• Mon. Jan 17th, 2022

連載・コラム

  • Home
  • 紅白歌合戦が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…『笑ってはいけない』復活が決定打に!?

紅白歌合戦が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…『笑ってはいけない』復活が決定打に!?

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』に視聴率を脅かされてきた『NHK紅白歌合戦』。昨年はその「絶対に笑ってはいけないシリーズ」が休止になったことで、『紅白』の一人勝ちになるのでは、と言われていたが、蓋を開けてみれば、平均世帯視聴率34.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と歴代最低を記録した。 「NHKは、若年層からの受信料獲得のため、… 続きを読む ...

略奪愛だった? 『鎌倉殿』の“原作”で描かれなかった源頼朝と北条政子の馴れ初め

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回は続きを読む

DJ松永、22年はさらにカマしそう?親友・朝井リョウと新年早々約14万円お賽銭投入

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から興味深かったエピソードを紹介する連載の第50回目。今回は2022年1月11日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』で、DJ松永さんが朝井リョウさんと初詣に行った際の模様を話していた部分です。  22年のお正月を楽曲制作に費やしたDJ松永さん。21年末に見た格闘… 続きを読む ...

船越英一郎、還暦迎えなおモテモテもまだ再婚はない!?松居一代のトラウマ

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説! ――新年早々、船越英一郎さんの熱愛報道が飛び込んで芸能ニュースをにぎわせましたね。お相手の女性はあまりよく知らなかったのですが。  お相手は国民的美少女コンテスト出身の女優で、チョークアーティストとしても活動している松下萌子さん。船越さんよ… 続きを読む ...

船越英一郎サイドは戦々恐々!? “松居一代劇場”第二幕は開くのか?

 22歳年下で世界的なチョークアーテイストとしても知られる女優・歌手の松下萌子(39)との熱愛が発覚した俳優の船越英一郎(61)。“悪夢のドロ沼離婚劇“から5年が経過し、いよいよ再婚かと囁かれているが、ニューヨークに移住しているはずの前妻・松居一代が帰国していたことが判明し、松居を知る関係者は、「なにか起こらなければいいが……」と不安の色を隠せないようだ。  「船越と松下の出会… 続きを読む ...

“無自覚な自主規制”進むテレビの在り方を問うドキュメント『テレビで会えない芸人』

 ライブチケットはすぐに完売、会場をいつも爆笑の渦に巻き込む人気お笑い芸人がいる。だが、彼の姿を今のテレビでは見ることがない。  鹿児島テレビが制作したドキュメンタリー映画『テレビで会えない芸人』は、そんなひとりの芸人を2年以上にわたって取材撮影したものだ。カメラは芸人の素顔だけでなく、テレビから彼が姿を消すことになった理由も浮かび上がらせている。  テレビに出な… 続きを読む ...

矢口史靖監督『ひみつの花園』お金大好き!銀行員が5億円目指して始めたのは…

 皆さん、あけましておめでとうございます!宮下かな子です。  2022年は、自分の根っこの部分を深く掘り下げて、軸を固められるような、前向きな努力の1年にしたいと思っています。今年もいろんなことに挑戦していきたいです。どうぞよろしくお願い致します。  挑戦と言えば、昔から多趣味で好奇心旺盛な私、最近編み物を始めました。最初は初心者向けの本を見ながら血眼でやってまし… 続きを読む ...

“異例”尽くしの大河『鎌倉殿の13人』は「ワナビー」が「セレブ」を脅かす物語?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回は続きを読む

ヒモ夫が怪しすぎ!?も後追い死…陰謀論うずまく女優の死の真相に迫るHBO作品

 児童劇団ミュージカルの定番『おしゃまなロージー』のオーディションに10歳の少女は、1時間も遅れてやってきた。プロフィール用の写真を差し出し、歌いはじめた。その瞬間、審査員たちはざわめいた。 「特別な子が来たぞ!」  少女の名はブリタニー・マーフィ。後にハリウッドスターとなる予感を伺わせる彼女の第一歩だった。  女優ブリタニー・マーフィの死の真相に迫… 続きを読む ...

変わりゆく「マッチョ像」描くイーストウッド主演&監督作『クライ・マッチョ』

 スポーツジムに通ってボディビルダーばりのマッチョ体型を目指す人たちがいる一方で、マッチョという言葉が連想させるマチスモ(男性優位主義)を嫌悪する人たちもいる。91歳になるクリント・イーストウッドが主演&監督を務めた新作映画『クライ・マッチョ』(原題『Cry Macho』)は、そんな現代社会に「本当のマッチョ(男らしさ)とは何か?」を問いかける、上映時間104分のシンプルなドラマとなっている… 続きを読む ...