• Wed. Oct 20th, 2021

野球

  • Home
  • 西武・辻監督の「辞任一転留任」報道に関係者失笑の理由

西武・辻監督の「辞任一転留任」報道に関係者失笑の理由

 プロ野球・埼玉西武ライオンズの辻発彦監督が来シーズンも続投する可能性が浮上していることを12日から13日にかけてスポーツ紙などが一斉に報道した。一旦は今シーズン限りで退任すると報じられていたのが、話が二転三転する珍事。プロ野球関係者からは失笑が漏れている。  2017年シーズンからチームの監督として着任した辻氏は、3年連続パ・リーグ4位以下だったチームをいきなりAクラスへと押… 続きを読む ...

歴史的和解の「おぼん・こぼん」の次は? ホリエモンVSひろゆきに「水ダウ案件」の声

 長年にわたって不仲で有名だったベテラン漫才コンビ「おぼん・こぼん」が、10月6日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にて歴史的和解を果たし、「神回」「号泣」「映画より凄い」と多くの視聴者を感動させた。Twitterでも国内トレンド1位を記録。おぼん・こぼんが出演する演芸場は連日満員となるなど、大反響となっている。 「打ち合わせもできないほどガチで仲が悪かったため、… 続きを読む ...

ハンカチ王子・斎藤佑樹がついに引退! プロ野球関係者がマジメに語る、業界への多大な貢献度

 爽やかな少年というイメージだった彼も、気付けば33才。日本ハムの斎藤佑樹が、ついにユニフォームを脱ぐ。「ハンカチ王子」の愛称で全国民のアイドルとなった斎藤だったが、最後に勝ち星を上げたのは今から4年前。プロ生活11年間で通算15勝、防御率4.34という成績は“成功”とは言い難いが、野球界に残した貢献度は超一流選手並だ。  斎藤が日本中を賑わせたのは2006年のこと。早稲田実業… 続きを読む ...

中日、立浪氏に監督打診で懸念される「スキャンダル対応」

 セ・リーグBクラスに低迷している中日ドラゴンズが、球団生え抜きOBの立浪和義氏に来季の監督就任を打診したことがわかった。10月26日、阪神タイガースとの今シーズン最終戦後に正式要請する。また、与田剛監督の今シーズン限りでの退任も発表された。  12日午後、球団親会社のメディア「中日スポーツ」が一報をネットニュースで配信、その後、球団幹部が打診したことを認め、前向きな返答をもら… 続きを読む ...

プロ野球・巨人、元木ヘッド「育成ドラフト」の裏に原監督続投の布石か

 プロ野球・読売ジャイアンツは12日、東京ドームで行われた阪神タイガース戦で1―2で負け、今シーズンのセ・リーグ優勝の可能性が完全に消滅した。昨シーズンまでセ・リーグ2連覇を果たした球界の盟主は4年ぶりの7連敗。原辰徳監督の去就について先日、一部スポーツ紙が続投報道を掲載するなか、ある動きに注目が集まった。11日に行われたプロ野球ドラフト会議でのことだという。  巨人は支配下で… 続きを読む ...

高橋奎二に続け!? ヤクルトナインが燃える「第2の板野友美探し」

 10月10日の阪神タイガース戦に勝利してリーグ優勝へのマジックナンバーが9に減ったプロ野球・東京ヤクルトスワローズ。9日の試合に先発登板した高橋奎二投手の妻で、元AKB48の板野友美が第1子となる長女を出産したと発表し、話題を呼んでいる。  出産は10日に報告されており、9日の登板を終えてから発表に踏み切ったと見られる。高橋は「コロナ禍で大変な時期に頑張ってくれた妻と元気に生… 続きを読む ...

阪神・矢野監督退陣カウントダウンか 佐藤輝育てられず…

 勝負どころでとんでもない弱さを見せてしまったーー。  プロ野球・阪神タイガースは、8日からの東京ヤクルトスワローズとの首位攻防戦で1勝2敗と負け越し、マジック点灯までさせてしまった。今年が契約最終年の矢野監督にとっては致命的な敗戦で、足元がぐらついている。  毎度おなじみのシーズン終盤にやってくる大失速を肝心なところでやらかした。8日の第1戦は、当てにしていた高… 続きを読む ...

ロッテ・美馬の妻・アンナがSNSで審判批判でファン歓喜も…“さすがにやりすぎ”の声

 夫の不運に黙っていられなかったようだ。タレントの美馬アンナが10日に自身の公式ツイッターを更新し、NPB(日本野球機構)の審判を批判する内容をツイートした。  怒っているのは同日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズとの試合のことで、1-0で千葉ロッテリードの5回表2アウト、「7番・サード」でスタメンだった藤岡がセカンドゴロを打ち、一塁を駆け抜… 続きを読む ...

仕事はジリ貧…金村義明氏が「58歳で丸坊主を生披露」の裏側

 今年58歳になった野球評論家の金村義明氏が9日、レギュラー出演する情報番組『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)で丸刈り姿を生披露し、関係者の失笑を買っている。  スポーツコーナーにレギュラー出演する金村氏は、米メジャーリーグで最多本塁打王が有力だったエンゼルスの大谷翔平選手の最終成績が「50本塁打&投手で10勝」を達成されなかった場合に坊主になることを自ら提案していた。先… 続きを読む ...

プロ野球、ドラフト会議「強硬前倒し」で中日武田が戦力外のとばっちり

 今年も各球団のファンにとって寂しい季節がやってきたが、もちろん野球選手当人たちにとっては、何ともやるせない気持ちのことだろう。  プロ野球の中日ドラゴンズは、7日に合計6選手に対して来季の契約を結ばないことを発表した。だが関係者の間では動揺が広がっている。  戦力外を通告されたのはランディ・ロサリオ、三ツ間卓也、遠藤一星、井領雅貴、武田健吾、丸山泰資の計6人。こ… 続きを読む ...