• Sun. Jan 29th, 2023

連載・コラム

  • Home
  • メンヘラ女子と意識高い系男子が出会った痛い青春もの『生きててごめんなさい』

メンヘラ女子と意識高い系男子が出会った痛い青春もの『生きててごめんなさい』

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心の奥にはケロイド状の傷が残ったままなので、振り返るのがかなりつらい……。社会人になりたての頃は、誰しも仕事や恋愛につまずき、のたうち回りたくなるような体験をしたのではないだろうか。青春と呼ぶには気恥ずかしい、そんな日々を生々しく描き出したのが、山口健人監督のオリジナル映画『生きててごめんなさい』(通称 #イキゴメ)だ。物語の主人公にはなれそうにない… 続きを読む ...

中条きよし「年金いらないから750万払わない」無知すぎた詭弁、ほかスクープ15本

今週の注目記事・第1位「『野田聖子前大臣』夫婦で訴訟会見の翌日に『元暴力団夫』がラブホ不倫」(『週刊新潮』1/26日号) 同・第2位「貴乃花娘(20)デビューは河野景子とフジの暴走」(『週刊文… 続きを読む ...

草なぎ剛『罠の戦争』好評の背景に、ジャニーズの横槍なし?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説! ――1月16日から始まった元SMAPの草なぎ剛が主演する連続ドラマ『罠の戦争』(フジテレビ系)が好評のようですね。初回の世帯視聴率は、関東が9.3%、関西が13.1%だったそうです(ビデオリサーチ調べ)。 城下 草… 続きを読む ...

セブンイレブンで「飯田商店」と「とみ田」が冷凍麺に! 500円の価格も強気な商品の味やいかに

 今回は、セブンイレブンなどで売られている、セブン&アイグループのプライベートブランド「セブンプレミアムゴールド」から登場した「らぁ麺 飯田商店」と「中華蕎麦 とみ田」の冷凍麺をレビューします。  セブンプレミアムのカップ麺で再現されているラーメン店の中でも、今やツ… 続きを読む ...

家康の「寅の年、寅の日、寅の刻生まれ」は捏造? 『どうする家康』でも描かれた誕生日問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回は続きを読む

『ぽかぽか』MCのハライチ岩井が早くも「クビになってもいいや」と思った理由

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から興味深かったエピソードを紹介する連載の第96回目。今回は2023年1月13日放送のTBSラジオ『ハライチのターン!』の中でハライチのお二人がスタートしたばかりのフジテレビお昼の帯番組『ぽかぽか』について話していた部分です。  収録の時点では2回、放送を終了した『ぽかぽか』。まずは月曜日のレ… 続きを読む ...

中国当局の検閲が2年間にも及んだ犯罪ミステリー『シャドウプレイ完全版』

 中国のロウ・イエ監督は、中国当局と闘い続けているタフな映画監督だ。中国ではタブーとなっている「天安門事件」を扱った『天安門、恋人たち』(06)は、国の許可が下りないままカンヌ国際映画祭での上映に踏み切り、以降5年間にわたる映画制作禁止処分を喰らった。  謹慎中も、中国ではやはりタブー視されている同性愛をテーマにした『スプリング・フィーバー』(09)をホームビデオで撮影し、こち… 続きを読む ...

ダウンタウン、還暦イヤーに年末特番復活か… 日テレ内で本格始動へ

 昨年、復活が期待されながらも実現が叶わなかった日テレ系大晦日特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ』。同番組の代わりに、ナインティナイン、東野幸治がMCを務めた『笑って年越し! 世代対決 昭和芸人vs平成・令和芸人』が放送されたが、今月2日、その平均世帯視聴率が7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、同11.2%を取った… 続きを読む ...

ダウンタウン、還暦イヤーに年末特番復活か… 日テレ内で本格始動へ

 昨年、復活が期待されながらも実現が叶わなかった日テレ系大晦日特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ』。同番組の代わりに、ナインティナイン、東野幸治がMCを務めた『笑って年越し! 世代対決 昭和芸人vs平成・令和芸人』が放送されたが、今月2日、その平均世帯視聴率が7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、同11.2%を取った… 続きを読む ...

ダウンタウン、還暦イヤーに年末特番復活か… 日テレ内で本格始動へ

 昨年、復活が期待されながらも実現が叶わなかった日テレ系大晦日特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ』。同番組の代わりに、ナインティナイン、東野幸治がMCを務めた『笑って年越し! 世代対決 昭和芸人vs平成・令和芸人』が放送されたが、今月2日、その平均世帯視聴率が7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、同11.2%を取った… 続きを読む ...