• Mon. Jan 17th, 2022

野球

  • Home
  • 新庄剛志“ビッグボス”から学ぶ、理想の「令和上司」像 部下とのコミュニケーションも一流?

新庄剛志“ビッグボス”から学ぶ、理想の「令和上司」像 部下とのコミュニケーションも一流?

 セクハラ、パワハラに敏感な現代社会で上司と部下の関係も変容している昨今、若い部下との接し方に頭を悩ませている上司世代も多いはず。そんな人たちの指針となり得るのが、北海道日本ハムファイターズの“ビッグボス”こと新庄剛志監督だ。  15年ぶりに球界復帰し、いきなり指揮官に就任。それだけでもスペシャルだが、新庄ビッグボスのセンセーショナルな言動は連日メディアで大々的に報じられ、球界… 続きを読む ...

『紅白』審査員が地味すぎ! 大谷翔平の辞退は5年前の“あの大失敗企画”が原因?

 12月22日、NHKが大みそかの『第72回NHK紅白歌合戦』のゲスト審査員6名を発表した。  大河ドラマ枠では、来年1月から放送の『鎌倉殿の13人』で脚本を担当する三谷幸喜氏と北条政子を演じる小池栄子に白羽の矢が。朝ドラ枠は、2021年度前期の『おかえりモネ』から清原果耶と坂口健太郎がそれぞれ選出。東京五輪からは卓球女子団体銀メダリストの石川佳純、パラリンピックはトライアスロ… 続きを読む ...

長嶋一茂の連載が一部で話題も…球界やメディア関係者が黙殺する長嶋家の“真実”

 11月3日、スポーツ界からは2人目となる文化勲章を受章した長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督だが、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が、11月25日に発売された月刊誌「ゲーテ」(幻冬舎)の連載で綴った内容が密かに話題となっている。  一茂は同誌の3月発売号より『・・・。ハワイに行けないから・・・書いてみた。』というタイトルの連載エッセイを持っている。  「父との思い出… 続きを読む ...

張本勲、江川卓の番組降板の裏で…「日本ハムOB」斎藤佑樹の商品価値が暴騰気配!?

 日本プロ野球はシーズンオフとなったが、これから本番を迎えるのが「解説者」たちの枠争いだ。  11月28日には、野球評論家の張本勲氏が情報番組『サンデーモーニング』(TBS系)のレギュラーコーナー「週刊御意見番」を年内で降板することが決定し、視聴者を驚かせた。 「『喝!』でおなじみの張本氏の降板を惜しむ声もありましたが、東京五輪女子ボクシングで金メダルを獲得した入… 続きを読む ...

『しゃべくり007』出演は前座? 新庄“ビッグボス”の本命はさんまのあの特番!

 日本シリーズが終わり、いよいよ“あの男”のメディアジャックが始まるようだ。  北海道日本ハムファイターズの新監督に就任した“ビッグボス”こと新庄剛志氏が、12月6日放送の日本テレビ系バラエティー番組『しゃべくり007』に出演することがわかった。 「新庄監督はすでに元日の恒例番組『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)に稲葉篤紀GMと一緒に出演することを報告してい… 続きを読む ...

松井秀喜が後押しの「アフリカ甲子園」プロジェクト、注目するのは野球関係者のみならず

 日本シリーズが終わり、プロ野球の話題も一段落したところで、野球ファンには魅力的なニュースが飛び込んできた。  アフリカの55カ国に甲子園のような大会を作り、高校野球と同じスタイルで青少年を育成する「アフリカ55甲子園プロジェクト」が始動。元大リーガーの松井秀喜が趣旨に賛同し、「エグゼクティブ・ドリームパートナー」に就任した。 「日本では野球はメジャースポーツです… 続きを読む ...

板野友美と夫の球団・ヤクルトがさらに“バチバチ”の関係に…!?

 今年のプロ野球・日本シリーズは、東京ヤクルトスワローズが11月27日にオリックス・バファローズとの激闘を制し、4勝2敗で20年ぶり6度目の日本一となった。 「両軍ともに昨年まで2年連続最下位。それほど盛り上がらないだろうと思われていたが、フタを開けたら毎試合、好ゲーム。現場で取材する我々も楽しませてもらった」(スポーツ紙のプロ野球担当デスク)  ヤクルトの日本一… 続きを読む ...

板野友美、夫のヤクルト高橋が大活躍の裏にあった不自然な「観戦報道NG」要請

 熱戦が繰り広げられたヤクルト対オリックスの日本シリーズ。その第2戦でプロ初の完封勝利を飾ったのが、プロ4年目のヤクルト・高橋奎二投手だった。それまで成績がパッとしなかったのが、今年1月に元AKB48の板野友美と結婚後はメキメキと頭角を現し、大役を任されるほどに成長した。 「Twitterで『今日は勝ちたい!!!!』などと実況していた板野は、高橋の完封勝利を受けて『ヤクルト勝利… 続きを読む ...

板野友美、野球選手の夫が結婚後に覚醒! “ママタレ戦争”でごぼう抜き、トップに踊り出るか

 ヤクルトとオリックスが対決する日本シリーズの第2戦で、ヤクルトの若き左腕が大仕事をやってのけた。プロ入り6年目の高橋奎二がオリックスを133球でシャットアウト。今季最長で7回しか投げたことがないシーズン4勝の男が、プロ初完封で大きな1勝をあげた。 「高橋は龍谷大平安高校2年の時に春の選抜で優勝した実績を引っさげ、2015年にドラフト3位でヤクルトに入団。最速150kmを超す本… 続きを読む ...

挑戦はまだ続いていた? “ビッグボス”新庄監督がテレビ番組で「仰天プラン」披露!?

 北海道日本ハムファイターズの監督に就任した新庄剛志。“メジャーMVP男”の大谷翔平選手も「単純におもしろいと思う。野球を知らない人たちでもワクワクして見る。古巣か古巣じゃないかではなく、楽しんで見たいなと思います」と会見で語っていたが、“ビッグボス”新庄監督の注目度は日増しに高まっている。 「初のコーチ会議では『太っている人は減量』『白髪の人は白髪染め』との珍指令を出し、自身… 続きを読む ...