• Sun. Dec 5th, 2021

NHK

  • Home
  • 櫻井翔と相葉雅紀、後輩のため紅白出場を決意か? “ジャニーズ枠”めぐるNHKと事務所の攻防戦

櫻井翔と相葉雅紀、後輩のため紅白出場を決意か? “ジャニーズ枠”めぐるNHKと事務所の攻防戦

 今年も年末に放送が予定されているNHK『紅白歌合戦』。毎年11月にはその年の正式な出場歌手が記者会見を通して発表されりが、現時点でもう半分以上の歌手に内定が出ているという。 「8月からレコード会社に聞き取り調査をしていて、年末のスケジュール調整などを進めていました。9月の時点で主要な出場者が決まり、10月の中旬には全出場歌手のラインナップを決定するようです。現時点で出場がほぼ… 続きを読む ...

『チコちゃんに叱られる!』コロナ禍は、人間の繁殖アピールを阻む由々しき時代か?

 9月17日の『チコちゃんに叱られる!』(NHK)は自民総裁選と台風の影響で放送休止に。翌日の土曜(18日)午前に放送される再放送枠が本放送となった。これだけ本放送(金曜枠)が冷遇される番組も本当にめずらしい。ゲストは池松壮亮と麻生久美子の2人である。 人間の唇と猿のお尻は、繁殖アピールとして同じ意味を持つ  この日最初のテーマは… 続きを読む ...

弘中綾香は“あの事件”でフリーを希望、水卜アナは価値下げる? 各局女性アナ最新事情

 東京オリンピック・パラリンピックが終了し、大手広告代理店が定期的に算出している「女性アナウンサーのCM広告想定料金」にも若干の変化があったようで、各芸能プロダクションが注目している。 「東京オリ・パラの仕事ぶりが評価され、出演料が上がったのは、NHKの和久田麻由子アナと桑子真帆アナだけでした。和久田アナは好感度が今もっとも高い女性アナで、フリーになれば年収1億は余裕で超え、C… 続きを読む ...

W杯予選、地上波テレビ中継なしの衝撃 今こそ問われる「どのサブスクより高い」NHKの存在意義

 これはテレビの終焉なのか、はたまた日本サッカーの終焉なのか──。  9月7日(現地時間)、日本代表はW杯最終予選の中国戦に1対0で勝利したが、この試合はテレビで放送されなかった。放映権料が高騰して、アウェー戦に関してテレビ局が手を引き、スポーツ専門の定額制動画配信サービス「DAZN」が放映権を獲得したことからだが、この意味は重い。  1998年のフランス大会以来… 続きを読む ...

NHKが「インターネットしか利用しない層」にも番組配信実施、ネットからは批判の声が……受信料目的?

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 2021年8月31日、NHKがテレビを持たない人へのインターネットによる番組配信を社会実証することを発表した。テレビ離れが進み、テレビ… 続きを読む ...

NHK受信料の都道府県別支払率ランキング、トップと最下位では47.6ポイントも差がある衝撃の実態

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】 あなたはNHKの受信料を支払っているだろうか。受信設備を持つすべての人がNHKと契約する必要があり、契約した以上は支払義務のあるNHK… 続きを読む ...

ついに「ジャニーズ特別枠」撤廃か 今年のNHK『紅白歌合戦』に異変、あの“辞めジャニ”にオファーも?

 年末が近づくと、出場者が毎年話題になるNHK『紅白歌合戦』。NHKは紅白出場者の選定方法を明らかにしていないが、ジャニーズ事務所のグループが毎年ゾロゾロと出場することで、非公式ながら「ジャニーズ枠」なるものが存在すると囁かれ続けてきた。しかし、今年からその枠がなくなる可能性があるという。 「その年にヒット曲もなければ大した活動もしていないジャニーズのグループが不自然に出演する… 続きを読む ...

NHK『魔改造の夜』大企業の技術力VS中小企業の底力! 扇風機が走り、赤ちゃん人形が綱を渡る

 8月14日と21日の2週にわたり、『魔改造の夜』(NHK BSプレミアム)の第3弾が放送された。筆者は正直、この番組のために受信料を払っていると言っても過言ではない。  魔改造を「オモチャや家電のリミッターを外し、えげつないモンスターに改造する行為」と定義する、この番組。具体的にいうと、ミニ四駆をとてつもない猛スピードで走らせるだけでなく、頭上高くジャンプできるように改造する… 続きを読む ...

『バッド・インフルエンサー』SNSと“虚言癖”の相乗効果で成功した女性と、メディアの大問題

   8月19日にNHK BS1で放送された『バッド・インフルエンサー インスタ詐欺の顛末』が、衝撃的な内容であった。  若くして癌を患い、脳腫瘍と診断されたベル・ギブソン。彼女は末期がん患者でありながら、自ら考案した野菜中心の食生活や運動による代替療法によって余命を遥かに超えて生き長らえた。その体験談はInstagramで絶大な支持を獲得し、著書の出版やアプリの… 続きを読む ...

『水ダウ』の視聴率がイマイチなのは“おもしろすぎる”から? カリスマPが語った衝撃の現実

 芸能人が自分の好きなことについて語る番組はめずらしくないが、なかなかお目にかかれないのが「自分の好きなテレビ番組を語る番組」だ。他局の宣伝をすることになるため、なかなか成立し得ないものだが、NHKがこの企画に挑戦。出演者が他局の人気番組をアツく語る様子を放送し、話題になっている。  その番組は、17日に放送された『コンテンツ・ラヴァーズ』。内容はタイトルどおり自分が好きなコン… 続きを読む ...