのか?」悪役を演じたい役者魂をくすぐる『スーサイド・スクワッド』

 子供の頃からなぜかダークヒーローが好きだった。アンパンマンだとドキンちゃん。ポケモンはロケット団。セーラームーンで好きな戦士を問われたらセーラーマーキュリーと答えていたが、姉妹でセーラームーンごっこをする時は大抵悪役を快く引き受けていたし、一番好きなキャラクターはアマゾネスカルテットという敵集団だった。 「ゆめゆめ疑うことなかれ 夢みるこどもの夢の夢」というアマゾネスカルテッ… 続きを読む ...

『鎌倉殿』はどのように描く? 義経“大活躍”の「壇ノ浦の戦い」における虚構と真実

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回は続きを読む

「乃木坂」抜群のステータス、余裕ある大人の街でこれから起こる再開発とは?

1.はじめに  東京都港区に位置する「乃木坂」駅は、赤坂や南青山、六本木と各エリアの一部を含んでいることから、アクセスの良いエリアです。  ただ、スーパーがミッドタウンの中で生活感が無かったり、JRの駅まで距離があるため、敬遠されることが多いようです。  実際使ってみると、千代田線『乃木坂』駅だけでなく、日比谷線『六本木… 続きを読む ...

朝倉未来がマンガの主人公に見えてくる!街の「喧嘩自慢」を悪役に仕立てる技術

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」というウェブサイトを運営している私が「あの企画はどこが面白いのか?」を分析し、「面白さの正体」を突き止めるための勉強の場としてこの連載をやらせてもらっています。  今回のテーマは「朝倉未来の喧嘩自慢とスパーリングしてみた」です。男性読者の多くの方がお分かりかと思いますが、格闘家・朝倉未来選手のYouTubeチャンネルで人気シ… 続きを読む ...